1. Top » 
  2. トラスト・ミー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

米軍基地移設問題:民主党政権、V字案で日米合意へ

普天間移設、結局V字滑走路 沖縄の反発必至 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011042901000500.html

 政府は29日、米軍普天間飛行場移設問題で、名護市辺野古に建設するとしている代替施設を滑走路2本のV字形とする方針を固めた。6月までに外務、防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会を開催し、決着する見通しだ。北沢俊美防衛相が5月7日に沖縄県を訪れ、仲井真弘多知事にV字形で進めたい考えを伝える方針。だが県外移設を求めている沖縄側の反発は避けられず、実現の見通しは立っていない。

 V字形は着陸と離陸のいずれも海上を飛行し集落上空を避ける案で、自民党政権時代の2006年に日米で合意した。

過去のエントリーでこの問題は何度も取り上げましたが、結局自公政権時と同じV字案で行くようですね。
鳩山前総理の腹案は無かったと見るのが妥当でしょうね。

地元住民の理解が得られそうにない以上、普天間固定となるのでしょうね。



» 続きを読む

スポンサーサイト

民主党政権が自衛隊を使って言論を監視。日本の法治主義は崩壊へ。 Vol.03

今回は次官通達のその後と、民主党・松崎哲久と自衛官の入間基地でのやり取りについて防衛省の調査報告が公表されましたので、その事について書きたいと思います。

まず、通達について。

時事ドットコム:政治発言自粛の通達撤回=自民の反発受け-防衛省
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011033000743
2011/03/30-16:44

 小川勝也防衛副大臣は30日午後の参院外交防衛委員会理事会で、自衛隊関連行事の来賓に政治的発言を控えるよう求めた防衛事務次官通達に替わる新たな通達を提示した。新通達は政治的発言に関する部分を削除。事実上、これまでの通達を撤回した形で、憲法が定める言論の自由に反するとして批判していた自民党も受け入れた。
 新通達では、来賓のあいさつに関し「隊員は政治的行為の制限に違反しているとのいささかの疑いも生じさせることのないよう適切に対応する」と抽象的な表現にとどめた。
 防衛省は次官通達に基づき、来賓のあいさつ内容を自衛隊各部隊に報告させていたが、小川副大臣は理事会で、これについても取りやめる方針を示した。

思いやり予算31日承認 与野党、通達撤回で合意 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032901001129.html

 2011年度以降の在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)に関する新たな特別協定案が年度内に承認されることが29日、固まった。政府、与党が自衛隊施設の行事に政治的発言をする者を呼ばないよう求めた防衛省通達を事実上撤回すると伝え、自民党が31日の参院本会議採決を容認。現行協定の3月末の期限切れで、4月から予算執行根拠を失う「空白期間」は回避されることになった。

 新協定案は日本側の負担額について、11年度以降も現行水準(10年度1881億円)を維持するとの内容で、有効期間は5年間。

いそざき陽輔のホームページ
http://www17.ocn.ne.jp/~isozaki/

速報 防衛次官通達問題が政治決着

 3月29日(火)、防衛次官通達問題が、外交・防衛委員会与野党理事間で決着が付いた旨の報告がありました。「隊員の政治的中立性の確保について」という新しい短い通達を発し、前通達は撤回しないものの、通達を上書きして、自民党が言論の自由に反するのではないかと指摘した部分を事実上失効させるものです。通達が発出され次第、ここに掲げます(暫定版pdf)。

http://www17.ocn.ne.jp/~isozaki/data/img-329170909.pdf (PDF注意)

自衛隊 新通達(暫定版) 自民党・磯崎陽輔議員のホームページより引用

新通達の資料は自民党の磯崎陽輔議員が暫定版ですがアップしてくれています。

以前の通達についてはこちらをご覧下さい。

新通達が出されるようですが、自衛隊法とその関連法が守られていれば、通達自体必要有りません。
通達の表現が緩和される事は前進だとは思いますが、現在の政府・与党は「法治」を理解していませんので、情報保全隊が今後も同様の監視任務を政府から受ける可能性は考えなければなりません。
通達が撤回されたから良いという事ではなく、実際の運用にこそ注意しなければなりません。

