1. Top » 
  2. 検察審査会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

民主党・小沢一郎議員、強制起訴

時事ドットコム:小沢元代表を強制起訴=検察審議決受け指定弁護士-政治資金規正法違反・陸山会事件
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011013100461
2011/01/31-15:02

 小沢一郎民主党元代表(68)の資金管理団体「陸山会」の収支報告書虚偽記載事件で、東京第5検察審査会の起訴議決を受けて選任された検察官役の指定弁護士は31日、政治資金規正法違反罪で小沢元代表を強制起訴した。強制起訴は兵庫県明石市の歩道橋事故、JR福知山線脱線事故などに続き4例目で、国会議員では初めて。
 小沢元代表は、4回にわたる東京地検特捜部の事情聴取に一貫して関与を否定しており、公判でも全面的に争う構え。
 昨年2月に起訴された衆院議員石川知裕被告(37)ら元秘書3人=公判前整理手続き中=は、2月7日予定の初公判まで1年を要しており、小沢元代表の初公判も来年以降となる可能性がある。
 起訴状によると、小沢元代表は元秘書3人と共謀し、2004年10月に陸山会が東京都世田谷区の土地を購入する前に小沢元代表から借り入れて同会の口座に入金した4億円を、同年分の収支報告書に収入として記載しなかったとされる。また、土地購入費約3億5000万円の支払いを同年分ではなく、05年分の収支報告書に記載したとされる。
 石川被告と元私設秘書池田光智被告(33)は捜査段階で「小沢元代表に虚偽記載を報告し、了承された」と供述。小沢元代表は聴取に「収支報告書を提出前に確認せず、担当者が真実を記載していると信じて了承した」と説明していた。
 これに対し、第5検察審は小沢元代表を起訴すべきだとした昨年10月公表の議決書で、石川、池田両被告の供述の信用性を認定する一方、小沢元代表の説明について「著しく不合理で信用できない」と指摘した。

漸く、強制起訴になりましたね。

やはり、起訴前に参考人招致も証人喚問も行われず、小沢被告が説明責任を果たす事はありませんでした。

裁判の行方も気になるところではありますが、民主党が小沢被告を党としてどう処分するのか、それによって党内の小沢派がどう動くのかも気になるところです。以前のエントリーでも書いた通り、民主党は多数の小沢派がおり、この小沢派の動きによっては、与謝野氏を入閣させてまで得た衆院の3分の2の議席が危うくなり、予算関連法案の成立が難しくなるからです。

今後も与党内の内ゲバによって国会は混乱し、我々の生活に悪影響を及ぼす事になるでしょう。


» 続きを読む

スポンサーサイト

民主党・小沢前幹事長の政治倫理審査会への出席問題について

小沢氏が会見で読み上げた声明文の全文 (1/2ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101228/plc1012281433016-n1.htm
2010.12.28 14:32

 民主党の小沢一郎元代表が衆院政治倫理審査会に出席する意向を表明した28日の記者会見で読み上げた声明文「挙党一致で『国民の生活が第一。』の政治を実現するために」の全文は以下の通り。

 私はこれまで、菅(直人)代表及び岡田(克也)幹事長から、自発的に政治倫理審査会へ出席するよう要請を受けてまいりました。それに対し、私は、政治資金に関する問題はすでに具体的な司法手続きに入っており、三権分立や基本的人権の尊重という憲法上の原理原則からいえば、立法府の機関である政倫審に出席する合理的な理由はない、ただ、私が政倫審に出ることで、国会運営が円滑に進められ、あるいは、選挙戦においても国民の皆様の支持を取り戻すことができるということであれば、政倫審に出席することもやぶさかでないと、繰り返し表明してまいりました。

 そうした中で、先般、民主党の最大の支持母体である連合から、挙党一致の体制で難局を乗り越えるよう、強い要請を受けました。また、国民の皆様、同志の皆様にも、多大なご心配をおかけしていることを、大変申し訳なく思っております。これらのことを総合的に考え、私は政治家の判断として、来年の常会において、政倫審に自ら出席することを決意致しました。

 具体的に申し上げます。

 第一点目として、常会において私が政倫審に出席しなければ国会審議が開始されないという場合、すなわち、私が出席することにより、予算案の審議をはじめ、国会の審議が円滑に進められるということであれば、常会の冒頭にも出席し、説明したいと思います。

