1. Top » 
  2. 副主席

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

民主党・小沢一郎議員の天皇陛下特例会見の説明について

小沢氏の週刊誌発言 宮内庁長官「悲しい」 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110127/imp11012715400019-n1.htm
2011.1.27 15:40

 天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見が平成21年に特例的に行われた問題で、民主党の小沢一郎元代表が週刊誌のインタビューで「ほかのどうでもいいような日程を外せばいいことでしょう」と発言していることについて、宮内庁の羽毛田信吾長官は27日の定例会見で、「個人的な気持ちとしては、悲しいおっしゃりようという感じはある」と述べた。記者の質問に答えた。

 小沢氏のこの発言は、週刊文春2月3日号の記事の中で述べられている。小沢氏はインタビューに答える形で「宮内庁の長官が、陛下はお疲れだとか、他の日程があるとか屁理屈(へりくつ)をつけた」「陛下のご体調が優れないというのであれば、ほかのどうでもいいような日程を外せばいいことでしょう。この日程を外しますからご会見はいかがでしょうか、と陛下にお伺いをたてれば、そうすると仰(おっしゃ)るだろうと思いますよ」などと発言したとされる。

 陛下と習氏の会見は、外国要人が陛下との会見を希望する場合は1カ月前までに申請してもらう慣行(1カ月ルール)を破る形で、21年12月に行われた。

小沢氏、ネット会見で特例会見問題を説明 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110127/imp11012721190032-n1.htm
2011.1.27 21:17

 平成21年12月に中国の習近平国家副主席が「一カ月ルール」を破り天皇陛下に特例で会見した問題で、民主党の小沢一郎元代表は27日、インターネット動画サイトの記者会見で「天皇陛下にお聞きすれば必ずお会いすると言うに決まってる。『一行政官僚(宮内庁長官)が判断する話ではないだろう』という話をし、内閣も『それはそうだ』ということで実現しただけのことだ」と説明した。

 小沢氏はこれまで特例会見への関与を否定してきた。小沢氏は「事実上元首の立場にあり、世界で唯一の長い伝統と歴史のある天皇陛下に、共産主義を国是とする中国の次のボスと思われる人が拝謁を願い出ていることは誇らしいことだ」とも語った。

 小沢氏は週刊文春(2月3日号)のインタビューでも「宮内庁長官が陛下はお疲れだとか、他の日程があるとか屁(へ)理(り)屈(くつ)をつけた」「陛下のご体調が優れないのであれば、ほかのどうでもいい日程を外せばよいことだ」などと発言した。

 宮内庁の羽毛田信吾長官は27日の定例記者会見で「個人的な気持ちとして悲しいおっしゃりようという感じはある」と述べた。

私は、この週刊誌の記事もニコニコ動画も見ていない事をまず申し上げておきます。

この問題は過去のエントリーでも取り上げ、

  • 天皇陛下は憲法によって政治行為が制限されている事。
  • 内閣の助言は国事行為に限られ、それ以外は何人も指示する事が出来ない事。
  • 習近平氏との会見は、国事行為にあたらず、公的行為である事。
  • 1ヶ月ルールは、政治的中立性を守り、諸外国に優劣を付けることなく交流する為のものであると同時に、ご高齢である陛下の健康に配慮したものである事。
  • 以上4つの事柄を持って、この件は憲法違反であり、「天皇の政治利用」に他ならない事。

これらの事を指摘しました。

天皇皇后両陛下のご日程:平成21年(10月~12月) - 宮内庁
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/h21/gonittei-1-2009-4.html

こちらに当時の日程があります。

憲法違反であるのを承知の上で、あえて小沢氏に問いたいのですが、「ほかのどうでもいいような日程」とは、具体的にどれを指しているのでしょうか。屁理屈を言う前にどの日程を外せば良かったかを明確にされれば良いと思います。

「天皇陛下に、共産主義を国是とする中国の次のボスと思われる人が拝謁を願い出ていることは誇らしいことだ」

という発言がありますが、こういった考えこそが「天皇の政治的中立性」を脅かすものであり、小沢氏が憲法を理解しておらず、「1ヶ月ルール」の意味も理解していない事を示すものです。

