1. Top » 
  2. 海自

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

海自のインド洋での活動終了へ。

時事ドットコム:「終わって安堵」「寂しい」=海自部隊、最後の給油-相手国から「ジャパンコール」
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2010011500847
2010/01/15-19:55

 【補給艦「ましゅう」(アラビア海)時事】新テロ特別措置法の期限切れを迎えた15日、インド洋での各国艦艇への補給支援活動は終結。現地に派遣された海上自衛隊の部隊は最後となる939回目の給油を実施した。約8年間続いた任務の終了を受け、部隊指揮官は「締めくくりとの意識があったので安堵(あんど)している」とする一方、隊員からは「寂しい」との声が漏れた。
 強い日差しが照りつけるインド洋北部のアラビア海。海自の補給艦「ましゅう」(13500トン)は同日午前(日本時間同日午後)、パキスタンの駆逐艦「バブール」と合流した。「洋上給油、給水準備」。艦内に響いた号令を受け、甲板上に整列した隊員約50人が一斉に持ち場へ散った。護衛艦「いかづち」(4550トン)が後方で警戒する中、相手はテンポの速い「君が代」を流しながら、ましゅう右舷側に接近した。
 距離50メートル。並走を始めると、ましゅうからロープが射出。甲板上のタワーからワイヤが張られ、給油ポンプがヘビのように伸びて接続した。パキスタン側の事情で途中何度も給油が中断したものの、2時間余りで作業は終わった。
 前方へ遠ざかるバブール艦上では「ジャパン」コールがわき上がった。ましゅう、いかづちは速度を上げ、バブールの左右を追い抜きざまに10秒間「ブーン」と汽笛を鳴らした。隊員らは手を振り別れを告げた。
 指揮官の酒井良第7護衛隊司令(47)=1等海佐=は「正直ほっとしている」とし、「この活動は終わったが新たな任務があると思っている」と意欲を見せた。派遣任務は5回目となった浪江一己1等海曹(42)は「世界に貢献しているとやりがいを感じ希望して来たので、最後となると寂しい」と話した。

海上自衛隊の皆様には、心からお疲れ様を言いたいです。
日本に帰って来て、ゆっくり休んで英気を養い、また日本の為に活動して頂ければと思います。

鳩山総理は、これを読んでも海自の活動を「無駄」と言って切り捨てるのでしょうか。

繰り返しになりますが、海自の皆様、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。



» 続きを読む

スポンサーサイト

鳩山総理は、やはり「友愛教」の教祖様でした。

前回の投稿で予告した通り「友愛ボート」ネタでいきたいと思います。
前回同様、少々古いネタですが、お付き合い下さい。

鳩山首相アジア政策演説全文<1> : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091115-OYT1T00851.htm
鳩山首相アジア政策演説全文<2> : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091115-OYT1T00854.htm
鳩山首相アジア政策演説全文<3> : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091115-OYT1T00855.htm
2009年11月15日21時36分

衛生面では、日本は来年、自衛艦を「友愛ボート」と名付けて民間人やNGOの人たちも乗せ、太平洋・東南アジア地域で医療活動や文化交流などを行います。これは米国が2007年から行っている「パシフィック・パートナーシップ」への参加となります。米国、豪州、インドネシアなどと共に働き、現地の人々の役に立てることを期待しています。

第四は、「友愛の海」をつくるための協力です。この地域は様々な海でつながり、交易の相当部分も海を通じて行われます。この海を「友愛の海」にすることは、地域全体に平和と繁栄をもたらすことにほかなりません。多国間の共同作業という前提で言うなら、周囲を海で囲まれた海国・日本には、海の平和を守るためのノウハウとアセットがあります。

時事ドットコム:紛争地域に派遣せず=「友愛ボート」構想で首相
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200911/2009111500235
2009/11/15-20:37

