1. Top » 
  2. 政策

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

蓮舫大臣は、事業仕分けの成果をご存じなかったようです。

【予算委】蓮舫氏、自民・片山氏の「スパコン1番は」追及に「知らない」と白旗 正解は中国 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110308/plc11030814430010-n1.htm
2011.3.8 14:42

「存じません…」

 蓮舫行政刷新担当相が8日の参院予算委員会で、自民党の片山さつき氏に、スーパーコンピューターの世界ランキング1位を問われたが答えられず、悔しい表情を見せる一幕があった。

 片山氏に「(事業仕分けで)予算をカットされ、完成を遅らされたことで一躍、スパコンランキングの1位と3位に躍り出た国があるが、その国名は」と問われると、蓮舫氏は「(質問)通告がないのでわかりません」と一度は突っぱねた。だが、片山氏が「スパコンの事業仕分けについて質問している。あなたが見直した結果として、トップに躍り出た国名は」と重ねて問うと「存じません」と白旗を揚げた。

 片山氏は、「担当大臣がこの程度の認識だ」と断じた上で、「中国だ」と答えを披露。「この完成が遅れたことよって、ランキングに入っていない中国がそれまでの1位になり、3位になった」と批判した。

 米テネシー大学などの研究者らが昨年11月に発表したスーパーコンピューター世界最速ランキング「TOP500」では、中国が開発した「天河1号」が初めて首位に立っている。

あれだけ話題になったスパコンの仕分けについて、自分達の判断の結果を調べてもいないというのは、どういう事なのでしょうか。
結果を知らなければ反省も出来ませんし、それを次に生かす事も出来ません。

蓮舫大臣が責任を取るのは当然ですが、仕分けに関わった全ての人は、自らの不明を恥じ、猛省をすべきです。

それから、質問通告を受けているにも関わらず、「通告がないのでわかりません」などと、くだらない嘘を吐くのは止めるべきです。
国会質疑は、お遊びの場ではありません。自身の些細な自尊心の為に貴重な質疑時間を浪費する事は許される事ではありません。


» 続きを読む

スポンサーサイト

日本郵便:非正規雇用者のリストラについて

時事ドットコム:非正規社員、2000人規模で削減=業績悪化で雇い止め-日本郵便
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2011021200322
2011/02/12-22:38

 日本郵政グループの郵便事業会社(日本郵便)が、3月末で契約が切れる非正規社員の一部を対象に、契約を更新しない「雇い止め」を実施することが12日、明らかになった。15万人超の非正規社員のうち、2000人程度を削減する見通しだ。
 日本郵便は2011年3月期に1050億円の営業損失を計上する見込み。12年度の黒字化を目指しており、経費の7割を占める人件費の圧縮が避けられないと判断した。非正規社員に対しては、今月上旬から希望退職の募集を始めている。
 日本郵便の非正規社員の多くは、仕分けなどの作業に従事する。昨年夏に起きたゆうパックの遅配問題への対応で人員が膨らんでいたが、年末年始の繁忙期を乗り切ったことから削減に踏み切る。ただ、2000人規模の雇い止めでは収支改善効果が限られるため、さらなる削減を迫られる可能性もある。

asahi.com(朝日新聞社):日本郵便、大量雇い止めへ 非正規数千人規模か - 就職・転職
http://www.asahi.com/job/news/TKY201102110289.html
2011年2月12日

 日本郵便は昨年12月、非正規社員約6500人を正社員に登用した。非正規社員全体の必要な人数は絞り込む一方で、正社員化は今後も続けるという。(岡林佐和)

確か、昨年私が調べた時には日本郵便は500億円程度の赤字だったと思うのですが、以前のエントリーで取り上げた、郵便の遅配等で信用を失った事も大きな原因でしょうね。

非正規の雇い止めを行う一方、正規化は進めるという事で、非常に矛盾に満ちていますし、経営も迷走しているようですね。

日本郵政、10万人正社員化検討 非正規から5年間で - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010031701001053.html

 日本郵政がグループで働く非正規社員を、10万人規模で正社員に起用する方向で検討していることが、17日明らかになった。2010年度から5年間かけて実施する見通し。

 持ち株会社の日本郵政、郵便局会社、郵便事業会社、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険のグループ5社の従業員は09年10月時点で約43万7千人。このうち非正規社員が20万人余りを占める。非正規社員を10万人規模で正社員にした場合、グループの人件費は年間約3千億円膨らみ、経営の大きな負担となる。