それともう1点。一議員如きが陛下のお考えを類推して述べるべきではありません。

この件は、憲法を理解していない人間があれこれ言うべき問題ではありません。


» 続きを読む

スポンサーサイト

鳩山総理の分からないシリーズ第4弾:「天皇陛下の政治利用」が分からないようです。

以前のエントリーで取り上げた、天皇陛下の公的行為の政府見解、「政治利用」に関連したネタです。

その前に、同じ記事内で意味が理解できないやり取りがあったので、ご紹介します。

asahi.com(朝日新聞社):天皇の政治利用「あってはならない」25日の鳩山首相 - 政治
http://www.asahi.com/politics/update/0225/TKY201002250449.html
2010年2月25日21時21分

 鳩山由紀夫首相が25日夕、国会内で記者団に語った内容は、以下の通り。

 ――国会は自民党が審議に復帰して正常化した。総理はいま法案を成立させる立場にいるが、審議拒否という自民党の戦略をどう思うか。また与党が野党の要求にゼロ回答という立場であることをどう考えるか。

 「はい、これはまず、国会運営の話ですからね、あまり総理から申し上げるべきではないと思いますが、大事なことは自民党さんが審議に復帰をしてくれたということであります。このことによって審議が進むと、すべての政党が参加して一刻も早く、正常に戻ったんですから、予算を審議を進めて、予算をまずは衆議院を通過をさせるということが大事なことだと、国民の皆さんのある意味での暮らしがかかっている予算ですから、ここに正常に戻ったということは私は良かったな、と思っています。戦略的なことをいま申し上げるつもりはありません」

 ――与党がゼロ回答という状態であることはどう思うか。

 「野党が、野党としてこの戦術が別に何もとれなかったということでありますけど、そのことに関して申し上げるつもりはありません」

本来、質問に答えるべき立場である筈の与党が、「ゼロ回答」をした事をどう思うか聞かれているのに、この答えとは日本語を理解しているとは思えません。

時事ドットコム:自民が審議拒否=小沢氏らの招致要求-公明、共産同調せず
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201002/2010022200010
2010/02/22-13:13

自民党は22日朝、党本部で臨時役員会を開き、長崎県知事選で同党支援候補が与党推薦候補に大差で勝利したことを踏まえ、今後の国会対応を協議した。その結果、「政治とカネ」の問題をめぐり、民主党が鳩山由紀夫首相の元秘書や小沢一郎幹事長の国会招致に応じなければ、国会審議を拒否する方針を決めた。民主党は自民党の要求を受け入れない方針だ。
 役員会では「審議に出て、政治とカネの問題を追及するべきだ」との慎重論も出たが、国会審議に応じる条件として、小沢氏らの証人喚問、参考人招致のほか、小沢氏の元秘書、石川知裕衆院議員に対する議員辞職勧告決議案の採決を求めていくことを確認。公共事業の「個所付け」資料が流出した問題で国土交通省の政務三役らの処分などを要求していくことも決めた。
 谷垣禎一総裁は役員会後、「(与党は)いまだにゼロ回答だ。対決するのは今をおいてほかにない」と記者団に語った。

自民党の審議拒否の原因も与党の「ゼロ回答」にある訳で、それに対しての質問にも「ゼロ回答」というのは、今後審議をする上で譲歩する気は無い、ということなのでしょうか。

asahi.com(朝日新聞社):天皇の政治利用「あってはならない」25日の鳩山首相 - 政治
http://www.asahi.com/politics/update/0225/TKY201002250449_01.html
2010年2月25日21時21分

 ――きょう官房長官が会見で、憲法上、天皇の政治利用はあり得ないと発言。総理も同じ考えか。

 「憲法上、天皇陛下の政治利用はあり得ないという言い方が私にはよく分かりません。それがどういう意味なのか。政治利用されては当然ならないということは言うまでもありませんし、そこは私どもも、守らなければならない話だと、そのように考えています」

 ――例えば、官房長官が「これは政治利用ではない」と言えば、政治利用でなくなることになり、恣意的(しいてき)という批判が出ると思うが、総理はどう考えているか。

 「何を持って、公的行為というものは、それこそ憲法の中で明確にはうたわれていない。憲法の条文のなかで、読み取るんだと言う話はありますが、明確に書かれているわけではありません。その意味で政治利用はないというふうに申したのかもしれませんが、当然憲法の中で申し上げれば、当然そうなると思いますが、政治、天皇陛下を政治利用するようなことがあってはならないことは言うまでもありません」