 第二点目は、私が政倫審に出席するかどうかということが、国会審議を開始するための主たる条件ではないということであれば、国民の生活に最も関連の深い予算案の審議に全力で取り組み、その一日も早い成立を図らなければなりません。したがって、私はこの場合には、予算成立の後速やかに政倫審に出席したいと考えております。

  平成22年12月28日

  衆院議員 小沢一郎

小沢氏の記者会見要旨 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010122801000655.html

小沢一郎民主党元代表の記者会見要旨は次の通り。

 ▽衆院政治倫理審査会

 出席を拒否したことはない。政倫審に出ることで国会運営が円滑に進み、選挙で国民の支持を取り戻せる見通しの下なら出席はやぶさかでないと繰り返し表明してきた。

 先般、民主党最大の支持母体である連合から挙党一致で難局を乗り越えるよう強い要請があった。国民や同志にも多大な心配と迷惑を掛け、これらを総合的に考えた。政治家の判断として、通常国会で政倫審に自ら出席することを決意した。

 私が政倫審に出席しなければ国会審議が開始されないというような場合、すなわち私が出席することにより2011年度予算案の審議をはじめ国会審議が円滑に進められるようなことであれば、通常国会の冒頭にも出席し、説明したい。出席が国会審議を開始するための主たる条件でなければ、予算案審議に全力で取り組むのが与党として当然なので、予算の成立後速やかに出席したい。出席判断は先ほど岡田克也幹事長にも伝えた。

 弁護団からは司法と立法で同じようなことをするのは基本的人権を侵す可能性があり出席は反対だと言われた。ただ与党の一員でもあり、私が出ることで少しでも資することがあればと考えた。

 ▽仙谷由人官房長官問責対応

 私は内閣を改造する権限もなく、意見を言う立場でもない。私の分際の中で、挙党一致と「国民の生活が第一」の政治の実現に少しでもお役に立てればという気持ちだ。

 ▽強制起訴後の離党

 執行部内での発言は直接聞いていないのでコメントする立場ではない。まだ起訴もされていないのに、起訴されてどうするのか、返答のしようがない。

時事ドットコム:仙谷、馬淵氏の辞任要求=小沢氏出席、「審議拒否」と無関係-自公
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010122800674
2010/12/28-21:15

 自民、公明両党は28日、民主党の小沢一郎元代表が衆院政治倫理審査会に出席する意向を表明したことに関し、小沢氏の出席に関係なく、問責決議を受けた仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国土交通相が辞任しない限り、次期通常国会の審議に応じない方針を強調した。小沢氏の「政治とカネ」の問題については引き続き証人喚問の実現を求め、民主党に対し攻勢を強める構えだ。
 自民党の石破茂政調会長は、衆院議員会館で記者団に「小沢氏が政倫審に出るから仙谷氏らの問責がなかったという話にはならない」と明言。逢沢一郎国対委員長も「小沢氏の問題が国会審議の妨げになっているとは言っていない」と指摘した。
 公明党も同様の立場を示し、山口那津男代表は国会内で記者団に「従来言ってきた通りだ」と述べ、国会正常化の条件として、仙谷氏らの辞任を要求。小沢氏の説明責任についても「それ(政倫審)で尽きるということは考えていない」と証人喚問を求めていく考えを示した。
 また、逢沢氏と漆原良夫公明党国対委員長は28日、電話で会談し、小沢氏の条件付きの出席は「事実上の政倫審拒否だ」との認識で一致し、喚問要求を続けることを確認した。
 みんなの党の渡辺喜美代表は「単なるアリバイづくり。証人喚問逃れだ」と批判。たちあがれ日本の園田博之幹事長は「小沢問題が一段階進んだという評価は全くしていない」と断じた。
 一方、社民党の福島瑞穂党首は、これまで同党が政倫審での弁明を求めてきたことから「一歩前進だ」と評価。証人喚問を求めるかどうかは「政倫審をしっかり見守りたい」と語った。

まず、政倫審は言動が政治倫理に鑑みて疑問を持たれた政治家が、自ら釈明をする場所です。立法府の責任で行われるものでありますので、法的にどうであるとかは関係ありませんし、出席に関して条件を付けるという性質のものではありません。