共同の記事では通達の撤回が交換条件であったかのように書かれていますが、前回の通達は違憲、違法であり、交換条件に使えるような物ではないことも書いて置きます。

いそざき陽輔のホームページ
http://www17.ocn.ne.jp/~isozaki/

民主党松崎哲久議員に係る防衛省調査資料を公表

 3月23日(水)、参議院予算委員会理事懇で、民主党は、昨年7月27日(火)における航空自衛隊入間基地納涼祭における同党の松崎哲久衆議院議員のトラブルに係る防衛省の聴き取り調査の結果(pdf)を公表しました。

http://www17.ocn.ne.jp/~isozaki/data/matsuzaki.pdf (PDF注意)

昨年7月の入間基地でのやり取りに関する防衛省調査資料 自民党・磯崎陽輔議員のホームページより引用

こちらも磯崎議員のホームページからですが、以前のエントリーで取り上げた産経の記事がほほ間違いではなかったようですね。
以前のエントリーで取り上げた産経の阿比留瑠比記者のblogにあるように、この防衛省の調査は、昨年11月26日の段階で終了している事を北沢防衛大臣が国会で明言しています
その中で北沢防衛大臣は調査が公表出来ない理由について、「民主党側の松崎哲久議員の調査が終わっていない為」と発言していました。この調査文書が公表されたという事は民主党側の調査を踏まえての物であるのか、それとも、民主党側の調査は終了していないのか、はっきりさせる必要があります。
もし、前者であるならば、松崎議員は嘘を吐いていた事になりますので、その事についての説明と身の処し方についても明言して頂かねばなりません。

何れにしても、これらの説明と自衛隊への謝罪は当然あるべきでしょうし、松崎議員の公での説明は早急にされるべきです。



» 続きを読む

領土にに関する政府答弁とその影響について

竹島の現状どう表現?…参院予算委で押し問答 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110305-OYT1T00239.htm
2011年3月5日10時06分

 前原外相は4日の参院予算委員会で、韓国が占拠している島根県の竹島について、自民党の山本一太参院政審会長から「韓国による不法占拠か」と再三問われ、「法的根拠のない形で支配されている」と9回にわたって繰り返した。

 山本氏は「日本語として違うのか」などと譲らずに審議はたびたび中断。菅首相も「外相が申し上げた通り」と5回繰り返す押し問答になった。

 枝野官房長官は「(自民党政権の時から)先ほどの表現で答弁していると引き継ぎを受けている」と理解を求めたが、山本氏は「自民党時代は不法占拠と言っていた」と収まらなかった。

 竹島や北方領土に対する「不法占拠」という表現は閣議決定でも用いられ、外務省ホームページにも明記されている。しかし、民主党政権では、韓国やロシアの強い反発を受け、「交渉当事者として不必要な摩擦は招かないようにしたい」(岡田克也前外相)などとして「不法占拠」の表現を避けることが定着している。

参議院インターネット審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

審議の詳細についてはこちらでご覧下さい。

外務省: 8.「李承晩ライン」の設定と韓国による竹島の不法占拠
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/g_senkyo.html

5.「李承晩ライン」の設定は、公海上における違法な線引きであるとともに、韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠です。韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行ういかなる措置も法的な正当性を有するものではありません。このような行為は、竹島の領有権をめぐる我が国の立場に照らして決して容認できるものではなく、竹島をめぐり韓国側が何らかの措置等を行うたびに厳重な抗議を重ねるとともに、その撤回を求めてきています。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

中日領土問題の解決、思いもよらないチャンスが到来_中国網_日本語
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2011-03/05/content_22060107.htm
2011-03-05 09:33:55

ロシアと日本の領土問題が激化し、解決のめどが立たないなか、日本の考え方にちょっとした変化が起こった。この変化は中日の釣魚島問題を解決する上で大いに役立つかもしれない。