過去に何度も書いている通り、公的行為の定義は関係がありません。
国事行為かそれ以外かが問題なのです。

政治家が国事行為以外の陛下の行為について、強要をしたり指図する事は許されていません。

「1ヶ月ルール」も政府が何と言おうが、宮内庁がルールの徹底を要求して、違反した場合には宮内庁側が拒否をすれば、誰も陛下に強要する事は出来ません。
陛下は国民の為を思ってそういう事はされないでしょうけども。

政府・与党の人間は、日本国憲法を何万回でも読んで、理解するまでは公の場での発言を慎んで頂きたいと思います。


» 続きを読む

鳩山政権下では今後も1ヶ月ルールを守らず、天皇陛下の政治利用をし、憲法違反をするようです。

陛下の「公的行為」ルール設けず…政府見解判明 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100225-OYT1T00008.htm
2010年2月25日03時04分 読売新聞

 外国要人との会見など天皇陛下の「公的行為」のあり方に関し、鳩山政権がまとめた政府見解の全文が24日、明らかになった。

 公的行為は多岐に及ぶため、天皇の政治利用などを避けるための統一的なルール設定は「現実的ではない」とし、活動の意義や国民の期待などを勘案した上で、実施の是非などをその都度、判断すべきだとしている。

 政府見解は18日の衆院予算委員会理事会の席上、与党側理事が読み上げた。

「天皇陛下の公的行為」政府見解の全文 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100225-OYT1T00030.htm
2010年2月25日03時04分 読売新聞

 政府がまとめた天皇陛下の「公的行為」のあり方に関する政府見解の全文は、以下の通り。

 1、いわゆる天皇の公的行為とは、憲法に定める国事行為以外の行為で、天皇が象徴としての地位に基づいて、公的な立場で行われるものをいう。天皇の公的行為については、憲法上明文の根拠はないが、象徴たる地位にある天皇の行為として当然認められるところである。

 2、天皇の公的行為は、国事行為ではないため、憲法にいう内閣の助言と承認は必要ではないが、憲法第4条は、天皇は「国政に関する権能を有しない」と規定しており、内閣は、天皇の公的行為が憲法の趣旨に沿って行われるよう配慮すべき責任を負っている。

 3、天皇の公的行為には、外国賓客の接遇のほか、外国ご訪問、国会開会式にご臨席になりおことばを述べること、新年一般参賀へのお出まし、全国植樹祭や国民体育大会へのご臨席など、様々なものがあり、それぞれの公的行為の性格に応じた適切な対応が必要となることから、統一的なルールを設けることは、現実的ではない。

 4、したがって、天皇の公的行為については、各行事等の趣旨・内容のほか、天皇陛下がご臨席等をすることの意義や国民の期待など、様々な事情を勘案し、判断していくべきものと考える。

 5、いずれにせよ、内閣は、天皇の公的行為が憲法の趣旨に沿って行われるよう配慮すべき責任を負っており、今後とも適切に対応してまいりたい。

過去に何度も取り上げた、天皇陛下の政治利用問題ですが、憲法を理解していないし、そもそも「1ヶ月ルール」が何故始まったのかを全く理解していない見解ですね。

過去に何度も書いている通り、内閣の承認が必要になるのは、日本国憲法第七条にある10項目の国事行為についてのみであり、それ以外を内閣及び政治家が指示したりすることは政治利用にあたります。
よって、七条に規定されている以外の陛下の公的行為について内閣が発言や指示をする権限は無いし、それをすれば政治利用になります。

陛下の公的行為に関して権限があるのは、陛下ご自身と皇族方、それに皇族の一切を取り仕切る宮内庁のみです。

憲法4条を自分達の行為の正当性の根拠にしているようですが、陛下が「国政に関する権能を有しない」からこそ、憲法七条の規定が有る訳で、この見解は本末転倒も甚だしいものです。

次に「1ヶ月ルール」についてですが、
((経緯や意味については、過去のエントリーも合わせてご覧下さい。)

asahi.com(朝日新聞社):天皇会見の1カ月ルール破り「03年以降6件」官房長官 - 政治
http://www.asahi.com/politics/update/0215/TKY201002150436.html
2010年2月16日0時2分

 外国要人と天皇陛下の会見が宮内庁の定める日程調整期限である「1カ月前」を切ってから申し込まれて実現したケースが、2003年以降09年12月までに計6件あったと、平野博文官房長官が15日、衆院予算委員会で答弁した。一方、宮内庁は「ルールの徹底を要請してからは1件のみ」としている。