【シンガポール時事】鳩山由紀夫首相は15日午後、アジア外交政策に関する講演後の質疑で、紛争や災害の被災者を救援するため、自衛隊艦船を活用して海外で医療活動を行う自らの「友愛ボート」構想について、「平時から活動し、台風や地震などの災害地で救助を行うことが中心になる。紛争地域に乗り込んで医療活動をすることはない」と述べた。
 首相は14日の講演では同構想に関し「紛争があって人の命が危ないとなれば、その船が行って医療などの協力を行う」とも説明していたが、自衛隊の紛争地域派遣は否定した形だ。

防衛省:友愛ボートに海自輸送艦「おおすみ」検討 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091117k0000m010140000c.html
2009年11月17日 2時30分(最終更新 11月17日 4時21分

防衛省は16日、災害地域に自衛艦を派遣して医療活動などを行う「友愛ボート」に、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」(全長178メートル、幅25.8メートル)を活用する検討を始めた。同艦は医療機器などを積み込むスペースが大きく、陸上自衛隊の部隊330人を運ぶ能力を持つ。来年度実施される米国などとの共同訓練に参加後、友愛ボートとして派遣したい考えだ。

シンガポールでの鳩山演説ですが、「友愛ポート」、「友愛の海」関連の記述のみ引用させて頂きました。
他にも東アジア共同体構想など、鳩山総理の妄想の中の「世界」が飛び出していて、大変興味深いものです。

まず「友愛ボート」についてですが、「紛争地域」に行かないということであれば、何故自衛隊を行かせる必要があるのか。
そもそも、NGOとは、「非政府組織:Non-Governmental Organizations」であり、Wikipediaによれば、

NGOの定義
「政府間協定によって成立したものでない国際団体を協議取り決めの対象とし、政府が任命したものを含んだNGOにしても、そのことによって表現の自由が妨げられないことを条件とする。」

とあり、支援活動の際、自衛隊側に指揮権があればその組織自体が"NGO"で無くなってしまう可能性が出てきます。
自衛隊に指揮権が無く、NGOがそれぞれに行動し、事故や事件に巻き込まれて死傷した場合、誰がその責任を取るのでしょうか。

護衛艦に民間人やNGOを載せる場合、自衛隊の軍事機密はちゃんと守られるのでしょうか。もし、NGOや民間人の中にスパイや工作員が居たり、艦内で民間人を人質に要求してきたりしたする事の無いように、民間人やNGOの身辺調査を徹底しなければなりません。
そのためには、身辺調査や事件が起こった際の法整備やマニュアルを用意しなければなりません。

また、鳩山総理は「自衛艦を"紛争地域"には派遣しない。」と発言していますが、"紛争地域"の定義は何なのでしょうか。
民主党が野党だった時代にイラクのサマワへの自衛隊派遣について、「"非戦闘地域"とはどこなのか、現在自衛隊がいる地域が"非戦闘地域"で無くなったら撤収するのか。」等、法案審議後も陸自が撤収するまで国会の内外で与党を追求していましたね。
そんな民主党の方々であれば、"紛争地域"を誰にも分かりやすく納得できる形で説明することなど朝飯前だろうし、国際会議で演説されたからにはもう"紛争地域"の定義について説明をお持ちの筈です。早く説明をして頂きたいものです。

私は、自衛隊を派遣する必要性の説得力の無さ、護衛艦に民間人を乗せる事の危険性から「友愛ボートには反対です。
紛争の危険性の無い被災地へNGOや民間人を送るなら、鳩山政権お得意の「金だけを出すやり方」でやれば良いでしょう。

次に「友愛の海」ついてですが、話が抽象的過ぎて「友愛の海」が何を指すのか全く分かりません。
国際会議で演説するのであれば、自分が作った造語でなく分かりやすい言葉ですべきです。
演説の会場に居た人達や、この演説を読んで「友愛の海」について理解出来た方はぜひ解説して頂ければと思います。

演説全体を通して抽象論に溢れていて、それを実現するための具体的なプロセスや行動が何ら語られていません。
根本的な問題点として、鳩山総理の案を実行するとどんな利点が有るのかすら語られていません。