ここ数カ月、ロシアは領土問題をめぐり首脳陣の相次ぐ視察や軍事配備などで「第二次世界大戦の結果」にけりをつけようとしてきた。ロシアは「四島」の現状について、「ヤルタ協定」「ポツダム宣言」「サンフランシスコ条約」および「国連憲章」の第107条に基づく完全に合法的なものだと主張し、「不法占領」のレッテルをロシアに貼ろうとしていた日本を攻め返した。その結果、日本政府はついに立場の調整を余儀なくされた。2月24日、前原外相と枝野官房長官は日ロ、日韓の領土問題の現状について、「不法占拠」という言及を避け、「法的根拠のない形で支配されている」とし、「歴史的にも法的に見ても、他国が事実上の支配する根拠はない」と指摘。日本はいわゆる事実上の支配を実効支配とは認めないと述べた。

「不法占拠」から「法的根拠のない事実上の支配」への言葉の変化で、外交を通じて合理的に領土問題を解決するための余地が生まれたといえる。この半年間、戦後に残された領土問題をめぐって日本は中国に対し、「釣魚島の実効支配」の「合法的」立場を主張する一方、ロシアや韓国の実効支配に対しては「不法占拠」と訴え、民族中心主義の二重の立場を浮き彫りにした。

とはいえ、日本の政治家は過去の経験と現実の教訓から政治的心理をみなおし、外交方向を整理しはじめたようだ。昨年以降、米政府は「日米安保は釣魚島に適用される」と何度も発表したが、日米の東アジアにおける勢力拡大にみかねたロシアは首脳陣を頻繁に島に視察させ、領土交渉を有利に進めようとしていた日本の幻想を徹底的に砕いた。「固有の領土」が「不法占拠」されたことで日本政府は国内で架空の政治的威信を失い、対外的にも「日米安保」は「脅威」の疑われる中国や朝鮮にだけ適用されることが白日の下に晒され、面目丸つぶれとなった。

約2週間前、日本の「北方領土」における立場を支持すると発表した米政府に対し、ロシアは直ちに駐ロシア米国大使を呼び出し、「日ロ領土問題には介入するな」と警告した。米国の「威厳」がロシアに全く通じない事実を前に、日本政府はロシアと韓国に貼った「不法占拠」のレッテルをはがし、「法的根拠のない事実上の支配」と言葉を改めた。

架空の「脅威論」でもって中国や朝鮮半島を分裂させるような米国のままごとはロシアには通用しないことが証明された。しかも強硬で日本と敵対するロシアはまさに米国が日本で軍事基地を維持する口実でもある。こうした戦略的背景を前に、日本は米国に頼っていては日本の利益と尊厳が守られないと認識し始めたようだ。公正かつ合理的な領土問題解決に向けた外交手段を東アジア諸国とともに模索し、問題を解決できれば逆に、軍事基地撤退を米国に提示する有利な条件が生み出せることに気づいたのかもしれない。

国際関係の法則や道理は統一化されている。ロシアが「四島」を支配するのは「法的根拠のない事実上の支配」だという日本の見方からすれば、「ヤルタ協定」「ポツダム宣言」「サンフランシスコ条約」および「国連憲章」の第107条などは、ロシアが「四島」の主権を主張する根拠にはならないということだ。それなら日本が戦後20年以上米国から私的に権利を与えられてきた釣魚島は尚更「法的根拠」などないのではないか。日本の今回の態度は、関係国が戦後残された国際法に関わる問題を協力して冷静に検討する前提を創造したように思われる。そして、中日の釣魚島問題を平和的に解決する思いもよらないいチャンスとなる可能性がある。中日両国の識者は共に中日関係の構造的問題を解決する可能性を探り、東アジアの政治が好循環の発展軌道に乗り、歴史問題が和解するよう努力していく必要がある。