 中国の習近平(シー・チンピン)・国家副主席と天皇陛下の会見が昨年12月、この「1カ月ルール」を破って実現したことで、「政府による天皇の政治利用だ」との指摘が出ていた。

 平野官房長官は「03年以降は(習副主席のケース以外に)計6件あった」と答弁。「政治利用には当たらない」との認識を改めて示した。

 一方、宮内庁によると、ルールが設定された1995年以降、同様の事例は習副主席以外に計22件あった。ただ、04年2月に宮内庁が陛下の年齢や体調を勘案して外務省に「1カ月ルールの徹底」を要請して以降は、05年にタイで、大地震と津波の影響から要請が1カ月を1日割り込んだ事例が1件あったのみという。

この記事をご覧頂けば分かる通り、04年2月以降はルールは守られており、政府見解の「統一的なルールを設けることは、現実的ではない。」というのは、政治利用を考えているか、ルールを守る気が無いからです。

そもそも、天皇陛下に謁見するような人達というのは過密スケジュールで、お互いにアポイントメントを取る事の方が自然で、既にある1ヶ月ルール曲げてくれ等という人はいないと思います。都合が付かなければ、またの機会にというのが普通でしょう。

鳩山内閣は、無理に自身の行いを正当化しようとせず、「ルールを破って済みませんでした。以後、気を付けます。」と素直に謝罪をし、態度を改めるべきです。



» 続きを読む

民主党・小沢幹事長がまた、天皇陛下の会見問題で無知を晒したようです。

小沢幹事長、習中国副主席特例会見で「国事行為」論は撤回 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091221/stt0912211532003-n1.htm
2009.12.21 15:32

 民主党の小沢一郎幹事長は21日午後の定例記者会見で、天皇陛下と習近平中国国家副主席との特例会見を「国事行為」と論じていた点について、「憲法で規定している国事行為にはそのものはありません」と述べて撤回した。

 そのうえで小沢氏は「憲法との理念と考え方は、天皇陛下の行動は内閣の助言と承認によって、行われなければならない」と述べ、外交要人とのご会見も、内閣の助言と承認に沿って行われるべきとの考えを示した。

 また、「天皇陛下にお伺いすれば、(特例会見を)喜んでやってくださるものと私は思っております」と述べた。

【小沢会見】(2)「内閣の判断で天皇陛下が行動なさるのは当然」(21日午後) (1/3ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091221/stt0912211708006-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091221/stt0912211708006-n3.htm
2009.12.21 17:04

 --先週の記者会見で幹事長は、天皇陛下と習近平中国国家副主席の会見は、国事行為であり、特例的に会見が認められるにいたったまでの内閣、首相官邸の対応には問題なかったとの認識を示した。しかし、憲法を読んだが、外国賓客と陛下との会見は、国事行為とは書いていない。岡田外相も「国事行為でなく、公的行為だ」との認識を示している。共産党の志位和夫委員長は「小沢幹事長こそ憲法を読むべきだ」と批判している。この際伺うが、外国賓客との会見は国事行為だという認識か。その一点だけ伺う。

 「憲法で規定している国事行為にはそのものはありません。しかし、その憲法の理念と考え方は天皇陛下の行動は内閣の助言と承認によって、行われる、おこなわれなきゃならないという基本的考え方は、天皇陛下にはまったくのプライベートちゅうのはないに等しいわけですから、日本国の象徴、日本国民統合の象徴というお立場にあるわけだから、その意味では、ご自身で自由にあっちいったり、こっちいったりちゅうことはできないわけで、その、天皇陛下の行動の責任を負うのは内閣なん(だ)。国民の代表、国民が選んだ政府内閣が責任を負うということなんですから、内閣が判断したことについて天皇陛下がその意を受けて行動なさるということは私は当然のことだと思いますし、天皇陛下にお伺いすれば、喜んで、私はやってくださるものと、そのように思っております」