鳩山総理の演説はもはや政治家のものでは無く、それは思想家や宗教指導者のものです。
私は、国の施政者の長として鳩山総理が今回のような演説を行った事に寒気すら感じています。
私は、鳩山総理が「最高ですか~。」と言ったり、「ポア」と言ったり、「ショーコー、ショーコー」と歌い出したりしても、もう驚きません。

「友愛ボートに乗って、友愛の海に漕ぎ出そう。」



» 続きを読む

関門海峡で起きた海難事故について Vol.02

関門海峡で起きた海難事故について - 木彫りのような何か
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-66.html
この投稿は、上記投稿の続報です。

関門衝突事故 コンテナ船減速せず 貨物船追い越し 誘導と違う航路 / 西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/131539
>関門海峡で海上自衛隊護衛艦「くらま」と韓国籍コンテナ船「カリナ・スター」が衝突、炎上した事故で、コンテナ船が前方の貨物船を左側から追い越すよう関門海峡海上交通センター(北九州市)から誘導を受けた後も、ほとんど減速していなかったことが30日、第7管区海上保安本部(同)の調べで分かった。7管は、コンテナ船が誘導とは違う右側から追い越す航路をとり続け、貨物船と急接近したために左へ急旋回し、衝突につながった可能性があるとみている。

以前の投稿でも取り上げましたが、カリナスターを所有する韓国の海運会社は、「管制室から左を追い越せと指示を受けた」と言っていましたが、結局その助言には従わず、右側を追い抜こうとしていたようです。
この海運会社は、海保から指示を受けたこと、その指示を受けて事故を起こしたかのような二つの嘘の証言をしていたことになります。
この海運会社は被害者面をして、海保に罪を擦り付けようとしていた訳です。
当然、政府はくらまの修理費用、装備品の修理費用をこの海運会社に請求されることと思いますが、

首相「日韓関係に配慮を」 護衛艦衝突事故、防衛相と会談
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091028AT3S2801P28102009.html
>鳩山由紀夫首相は28日、国会内で北沢俊美防衛相と会い、海上自衛隊の護衛艦と韓国船籍のコンテナ船の衝突事故に関する報告を受けた。韓国籍船が海上保安庁の指示に従い航路を変更していたことを踏まえて首相は「日韓関係にいささかでも差し障りがあるようなことにならないようなことが大事だ」と慎重な対応を指示した。

鳩山総理は、事故当時こんな世迷言を言っていたので心配です。
ぜひ、アメリカ政府に物申す時のような毅然とした態度で海運会社に賠償請求すべきです。

関門海峡で起きた海難事故について

最近ますますTV番組の低予算化が目に見えて分かるようになってきましたね。もう放送事業と番組制作を分離して、TV局はスポンサーと製作会社を結びつける役割に徹すれば良いのに。

asahi.com(朝日新聞社):海自護衛艦と貨物船衝突、炎上し3人けが 関門海峡 - 社会
http://www.asahi.com/national/update/1027/TKY200910270381.html
>27日午後7時56分ごろ、本州と九州の境にある関門海峡で、海上自衛隊の護衛艦「くらま」(艦長・柏原正俊1等海佐、5200トン)と韓国のコンテナ船「カリナスター」(7401トン)が衝突。双方が炎上した。防衛省海上幕僚監部によると、「くらま」の3人が負傷した。第7管区海上保安本部が業務上過失往来危険の疑いなどで調べている。

>「カリナスター」の韓国人の船長(44)は朝日新聞の取材に「前を走る船を追い越そうとしたときにぶつかった。前から(護衛艦が)来ているのはわかり、早めにかじを切ったがぶつかった」と話した。

(cache) asahi.com(朝日新聞社):海自護衛艦とコンテナ船が衝突、双方炎上 関門海峡 - 社会
http://s01.megalodon.jp/2009-1027-2206-39/www.asahi.com/national/update/1027/TKY200910270381.html
>カリナスターの韓国人の船長(45)は「前を走っていた船を追い越そうとしたときにぶつかった。前から(自衛隊の護衛艦が)来ているのはわかって、早めにかじを切ったがぶつかった。大きく揺れて、すぐに火が出た」と話した。コンテナを韓国・釜山から大阪に運んでいる途中だったという。