この国会審議を中国側では、「日本の認識の後退であり、領土問題を中国の有利なように進める事が出来る」というメッセージとして受け取ったようです。

枝野氏、北方4島と竹島は「法的根拠ない状態の支配」 「不法占拠」は避ける - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110224/plc11022411050005-n1.htm
2011.2.24 11:04

 枝野幸男官房長官は24日の衆院予算委員会で、わが国固有の領土である北方領土や竹島について「法的根拠のない状態で支配されている」と述べ、「不法占拠」という言葉の使用を避けた。自民党の下村博文氏の質問に答えた。

 枝野氏は「北方4島、竹島については歴史的にも法的に見ても、他の国がそこを事実上、支配する根拠はない。一般的にそういった事実上の支配は実効支配とはいっていない」と強調。その上で「わが国として、実効支配されていることを認めることはできない立場は明確だ」と述べた。

 ロシアの北方領土や韓国の竹島への不法占拠については外務省がホームページで明確に主張しているが、民主党政権は相手国への配慮のため、記者会見などで「不法占拠」と明言することを封印している。

衆議院インターネット審議中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

審議の詳細についてはこちらでご覧下さい。

外務省: 北方領土問題について
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/hoppo.html

(3)我が国固有の領土である北方領土に対するロシアによる不法占拠が続いている状況の中で、第三国の民間人が当該地域で経済活動を行うことを含め、北方領土においてあたかもロシア側の「管轄権」に服したかのごとき行為を行うこと、または、あたかも北方領土に対するロシアの「管轄権」を前提としたかのごとき行為を行うこと等は、北方領土問題に対する我が国の立場と相容れず、容認できません。
 したがって、日本国政府は、広く日本国民に対して、1989年(平成元年)の閣議了解で、北方領土問題の解決までの間、ロシアの不法占拠の下で北方領土に入域することを行わないよう要請しています。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

また、2月24日の衆議院予算委員会での同様の答弁をしており、こうした2度に渡る答弁が、中国側へ「日本後退」のメッセージとして受け取られたのだろうと思います。

中国機、尖閣に最接近 空自F15が緊急発進 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011030201001010.html

 防衛省統合幕僚監部は2日、中国海軍の情報収集機など2機が尖閣諸島の北50~60キロまで接近したため、領空侵犯の恐れがあるとして、航空自衛隊の戦闘機を緊急発進(スクランブル)させたと発表した。

 領空侵犯はしなかったが、防衛省は「中国軍機が尖閣諸島にここまで近づくのは初めて」としている。

 防衛省によると、中国海軍のY8情報収集機とY8哨戒機は2日昼すぎ、東シナ海上空を南下、日中中間線を越え、尖閣諸島に接近したところで西に向けて方向転換した。空自南西航空混成団は、対領空侵犯措置としてF15戦闘機をスクランブルさせた。

中国側は、実際に日本側がどういう行動をするのか試しているような行動もしています。

こういう状況にあっても上記のような答弁しか出来ないのは、外交センスにも国防意識にも欠けるとしか言えませんし、日本の領土を守る気がないとしか思えません。

以前のエントリーでも書きましたが、中国とロシアはこの問題で連携をしていますし、韓国にも誤ったメッセージとして伝わっているでしょう。また、こうした日本の態度が世界に日本の領有を主張していく上で不利に働く事も忘れてはなりません。

YouTube - 新藤義孝「日本の主権と領土を守れ!」(2011.2.16)
http://www.youtube.com/watch?v=E8SDE4SxliE

最後に、自民党の新藤義孝議員の領土問題に関する動画をご紹介したいと思います。

一刻も早く民主党には政権から降りて頂かなければいけません。



» 続きを読む

一色正春著 「何かのために sengoku38の告白」を読んで

今回は、久しぶりに本の感想を書きたいと思います。

朝日新聞出版 最新刊行物:書籍:何かのために sengoku38の告白
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=12337

