1. Top » 
  2. 石原伸晃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

マスコミのミス・リードについて

麻生元首相、小沢氏処分は「生き埋め」 また問題発言 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110224/stt11022414300013-n1.htm
2011.2.24 14:29

 自民党の麻生太郎元首相は24日の麻生派総会で、菅直人首相のニュージーランド地震への対応に触れ「日本人が埋まっているとのうわさがある中で救出作業を優先すべきだった」とした上で「民主党の常任幹事会を優先し、党内の一部の人を生き埋めにしようとした」と述べた。

 小沢一郎民主党元代表の処分を地震対応より優先したとの指摘だが、発言は被災者や家族への配慮を欠くと批判を招きそうだ。

自民ダブル問題発言 麻生氏「党内で生き埋め」 石原氏「大崩落」 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110224/stt11022419370017-n1.htm
2011.2.24 19:36

 自民党の麻生太郎元首相は24日、麻生派会合で、菅直人首相のニュージーランド地震への対応に触れ、「日本人が埋まっているとのうわさがある中で救出作業を優先すべきだったのに民主党常任幹事会を優先し、党内の一部の人を生き埋めにしようとした」と語り、小沢一郎元代表の処分を当てこすった。

 また、自民党の石原伸晃幹事長は24日、民主党の松木謙公農水政務官の辞表提出について「菅内閣の大崩落、山が崩れる予兆ではないか。大きな山が崩れるときは小さな意思がころがり落ち大崩落が起こる」と語った。

 麻生、石原両氏は被災者へのお見舞いも述べたが、必死の救出活動の最中だけに「生き埋め」「大崩落」の例えは被災者や家族への配慮を欠いた発言として批判を受けそうだ。

小沢氏は生き埋めみたい…麻生氏また不穏当発言 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110224-OYT1T00888.htm
2011年2月24日21時02分

 自民党の麻生元首相は24日の麻生派総会で、民主党の小沢一郎元代表の党員資格停止処分に関し、「党内の一部の人を生き埋めにしようというみたいな話だ」と述べ、ニュージーランド地震での日本人被災者と、元代表を重ね合わせるかのような発言をした。

 発言は、地震発生当日の22日、首相が元代表の処分を決めた民主党常任幹事会に出席したことを「優先順位の付け方が違う」と批判する文脈だったが、自民党内からも「不謹慎だ」との指摘が出た。

YouTube - 20110224-麻生太郎(為公会例会)
http://www.youtube.com/watch?v=rMPD9HTsMM0
YouTube - 石原幹事長ぶら下がり記者会見~松木政務官辞任について~(2011.2.24)
http://www.youtube.com/watch?v=k-LkG812xeQ

こちらが麻生元総理、石原幹事長の発言ですが、これのどこが問題なのでしょうか。
これらの関係の無い発言を地震と結びつけているのは当のマスコミ自身であり、品性下劣としか言い様がありません。

動画のアップロードが無ければ、こうして実際の発言内容を知る事は出来ませんでしたし、新聞しか情報媒体が無い人は、「また、自民党の議員が問題発言か。」と思っているかも知れません。
以前のエントリーでも「全ての情報に半信半疑であれ」と書きましたが、情報が溢れかえる時代になり、ますます受け手側のリテラシーが必要とされるようになってきました。これからの事についてもそうですが、過去のマスコミの言動についても精査する時期に来ていると思います。



» 続きを読む

スポンサーサイト

菅総理の野党に対案を求める発言について

【菅ぶらさがり】通常国会「野党は反対なら対案を」(24日夕)+(1/2ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110124/plc11012421390166-n1.htm
2011.1.24 21:37

 菅直人首相は24日夕、同日開会した第177通常国会について「国会は議論を交わすところだ。野党も反対するときには対案を出してもらいたい。そういう議論を期待している」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 ぶら下がり取材での詳細なやりとりは以下の通り。