その上で条件について見ていきますと、野党は仙谷・馬淵両氏の辞任がなければ国会審議に応じない、としていますので、一つ目の条件を満たしません。
二つ目ですが、審議拒否が続けば予算は通りませんのでこれも条件を満たしません。
ここで、提示されていない三つ目の条件が出て来ます。それは、仙谷・馬淵両氏の辞任です。馬淵氏は簡単に切る事が出来ますが、仙谷氏は菅政権で「影の総理」と言われる程の人物ですから中々切る事が出来ません。小沢氏はこれを見越して自らの説明責任を果たせないのは、菅総理及び野党の責任という事で、この局面を乗り切ろうとしています。

本来、小沢氏の政治家としての説明責任と国会審議や予算は全く関係の無い話でありますが、責任転嫁をし有権者を煙に巻く形で説明責任から逃れようとしています。

別の問題として野党は一貫して、偽証罪を問う事の出来る証人喚問を要求しており、与党側との考え方の違いという問題もあります。

小沢氏の説明が過去二転三転している事もありますので、私も政倫審とは別に証人喚問が行われるべきだと思います。



» 続きを読む

検察審査会、04~05年の収支報告書の虚偽記載について「強制起訴」の議決。

小沢氏、強制起訴へ 検審が2回目の議決 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010100401000498.html

 資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で、東京第5検察審査会は4日、2004~05年分の政治資金規正法違反容疑で告発され、東京地検特捜部が不起訴とした小沢一郎民主党元幹事長(68)を強制起訴すべきだと議決した、と公表した。議決は9月14日付。

 第5検察審査会の議決は、審査員11人の全員一致で「起訴相当」とした4月以来2回目。東京地裁指定の検察官役の弁護士が規正法違反罪で起訴する手続きに入る。小沢氏の刑事責任が法廷で争われることになった。

 第5検察審査会は7月末で審査員全員が任期を終えて入れ替わり、法的助言をする補助員の弁護士も代わっていた。強制起訴すべきだとの議決には起訴相当と同じく、11人中8人の多数が必要。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧ください。

この問題は過去にも何度も取り上げていますが、検察審査会が正しい判断をしたと言えるのではないでしょうか。

何度も書いている事ではありますが、国会議員はその職責を全うする為に様々な法律で守られています。不逮捕特権もその一つですが、こういった法律を悪用しないようにする倫理観の高さが求められますし、疑惑の目が向けられれば国会の政倫審や証人喚問等あらゆる場で説明する義務があります。

今回の議決は、小沢氏が説明責任を十分に果たしていない事、司法の場でそれらを果たし事実を明らかにすべき、というメッセージだと思います。

有罪になり服役して欲しいのはやまやまですが、今回たとえ証拠不十分で無罪になったとしても、今度の裁判をきっかけにして他の不動産所得に関する疑惑についても有権者の目が向けられることを期待したいですね。



» 続きを読む

民主党・小沢前幹事長、民主党代表戦出馬へ。他

【小沢氏出馬】菅首相と一騎打ちへ 来月14日の投開票に向け多数派工作激化 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100826/stt1008260902012-n1.htm
2010.8.26 09:01

 民主党の小沢一郎前幹事長は26日午前、党代表選をめぐり鳩山由紀夫前首相と都内で会談した。終了後、記者団に対し、代表選に出馬する考えを表明した。再選を目指す菅直人首相との一騎打ちになる見通しだ。

 小沢氏は「鳩山由紀夫前首相から、出馬を決断するなら全面的に支援していきたいとの言葉を聞いたので、鳩山氏の前で出馬する決意をした」と述べた。

 鳩山氏は、出馬を表明した小沢前幹事長を「応援する」と記者団に述べた。

 小沢氏は参院選敗北の責任や昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)見直しなどで首相批判を強めていた。小沢氏が抱える政治とカネ問題なども争点に、9月14日の投開票に向け、両陣営の多数派工作が激化する。

 党内では、前原誠司国土交通相や野田佳彦財務相らのグループが首相を支持する一方、最大勢力を誇る小沢氏グループが中心になって小沢氏擁立を模索し、激しい前哨戦を展開した。対立先鋭化を回避するため、鳩山前首相が小沢、菅両氏の仲介役として動いたが、不調に終わった。

 これまで小沢氏は首相の政権運営について「官僚主導が目立つ」と批判。長野県軽井沢町で19日に開かれた鳩山グループの研修会に出席した後、24日夜には鳩山氏と会談し、出馬の有無について「一両日中に判断したい」と述べていた。