以前のエントリーで購入したと書いた「sengoku38(一色正春)」氏の本です。

「何かのために sengoku38の告白」の表紙

昨晩一気に読みました。私の疑問の殆どに答えてくれる良書でした。

私が特に良かったと感じたのは、この中国漁船の行動を日本の法律に照らしてどの法によって逮捕するのかを、元海保の現場職員として見解が述べられていた点です。

何故、映像をYouTubeにアップしたのか、事情聴取時の様子は勿論の事、尖閣の領土問題の経緯が分かり易く書かれており、これから領土問題を知る為の入り口の本としてもお勧め出来ます。

「sengoku38(一色正春)」氏は、誠実であり、実直な方なのだと改めて感じました。「sengoku38(一色正春)」氏の行動は、海保という組織の一員ではなく、一人の日本国民としてのものだったのだと感じました。

我々は、「sengoku38(一色正春)」氏の勇気ある行動の返礼として、この行動の意味、YouTubeにアップされた映像の意味を考えなければなりません。私も日本国民の一人として考え、答えを探したいと思います。

Amazon.co.jp: 何かのために sengoku38の告白: 一色正春: 本
http://www.amazon.co.jp/dp/4023309206/
楽天ブックス: 何かのために - sengoku38の告白 - 一色正春 : 本
http://books.rakuten.co.jp/rb/6997029/

文字も大きいですし、分量も少ないので読書が苦手な方でも苦にはならないと思います。読み物としても面白いので、ぜひ購入して頂ければと思います。



» 続きを読む

「sengoku38(一色正春)」氏の日本外国特派員協会での講演について

今回は、尖閣の事件でビデオをYouTubeにアップされた「sengoku38」氏の講演について取り上げたいと思います。

【元尖閣保安官 講演(1)】「石原知事まで来られ緊張」リラックスした様子で語り始める  - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110214/crm11021412530009-n1.htm
【元尖閣保安官 講演(2)】「"その国"は日本に侵略を開始。ビデオ見れば分かる」と一色元保安官 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110214/crm11021413190010-n1.htm
【元尖閣保安官 講演(3)】「国際紛争を武力で解決しようという動き出ている」 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110214/crm11021413220011-n1.htm
【元尖閣保安官 講演(4)】「国民は誰が本当の情報を流さないか気づき始めた」 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110214/crm11021413390012-n1.htm
【元尖閣保安官 講演(5)】sengoku38の意味は…「一つぐらい秘密あった方が事件忘れられない」 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110214/crm11021413420013-n1.htm
【元尖閣保安官 講演(6)】「この本を読んでもらえれば分かる」 著作をしっかりPR - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110214/crm11021413480014-n1.htm
【元尖閣保安官 講演(7)】未公開映像の中身…「聞いた噂」として2説を紹介 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110214/crm11021414010015-n1.htm
【元尖閣保安官 講演(8)】「魚釣島上陸に海保は協力?」石原都知事の質問に「協力する」と一色氏 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110214/crm11021414120016-n1.htm
【元尖閣保安官 講演(9)】「中国はビデオ公開するよう日本に圧力を」 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110214/crm11021414220018-n1.htm
【元尖閣保安官 講演(10)】ユーチューブ公開「見る人で考え違う、それこそがいい」 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110214/crm11021414420019-n1.htm
【元尖閣保安官 講演(11)】「次の策考えた」ユーチューブによる拡散失敗も想定 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110214/crm11021414460020-n1.htm
【元尖閣保安官 講演(12)】「隠すべき秘密もある」ウィキリークスとの違い強調 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110214/crm11021414490021-n1.htm
【元尖閣保安官 講演(13)(完)】「英雄ではない。当たり前」の言葉に会場から拍手 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110214/crm11021414570022-n1.htm

テキストはこちら。

尖閣ビデオを公開した元海上保安官が講演, 尖閣諸島沖中国漁船衝突事件の衝突時の様子を収めたビデオをYouTubeで公開した元海上保安官の一色正春氏が、14日、外国特派員協会の昼食会で講演した。 videonews.com on USTREAM. Other News...
http://www.ustream.tv/recorded/12686714