 日本郵政グループには、正社員とほぼ同じ業務に携わっている非正規社員が少なくない。亀井静香郵政改革担当相は、非正規社員の雇用を安定させ、正社員との格差を是正する必要があると訴えており、日本郵政側は亀井氏の意向に沿う形で検討している。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

これは、2010年3月17日の記事ですが、この赤字の一因はこういった経営状態にそぐわない非正規の正規化にあると思います。
無理をして正規化を行った結果、人件費が拡大して非正規が職を失う事になるという本末転倒の事態に陥りました。

ここで確認しておかねばならない事は、「経営」は政治的理由では無く経済的合理性に基づいて行わなければならない、という事と天下りの元大蔵官僚には経営者としての資質はない、という事です。

もう郵便事業に関してはどうしたら良いのか分かりません。政治が経営に口を挟むような現在の状況では、新しい経営者を招聘したところで何も変わりませんし、西川前社長辞任の経緯を考えても財界が手を挙げてくれるとも思えません。

保険や銀行の黒字部門に悪影響が出る前に郵便事業を分離した上で国営化するかどうかの議論をすべきだと思います。その場合、赤字は当然国が持つ事になるので、その辺りは有権者に説明しなければなりませんが。

西川前社長の頃に時間が巻き戻らないかな。



» 続きを読む

民主党・河上満栄(みつえ)議員の口蹄疫に関するtweetについて

新燃岳噴火:河上前議員が不適切ツイート 「神様の怒り」 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110205k0000e040055000c.html
2011年2月5日 15時00分

 霧島山系・新燃岳噴火を巡り、前民主党衆院議員の河上満栄(みつえ)氏(39)がツイッター(簡易投稿サイト)に「牛や鳥を大量に殺処分して、命を粗末にしていることに宮崎の大地の神様が怒り猛っているように感じる」と投稿していたことが分かった。宮崎県の口蹄疫(こうていえき)と鳥インフルエンザ感染に伴う家畜の殺処分を噴火と結びつけた内容に、地元で反発の声が上がっている。

 河上氏は4日に投稿。毎日新聞の取材に「命を尊ぶ意味を考えようというメッセージのつもりだった。しかし畜産業者もつらい思いをしており、配慮が足りなかった。傷つけてしまったなら大変申し訳ない」と話し同日、投稿を削除し、自身のホームページにおわびを掲載した。河上氏は09年衆院選の比例代表近畿ブロックで初当選。10年参院選の京都選挙区にくら替え出馬し落選した。

 宮崎県高原町(たかはるちょう)で牛を飼育し、31日から町総合保健福祉センターで避難生活を送る女性は「農家の苦労を知らないとしても、ひどすぎる」と憤った。【斎藤良太、阿部周一】

【追記あり】民主党議員「河上みつえ」は宮崎の人達に謝れ! ≪ 混沌のiPhone Blog ? AppBank_Fan -
http://caos1027.wordpress.com/2011/02/05/民主党議員「河上みつえ」は宮崎の人達に謝れ!/

Togetter - 「【民主党】河上みつえ元衆議院議員、宮崎の口蹄疫殺処分を語る」
http://togetter.com/li/96732

こちらに河上満栄(みつえ)議員のtweetの詳細がありますが、blogに投稿された謝罪文は消え、新しい投稿がされています。

ツイッターを閉じました。本当にご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした。 - 河上みつえのブログ
http://blog.goo.ne.jp/kawakamimitsue/e/3476552aa4f2995a53e5eeec5ed33842
2011-02-05 04:27:19

実はこの謝罪文も古いものは消されていまして、その文は以下のように記されていました。

(cache) ツイッターを閉じました。本当にご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした。 - 河上みつえのブログ
http://megalodon.jp/2011-0205-1407-45/blog.goo.ne.jp/kawakamimitsue/e/3476552aa4f2995a53e5eeec5ed33842
2011-02-05 04:27:19

一昨日私が発したツイッター上での不用意なメッセージで、非常に多くのみなさまにご迷惑をお掛けしてしまいました。本当に申し訳なく、心より深くお詫び申し上げます。

140文字の範囲での表現に限界を感じ、これ以上家畜伝染病・噴火で罹災された方々の心を、私が残したメッセージで傷つけたくありません。よって先程ツイッターアカウントをクローズ致しました。今まで御支援を頂きましたみなさま、本当にありがとうございました。そしてご期待にお応えできず、大変、申し訳ございません。