小沢前幹事長が代表戦出馬ですか。余程検察審査会の議決、強制起訴が嫌なのですね。
以前のエントリーでも書きましたが、小沢氏が総理になれば「鳩山(小沢?)システム」によって、検察審査会の議決に関わらず起訴をすることが出来なくなります。
私の当初の予想では、原口総務大臣を総理にして傀儡にし、自分は大臣のポストについてシステムの恩恵に与るものだと思っていましたが、外れてしまいました。

【小沢氏講演】「日本経済に大打撃」と円高に懸念 「日本人の劣化急速に進む」 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100825/stt1008251052006-n1.htm
2010.8.25 10:51

 民主党の小沢一郎前幹事長は25日午前、東京都内で開かれた「小沢一郎政治塾」の講演で、急速な円高について、「外需に頼り切りの日本経済は大きな打撃を受ける」と懸念を表明した。

 その上で、「本来の日本人の知恵と力があればこのくらいの困難を克服するのは可能だが、あらゆる分野で日本人の劣化が急速に進んでいる。心配だ」と指摘した。

【小沢氏講演】「米国人は単細胞」「利口と思わない」脱線発言を連発 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100825/stt1008251328010-n1.htm
2010.8.25 13:26

 「米国人は好きだが、どうも単細胞なところがある」-。民主党の小沢一郎前幹事長は25日の講演で、脱線気味の発言を繰り返した。

 小沢氏は名作映画「戦場にかける橋」に登場する英国軍人との対比で、冷ややかな米国観を披歴。一方で、黒人初のオバマ米大統領の誕生に触れ「黒人大統領なんかあり得ないと思っていた米国で黒人大統領が誕生した」と指摘。「米国人を利口と思っていない」としながらも「民主主義や危機に当たっての国民の選択が実行されていることは非常に高く評価している」と述べた。

 戦前の日本軍についても言及し「捕虜になった途端に無秩序の烏合の衆に化したと記載がある。帝国陸海軍の軍紀は結局、天皇陛下の名を借りて、抑え付けられた結果だ」との見方を披露した。

小沢氏「米国人は単細胞、英国は紳士面してる」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100825-OYT1T00995.htm
2010年8月25日19時20分

 民主党の小沢一郎前幹事長は25日の「小沢一郎政治塾」の講演で、米国観を語り、「米国人は好きだが、どうも単細胞なところがあってだめだ」と述べた。

 米国のオバマ大統領について「絶対、黒人大統領はあり得ないと思っていた社会で、黒人大統領が誕生した。黒人が出たら暗殺されるといううわささえ以前にはあったが、この危機にあたって変化を強調したオバマ氏を選んだ」と指摘。「決して米国人は利口だと思っていないが、民主主義、危機にあたって国民の意思による選択がきちんと実行されていることを非常に高く評価している」と強調した。

 また、小沢氏は「政界でも官界でも財界でも、精神の荒廃、日本人の劣化が急速に進んでいる」と問題提起。第2次世界大戦を舞台にした映画「戦場にかける橋」に登場する英国人捕虜の規律正しさを紹介し、英国を「さんざん悪いことをして紳士面しているから好きではない」としながらも「祖国のために戦う軍隊も、自分たちの意思で(作った)という意識がある。自分たち自身の社会であり、国であるという民主主義の基本の意識が徹底している」と評価した。

第一に、民主的な手続きを経て、日本の民主党も政権与党になったのですがね。日本人の劣化の結果民主党政権が誕生したとでも言いたいのでしょうか。
第二に、作り話と現実を混同して語り、それを元に相手を貶めるような発言はすべきではありません。また、日本軍が「捕虜になった途端に無秩序の烏合の衆に化したと記載がある。」と発言されていますが、それは誰が書いた何という文献でしょうか。
第三に、今から国の代表になろうという人間が具体的な根拠無く、米英両国民を貶める発言をするのはどういった意図からでしょうか。そこに国家的戦略があるなら教えて頂きたいのですが。
私には、政治家としても人間としても最低の行為としか思えません。

次に円高についてです。

激烈円高で「利益が吹っ飛ぶ! 」 有名企業30社の悲鳴 急なドル安・ユーロ安で、トヨタは300億円、 ソニーは70億円を失う計算に | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/919?page=2
2010年07月30日(金)

「有名企業30社の為替影響度」 現代ネットより引用

たしかにこういった情報を見ると、日本経済にとって大変大きな問題ですが、円高が日本経済にに与える影響が甚大なのは「日本経済が外需に頼りきりだから」だけではありません。

日本の外需依存は嘘? - PSYの最期っ屁 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/psypsy6600/62259662.html