 --今日、首相は施政方針演説の中で、野党側に審議への協力を呼びかけたが、野党は対決姿勢を鮮明にしている。今後、野党とどのように対峙(たいじ)していく考えか

 「まあ、国会というところは、いろいろ議論を交わすところですから。野党の方からも、例えば『これは反対だ』というときには、『いや、それに代わってはこうすべきだ』と。そういう対案を出して、そういう議論にしていきたいなと。そうしてもらいたいなと。こういう風に期待してます」

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

これは、過去何度も書いている事ではありますが、野党の役割というのは決定権者である与党の政策の内容を詳らかにし、問題点を指摘していく事です。その中で修正をし、協力出来るものは協力をしていくというのが野党に与えられた役割です。

つまり、政府・与党が案を出して漸く協議というものができるのです。

その上で、参院野党第1党である自民党の政策について見ていきますと、

YouTube - 石原伸晃幹事長 定例記者会見(2011.1.25)
http://www.youtube.com/watch?v=6cBPzgTQrWI
石原伸晃幹事長記者会見 役員会後[1/25]
http://www.jimin.jp/jimin/kanjicyo/2301/230125.html
平成23年1月25日(火)

-- 菅総理は、自民党が3月中に結論を出すことを前提にして、演説の中で話されましたが、現時点では、そのスケジュールは難しいのですか。
自分たちが3月にやったら良いんじゃないの。そういう風に勝手に言うのなら。民主党が与党、政府なんだから。消費税にしたって、社会保障にしたって、我々はもう案を出しているんですよ。消費税は当面10%、年金は保険方式、2分の1国庫負担。彼らは案が出てないじゃない。自分たちの速度が遅いからと言って、人のことを言う前に、3月中に彼らが出すべきだよ。そこまで言うんだったら。それは政府の責任でしょう。という印象を持ちました。

税制改正についての基本的考え方
http://www.jimin.jp/jimin/seisaku/2010/seisaku-042.html
安心・安全の日本復活 "民主党不況"からの脱却 ―来年度予算と税制に関するわが党の基本方針―
http://www.jimin.jp/jimin/seisaku/2010/seisaku-043.html

石原幹事長の税制の対案について、詳しくはこちらをご覧下さい。

民主党政権の政策の問題点を指摘すると共に、消費税の使途についても明らかにされています。

上記の会見の中で、石原幹事長の

野党というのは、私たち自民党を指しているのか、社民党を指しているのか、公明党を指しているのか、はっきりしてもらわなければ、公党に対する侮辱だと思う。ここのところは、はっきりしてもらわないといけない。

こういった発言がありますが、これは本当にその通りだと思います。

また、以前のエントリーで取り上げた江田法務大臣の

霞が関のほうが民主党のほうには十分な情報を提供していただけていない,そんな中で心眼で見るとこうじゃないかということで作った部分がありますから、

これが野党の現状であるならば、野党に対案を求める事は無意味なのではないでしょうか。
まず、政府・与党が正確な情報で案を練り上げ、国会に提出する事が政権与党のやるべき事だと思います。

それと同時に、これも以前のエントリーで取り上げましたが、民主党が野党時代に適当な理由を付けては審議拒否を繰り返し、碌に国会審議に参加していなかった事も反省されるべきでしょう。
勿論、こういった行動の中で対案が出される事はありませんでした。

政府・与党がその役割を果たさぬまま、野党を非難する事は出来ません。他党を批判する暇があるなら、党を纏めて速く案を出すべきです。


» 続きを読む

自民党・新幹事長、石原伸晃氏の発言について。

自民党新幹部人事を了承 幹事長に石原氏、総務会長に小池氏、石破氏は再任 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100909/stt1009091930008-n1.htm
2010.9.9 19:28

 自民党の谷垣禎一総裁は9日、副総裁に大島理森幹事長(64)、幹事長に石原伸晃組織運動本部長(53)、総務会長に小池百合子広報本部長(58)を充て、石破茂政調会長(53)を再任する新執行部人事を決め、同日夕の臨時総務会で了承された。小池氏は女性として初の党三役となる。国対委員長には逢沢一郎元衆院議院運営委員長(56)が起用された。