何度もこの件については書いていますので繰り返しになりますが、日本国憲法においては、天皇陛下の国事行為以外の政治行為について制限されています。
その中で、国事行為についてのみ「内閣の助言と承認が必要」なのであって、それ以外については内閣の助言と承認は必要ありません。
今回の件も、小沢幹事長の言っている外交要人が習近平である訳ですから「外国の大使や公使」でないため、内閣の助言と承認は必要有りません。
小沢幹事長も認めている通り、国事行為でない以上、政府が1ヶ月ルールを破る等して無理に会見を行う事は、天皇陛下の「政治利用」にあたり、憲法違反になります。

小沢幹事長が言っていることは、要するに「憲法違反をして、天皇陛下の政治利用をしよう。」ということです。

それともう1点。
与党の幹事長如きが、陛下のお考えを類推するなどおこがましいにも程があります。

「小沢帝国」の憲法ではどうだか知りませんが、日本の憲法ではそういうことになっているので、政治家が憲法違反を奨励するような発言は止めて頂きたいものです。

与党の幹事長ともなれば、憲法学者の一人や二人知り合いがいるだろうから、自分で憲法を読むのが嫌なら、そういった人達を呼んで話を聞けば良いのに。
記者も記者だろ。いい加減小沢幹事長に教えてやれよ。

小沢幹事長に進歩が全く無いので、もうこのネタ厭きました。

以下、追記。

まず、陛下のプライベートについて。
御公務もあり、スケジュールも分刻みであるでしょうし、24時間「天皇」であることを運命付けられたお方なので、我々一般国民のようなプライベートは無いにせよ、御家族と旅行に行かれたり、舞台や映画を鑑賞されたり、公務との区別は難しいですが、プライベートはあります。

そして、その行動の責任を負うのは内閣だけではありませんし、何度も書いている通り「国事行為」でない以上、それらの行為に内閣が命令をしても、陛下が聞き入れる必要は無いし、無理強いをすれば「政治利用」となります。

小沢幹事長は、もうこの件について口を開く事をお止めになった方が良いのでは。御自身の無知を晒して、恥をかくだけですよ。
あー、恥を恥と知るだけの脳も無いから仕方ないか。


» 続きを読む

天皇陛下との会見問題で、中国側は一旦は、「陛下の健康問題なら。」と見送る考えを示していた可能性

天皇会見いったん見送り容認  「健康配慮なら」と中国側 岩手日報ニュース
http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack_s.cgi?s_politics_l+CN2009121701000876_1
2009年12月18日

 天皇陛下と習近平・中国国家副主席の特例会見をめぐり、会見が正式に設定される2日前の今月9日ごろ、中国高官が「陛下のご健康に配慮し会見を見送るなら、やむを得ない」と日本側に伝えていたことが17日、分かった。複数の中国関係者が明らかにした。

 11月下旬から特例会見を求め続けてきた中国側が、交渉終盤で見送り容認姿勢を示していたことが判明したのは初めて。10日からの訪中を控えた小沢一郎民主党幹事長の意向を受け、首相官邸による政治判断で方針転換し、特例会見が実現した実態が裏付けられた。

 中国筋によると、この中国政府高官は9日ごろ、日本側と中国国内で協議。日本側が「陛下はご高齢であり、健康状態を勘案してほしい」と説明したところ、高官は「そういう話なら会見見送りは理解できる。共産党指導部を説得できる」と受け入れた。

 中国側は同時に、宮内庁の「1カ月ルール」を守らなかった事実を認める一方で「前向きな対応を求めたい」と主張。「1カ月ルール」を理由とした会見見送りには難色を示したという。

 この中国高官は日本大使館勤務を重ねた日本通として知られる。

たとえ、この報道が事態を重く見た中国側の嘘であったとしても、中国側は完全に小沢一郎幹事長の梯子を外してきたことになります。

一方、小沢幹事長は

小沢氏、宮内庁長官を「あいつこそどうかしている」特例会見問題で - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091218/stt0912180138000-n1.htm
2009.12.18 01:36

 民主党の小沢一郎幹事長が17日、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との特例会見を「天皇陛下の政治利用」にあたると懸念を表明した羽毛田信吾宮内庁長官を改めて激しく批判したことが明らかになった。

 小沢氏は同日、羽毛田氏について「あいつこそどうかしている。天皇の権威をカサにきている」と批判した。国会内で関係者に語った。

こんな事を発言していると報道されており、事実ならただの馬鹿だし、嘘ならマスコミからも梯子を外しされそうになっている、ということでしょう。

「豪腕・小沢」もいよいよ年貢の納め時かな。




» 続きを読む

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。