今回、思いがけず傷つけてしまったみなさんには、何度お詫びしてもしきれませんし、決してお許し頂けないと思います。ネットでの独り善がりな発言が、こんなにも多くの方を不本意にも傷つけることを実感し、今更ながら猛省致しております。本当に申し訳ございませんでした。

ネットは本当に便利でありながら、一方で大変恐ろしい凶器になるのだと実感しました。今回、ネット上で、無名無数の方々から激しい罵りを受けました。今も拡散していると思います。しっぺ返しでありながら、私も大変傷つきました。しかし私の発した言葉の方がより激しく、ナイフのように人の心を切り裂いてしまったのだと思います。これからは日常生活で発する言葉、記す文字に今まで以上に十分配慮して参ります。

重ねまして、今回の騒動で、不特定多数の全国のみなさまに、今も大変なご迷惑をお掛け致しておりますことを心からお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。

民主党・河上満栄(みつえ)議員のblogの蹄疫関連のtweet謝罪文(Web魚拓)

古い文章を見ると、「自分もフォロワーから罵りを受けて傷ついた」と書かれており、本当に反省をしているのか疑わしい気さえします。

過去のエントリーでも書きましたが、昨年の宮崎の口蹄疫では政府の初動の遅れから被害が拡がった事、その後の政府の対応の不味さ、結果的に殺処分する必要の無かった民間の種牛が政府の命令で殺処分されるなど、対応に疑問の残る事も多いものでした。
そういう事を理解されていれば、非科学的な根拠のない噴火と口蹄疫を結びつけるような書き込みなど出来るはずはないのですが。

殺処分は畜産農家の方々にとっては本当に苦渋の決断であった事を理解すべきです。そして、今回の事を本当に反省しておられるのであれば、未だ十分ではない口蹄疫の保障も含めて、鳥インフルエンザや噴火の被害に十分な支援が行われるよう、与党の国会議員として働きかけて下さい。

併せて各地で拡がっている豪雪被害や鳥インフルエンザについても十分な支援をよろしくお願いします。






» 続きを読む

民主党議員の自党ののマニフェストに対する発言について

時事ドットコム:民主案、公約作成者が説明を=年金改革で桜井財務副大臣
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2011020300691
2011/02/03-17:56

 桜井充財務副大臣は3日の記者会見で、社会保障と税の一体改革に伴い、民主党の2009年衆院選マニフェスト(政権公約)が掲げた「最低保障年金」案に強い批判が出ていることに関し、「公約は当時ごく一部の人が中心になって作った。作った人たちが出てきて、きちんと説明してもらいたいというのが偽らざる気持ちだ」と述べた。
 また、菅直人首相が2日の国会審議で最低保障年金に必要な財源を具体的に示せず、公約修正を示唆したことについても、「アバウトな数字すら出せなかったので驚いている。せめて制度設計した時に(財源となる)消費税で何%になるか数字を出すべきだった」と語った。

財務大臣等記者会見:財務省
http://www.mof.go.jp/kaiken/kaiken.htm

記者会見概要はこちら。(現在はまだ掲載されておりません。)

一部の人達が作ったから何だと言うのでしょうか。民主党の議員であればマニフェストの内容に納得をし、それに賛成をしたのではないのですか。
桜井充財務副大臣が民主党の詐欺に荷担をしたのは変わり有りませんし、今回の発言は内閣の一員として非常に無責任であると言わざるを得ません。

桜井財務副大臣の発言にある「一部の人達」についてですが、

民主党:マニフェスト検討準備委員会の会議を開催
http://www.dpj.or.jp/news/?num=16143
2009/06/04

 次期衆院選挙に向けてマニフェスト検討準備委員会の会議が、4日夕、国会内で開かれた。

 冒頭、挨拶に立った岡田克也幹事長は、早ければ都議会議員選挙とも絡んでの解散・総選挙も十分に考えられると指摘。いよいよ直近に迫った選挙に向けてマニフェストの詰めの作業が必要だとして、「マニフェストの出来いかんで選挙の結果が変わってくる。是非との思いをもってしっかりつくってほしい」と出席議員らに呼びかけた。

 会議には直嶋正行政調会長はじめ、長妻昭、福山哲郎両政調会長代理、細野豪志、大塚耕平、尾立源幸、鈴木寛各政調副会長、西村智奈美『次の内閣』ネクスト子ども・男女共同参画担当副大臣が出席。「国民の生活が第一。」の政治実現に向け、活発な議論を展開した。