動画はこちら。

実はまだ動画を観ておりませんので、産経の記事を引用しながら気になった点を少し取り上げていこうと思います。

【元尖閣保安官 講演(6)】「この本を読んでもらえれば分かる」 著作をしっかりPR - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110214/crm11021413480014-n1.htm
2011.2.14 13:48

 尖閣ビデオ流出事件について講演した一色正春・元海上保安官(44)は事件の報道に関して質問をされ、「この事件までメディアは常に正しい報道をしていると思ったが、推測、憶測で書いたり、発言したりしている」と批判した。

「この事件までメディアが常に正しい報道をしていると思った」との発言についてですが、字面通り、本心からこの発言をされているのであれば、大変ショックです。
海保や自衛隊、警察など治安や国防に携わる人達を陰に陽に批判し続けて来たのが、日本の既存メディアだからです。

【元尖閣保安官 講演(10)】ユーチューブ公開「見る人で考え違う、それこそがいい」 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110214/crm11021414420019-n1.htm
2011.2.14 14:41

 一色元保安官は「ユーチューブは自分1人で最初から最後までできる」とユーチューブで公開した理由を説明。「メディアに持ち込んでしまえばある程度、他人にネタを預ける形になる。一度(CNN東京支局で)試したがダメだという結論に達した」と語った。

 また、「テレビ局では(映像を)44分間まるまる流すことは難しかったと思う」と「あのような形で漠然とビデオを流すことで、『これが本物か』と客観的な目で見ることになる」と述べた。

 さらに、「テレビ局だとどうしても解説者が解説する。(ユーチューブでの公開は)見る人見る人で感想、考えが違う、それこそがいいことだ。理由はまだあるが結果的には(公開して)よかったと思う」と語った。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

ここでは、素晴らしいメディアリテラシーをお持ちなのに、上で取り上げたような発言をされたのか分かりません。

【元尖閣保安官 講演(12)】「隠すべき秘密もある」ウィキリークスとの違い強調 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110214/crm11021414490021-n1.htm
2011.2.14 14:49

 尖閣ビデオ流出事件について講演した一色正春・元海上保安官(44)は民間の内部告発サイト「ウィキリークス」に関する見解を尋ねられ、「私とは主張などが違う。ウィキリークスについては『すべての秘密を明らかにせよ』という主張だと受け止めている。私は政府の側で働いていて、隠さないといけない秘密があることを理解している」と述べ、自身とウィキリークスとの違いを強調した。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

これは全くその通りで、個人でのやり取りでも本音と建前があるように、国家だからこそ隠さねばならない事も多くある事を理解すべきです。

また、ウィキリークスも国家やマスコミと同じように得られた情報全てを公開している訳ではなく、そこには何らかの意図が隠されていると見るべきです。ウィキリークスについては、過大評価だと思うし、手放しで信じて良い物でもないと思います。

【元尖閣保安官 講演(13)(完)】「英雄ではない。当たり前」の言葉に会場から拍手 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110214/crm11021414570022-n1.htm
2011.2.14 14:57

 尖閣ビデオ流出事件について講演した一色正春・元海上保安官(44)は質疑応答の終盤、質問者から「英雄」「ヒーロー」とたたえられ、「英雄とかヒーローとか言われるのは間違っている。むしろ当たり前のことと受け止められるように日本がなっていけばいいと思う」と切り返した。

 一色元海上保安官は「昔は日本人がそういう考え方をしていた。それが最近失われていることを心配している。以上です」と質疑応答を締めくくり、会場から拍手がわいた。講演会は午後2時5分に終了した。

この発言にも表れているように「sengoku38」氏は尊敬出来る人物であるし、国防、治安、消防、救急等に関わる「sengoku38」氏のような人達がいるからこそ、我々が平和な日常を送れているのだという事を認識しなければならないのだと思います。

今回は「情報」についての部分を中心に取り上げましたので、ぜひ全編を通してご覧頂ければと思います。

以下、追記。

動画を観ました。

産経の記事では、取り上げられていない部分もありますので、ぜひUstreamの動画をご覧頂ければと思います。



» 続きを読む

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。