説明が面倒なので、blogを紹介しますが、諸外国と比べても日本の外需依存度は金額ベースで見ると高くありません。
上で引用した画像に「想定レート」という項目がありますが、想定の範囲内であれば企業は十分対応できますし、想定外のレートであっても対応するだけの準備期間のある緩やかな円高であれば、対応は可能です。問題は「急激な円高」なのです。

そうならないための施策を実行するのは、政府、日銀あるいは政治家の役目であって、「日本人の劣化」に話を摩り替えるのは、与党の政治家として無責任も甚だしいとしか言い様がありません。
あえて、「日本人の劣化」に結び付けるならば、民主党を政権与党にしてしまった事が「日本人の劣化の現れ」と言えるのかも知れません。

何れにしても、今回の出馬は起訴から逃れるためのものでしょう。例え小沢氏が総理になり支持率が1桁になっても、3年後まで選挙は無いので心配は無く、起訴されなければ政治資金について明らかにする必要もなくなる、というのが小沢氏の考えだと思います。

民主党の自浄作用に期待したいところですが、無駄でしょうね。



» 続きを読む

菅総理曰く、「小沢前幹事長、鳩山前総理は国会議員一般には当て嵌まらない。」そうです。

FNNニュース:衆院予算委 自民・谷垣総裁、菅首相に対して「政治とカネ」の問題などで追及
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00181835.html
10/08/02 14:16

国会では衆議院予算委員会で、菅首相に対して、自民党の谷垣総裁が政治とカネの問題などで追及した。
谷垣総裁が、「(鳩山氏、小沢氏に)証人喚問に応じて、国会で説明責任を果たすように指導力を発揮すべきではないか」とただすと、菅首相は「まず、国会の中でご議論いただくのが、本来の国会運営の慣例だろうと」と述べた。
谷垣総裁は、政治とカネの問題で菅首相の著書を取り上げて、「総理も国会議員で与党の党首だから、国会で説明するよう指導力を発揮するべきだ」と書かれていると詰め寄り、菅首相に小沢前幹事長らの証人喚問に応じるよう指示する考えがあるかただした。
これに対し、菅首相は、著書にかいてあることは「一般論だ」として、「まずは国会で話し合うべきだ」との立場を崩さなかった。

小沢前幹事長や鳩山前総理が一般の範疇に当て嵌まらない理由を教えて頂かなければなりませんね。

菅総理の発言は、日本語としても首を傾げざるを得ません。

かんれい【慣例】 - 国語辞書 - goo辞書
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/49998/m0u/慣例/

繰り返し行われて習慣のようになった事柄。しきたり。ならわし。「―に従う」

いっぱんろん【一般論】 - 国語辞書 - goo辞書
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/13688/m0u/一般論/

ある特定の、または個々の具体的な事柄を考えないで、広く全体を論じる議論。世間に広く認められると考えられる論。「―として述べる」

いっぱん【一般】 - 国語辞書 - goo辞書
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/13644/m0u/一般/

[名・形動]
1 広く全体に共通して認められ、行き渡っていること。また、そのさま。全般。「―の傾向」「―に景気が悪い」

(1)ありふれていること。あたりまえ。普通。「―の会社」「―市民」
(2)多くの普通の人々。世間。「―に公開する」
3 特に違いが認められないこと。また、そのさま。同一。同様。
「私は彼女と同じい罪を犯したも―だ」〈犀星・性に眼覚める頃〉

「慣例」と「一般論(一般)」を辞書で調べると、上記のような解説が出て来ます。読んで頂ければ分かる通り、ほとんど意味に違いは有りません。
「慣例」も一般的に認められているからこそ慣例として続いているので、これらの表現を別の意味として使い分ける必要はありません。

これらを総合して考えると、国会答弁が間違っているか、著書が間違っているか、そもそもいつも通りの言い逃れの二枚舌に過ぎないかのいずれかになると思います。

国会議員には不逮捕特権があり、国会開会中には逮捕できません。だからこそ、国会内で自浄作用を働かせて、有権者の前で事実関係を明らかにする義務が国会議員にはあります。それが出来ないのであれば、国会議員をお辞めになるべきです。

早く菅総理は指導力を発揮して、小沢、鳩山両氏を証人喚問の場に連れて来て下さい。それを両氏が拒否するなら、党の代表として離党勧告でも除名でも好きにやれば良いのです。




» 続きを読む

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。