同じ記事の魚拓を見てみますと、27日22:06のものとは微妙に内容が違いますね。これはどうしてなのでしょうか。

Webで面白い画像を見つけたので貼り付けます。

関門海峡付近参考図衝突時イメージ図

上空写真解説図_01上空写真解説図_02

私は、船舶に関して一切知識を持ち合わせておりませんので、これらの図が正しいか判断できません。一つのネタとしてご覧頂ければと思います。

時事ドットコム:海保管制官がコース助言=前方貨物船追い越しで-護衛艦と衝突のコンテナ船に・7管
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009102800891
>海上自衛隊の護衛艦「くらま」と韓国籍のコンテナ船「カリナスター」が関門海峡で衝突、双方が炎上した事故で、海峡を通過する船舶に安全情報を提供する海上保安庁の「関門海峡海上交通センター」(北九州市)の管制官がコンテナ船に対し、前を航行する別の貨物船を左側から追い越すよう助言していたことが28日、分かった。
 助言に法的拘束力はなく、操船は最終的には船長の判断に任されるが、コンテナ船は助言を受け、くらまに接近した可能性がある。第7管区海上保安本部(同市)は、「(助言が)事故原因になった可能性は否定しない」としており、乗組員らから事情を聴くとともに、管制官の対応が適切だったかどうか調べる。
 海保によると、貨物船の速度はコンテナ船の半分の6ノット程度と遅く、コンテナ船が徐々に近づくのを同センターの管制官がレーダー画面で発見。事故約4分前の27日午後7時52分ごろ、貨物船に「後ろから近づく船がある」と注意喚起した。
 これに対し、貨物船は「左舷側を通して(追い越させて)ほしい」と応答。このため、管制官はコンテナ船に「左舷側を追い越して」と助言するとともに、「前方から護衛艦が来ているので注意しなさい」と情報提供したという。(2009/10/28-20:39)

FNNニュース: 護衛艦「くらま」衝突...
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00165588.html
>福岡・北九州市沖の関門海峡で起きた護衛艦とコンテナ船の衝突事故で、コンテナ船を所有する韓国の海運会社は「管制室から左を追い越せと指示を受けた」としているが、海上保安庁は「指示はしない」と会見で説明した。

海保は指示をしない。

時事やFNNの記事にもありますが、基本的に海保は情報提供はするが、指示はしないようです。
韓国の海運会社が意味を取り違えていたか、嘘をついているかでしょう。

いずれにしても、報道機関はどちらか一方が悪いと思わせるような印象操作報道の内容十分注意すべきです。

蛇足ですが、上の時事のリンクですが、Google Newsの28日の21時頃の表示では下記のようなタイトルになっていました。

時事・タイトル

こういった印象操作やミス・リードには注意が必要です。

首相動静(10月27日)(時事通信) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091028-00000011-jij-pol
>午後6時42分、執務室を出てホワイエへ。同43分から同51分まで、報道各社のインタビュー。「内閣総務官室が国会での答弁書をこれまでの慣習で各省庁に作るように指示して、官房長官が文書の撤回を指示したということだが、どう考えるか」に「データの作成のようなことは、これからも官僚の皆さんにお願いすることは当然、許されると思いますが、最終的に政治家としての答弁を極力行ってまいりたいと思っています」。同52分、ホワイエを出て執務室へ。同53分から同7時28分まで、岡田克也外相、小田部陽一外務審議官。
 午後8時41分、執務室を出て、同42分、官邸発。
 午後9時17分、私邸着。
 28日午前0時現在、私邸。来客なし。(了)

事故があった日の首相動静です。19時56分に事故があったのですが、20時42分には官邸を出て、21時17分には私邸に帰っています。
これがもし自民党の総理なら、民主党やマスコミは連日非難を繰り返していたでしょう。少なくとも首相は官邸に残り情報収集に努めるべきでしょう。

web上に画像をアップして下さった方、ありがとうございました。

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。