恐らくこういった方々を指しているのだろうと思います。

直嶋、長妻両氏等は鳩山内閣で閣僚でしたし、福山、細野両氏は現在の菅内閣の閣僚です。また、以前のエントリーで取り上げた「政権公約を100%できるはずがない。」と発言された岡田幹事長も、このマニフェスト作成の会議に党幹事長として参加しておられたようです。

玄葉氏、野党の解散要求に強弁「政策すべて支持して政権交代選んだ人少ない」 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110204/stt11020412120002-n1.htm
2011.2.4 12:11

 玄葉光一郎国家戦略担当相(民主党政調会長)は4日午前の閣議後の記者会見で、同党の衆院選マニフェスト(政権公約)を実現できない場合の衆院解散・総選挙を野党側が求めていることに対し、「基本的な理念が180度変わるなら別だが、そうでなければ解散にはつながらない。政権交代したときも、(マニフェストの)政策すべてを支持して投票した人は極めて少なかった」と否定した。

 ただ、マニフェストの修正に関しては「見直すべきは見直し、堂々と謝るべきは謝る」と述べた。

 一方、公明党の山口那津男代表が予算関連法案の大幅修正がない限り反対する意向を表明したことに対し、「公明党は国民生活と真(しん)摯(し)に向きあっていると信じている。具体的で前向きな提案をしてもらいたい」と語り、具体案が示されれば柔軟に検討する考えを示した。

内閣府特命担当大臣(「新しい公共」) - 内閣府
http://www.cao.go.jp/minister/1006_k_genba/index.html

記者会見概要はこちら。(現在はまだ掲載されておりません。)

民主党のマニフェストを100%支持して投票した人は少ないかも知れませんが、それが何故解散の理由になり得ないと言えるのか理解出来ません。

有権者は、各政党の公約や主張を比べて投票をしている筈で、民主党に投票した有権者も優先順位はあるにせよ全体を比べて投票している筈です。仮に個別の政策を判断基準にしていたにしても、ある有権者が投票を決めた政策が実行されず、変更される事になってしまった場合、その有権者の1票は、ただ、民主党が政権交代をする為だけの意味しか持たなくなってしまいます。こうした有権者の意思を再度確認する為にも、解散をし、実現可能なマニフェストでもう一度信を問うという事が必要だと思います。

現在開会中の国会審議でも、マニフェストについて変更修正ありきで答弁されていますが、マニフェストを作成した当事者がそれを出来ないと言ったり、一部の人間が作ったと言ったり、心眼で作ったと言ったり、こういう事は有ってはならない事です。
少なくとも、政党が政権与党を目指して選挙をする以上、候補者も含めて党関係者の全員が納得したマニフェストを作成すべきだし、それは実現可能であるものでなければなりません。ある程度の時期の遅れは仕方がないにしても、任期の途中で変更して良いものではありません。

彼らが、本当に何を言っているのか理解出来ません。




» 続きを読む

事業仕分けで有料化された自衛隊広報施設、再無料化へ

自衛隊広報施設 再び入場無料 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110131/t10013765071000.html
1月31日 23時5分

政府の事業仕分けを受けて、自衛隊の広報施設への入館を無料から有料にしたところ、入館者数が前の年の半数以下に減ったことが分かり、防衛省は、2月1日から入館料を無料に戻したうえ、今後の方針を検討することになりました。

おととし11月に行われた政府の事業仕分けで、陸上自衛隊の朝霞駐屯地にある「陸上自衛隊広報センター」と長崎県佐世保市にある海上自衛隊の「佐世保史料館」、静岡県浜松市にある航空自衛隊の「浜松広報館」の3つの施設は入館料を徴収し、運営費などの予算を減らすよう求められました。これを受けて防衛省は、去年11月から1月31日までの3か月間、3つの施設で入館料として、18歳以上の人からは400円から500円、小中学生と高校生からは200円を試験的に徴収しました。その結果、この間の3つの施設の入館者数は、およそ6万2000人と前の年の同じ時期よりも7万5000人(55%)減ったということです。防衛省は「有料化の影響についてデータが得られた」として、2月1日から3つの施設の入館料を再び無料に戻したうえ、最終的に有料にするか無料にするか検討することにしています。

また、事業仕分けの判断が間違っていた事が明らかになりました。

事業仕分けの関係者は、これを含めた事業仕分けの悪影響への説明をすると共に責任を取って頂ければと思います。

自衛隊の広報施設は再び無料化されました。自衛隊の活動に興味がある方は、ぜひ自衛隊の広報施設に足を運んで頂ければと思います。


» 続きを読む

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。