 新執行部は臨時総務会後、そろって記者会見した。谷垣氏は「このメンバーで必ず衆院選、統一地方選に勝利し、国民に新しい明日を指し示す」と述べ、早期の衆院解散・総選挙や来春の統一地方選を視野に入れた「選挙シフト」だと強調した。三役を50代で固めた理由に関しては「政権を奪還した暁に必ず自民党を背負ってもらえる明日の次世代のリーダーだ」と述べた。

 今後の党運営については「早期に民主党政権を衆院解散に追い込みたい」と意気込みを示したが、同時に「追い込むにも整合性と良識を持ってやらなくてはいけない。国民生活のため協力すべきところは協力する」とも述べ、個々の政策課題では与党に協力することもあると表明した。

時事ドットコム:「闘う自民党つくる」=自民・石原伸晃幹事長インタビュー
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010091001015
2010/09/10-21:22

 -就任の抱負は。
 組織を野党モデルに変えなきゃいけない。国会が主戦場だ。闘う野党自民党をブラッシュアップする。能力のある中堅に前面に出てもらう。
 -政府・民主党にどう臨むか。
 政策的には菅直人首相に近いが、ばらまきをやる限りはだめだ。小沢一郎前幹事長みたいに、子ども手当を2万6000円にするというのではついていけない。
 -政府が財政支出9150億円の追加経済対策を決定したが。
 みみっちい。この円高局面は、口先介入や一国単独介入では阻止できない。経済対策も、(首相が)小沢さんになるのか菅さんなのか分からないから、予備費の中でしかできない。まさに政治の停滞だ。
 -衆院解散に追い込む戦略は。
 仮に小沢さんが勝てば政治とカネが最大の焦点になる。徹底的にただす。菅さんが続投したら、(臨時国会で)財政規律について本当にやる気があるのか問いただしたい。
 -菅氏が自民党に抱きついてきた場合は。
 (このままでは)財政が発散してしまう。漫然としている余裕はない。その認識を持っているなら抱きつかれてもいい。
 -菅氏が消費税引き上げを決めた場合の対応は。
 その確率は非常に低い。小沢さんは絶対だめだと言っており、そういう人を支持する人が党内に半分いたら、まとめるのはきついのではないか。
 -10月の衆院北海道5区補選をどう戦うか。
 北海道教職員組合の違法献金事件に端を発した補選だ。民主党の一番の暗部である政治とカネの問題を徹底的にただす。来週中に執行部人事を決め、応援態勢を拡充する。
 -大島理森副総裁が今後も党務に影響力を持つのではないか。
 幹事長(の役割)は選挙だ。大島副総裁はもうちょっとハイレベルなのではないか。そこは大島さんも分かっていて、「自分は歩く。現役の水戸黄門だ」と言っていた。

私は、石原氏の「菅総理なら抱き付かれても良い。」という発言は甘過ぎると思います。

現在の民主党のばら撒き政策による財政規律の崩壊は、昨年の衆院選前からずっと自民党が指摘してきた事でしたが、それでも有権者の多くは民主党に投票をしました。また、今年の参院選でも自民党が単独過半数を得るには至らず、民主党の危うさに気付いた人もみんなの党に逃げる事で現実逃避をしています。

未だ多くの有権者は自分達の選択の結果が現在の事態を招いている事を認めようとしていません。内閣支持率が上がったり、「菅、小沢両氏、どちらが首相にふさわしいか?」という質問に対して、菅氏と答えている人が60%を越えている事でも明らかです。
これに対する回答が無回答や分からないといった、どちらも選ばない割合が8割を越え、内閣支持率が1桁台に落ち込む状況になるまで手を貸す必要はありません。

勿論、国会には出て審議に応じるべきですが、野党の役割に徹して、政府・与党の出してきた法案の問題点を微に入り細に入り徹底的に指摘して民主党議員は無能で金輪際選択をしてはいけないのだということを有権者に見せ付けるべきです。

マスコミは最初の内は自民党を非難するでしょうが、団塊より上の世代の生活に直接的に影響してくれば、解散の機運が高まってきます。そうなればマスコミの世論操作も効き目を失います。その時まで自民党は我慢をすべきです。
ここで、民主党に期待の余地を残すと第2、第3の民主党が現れてしまい日本の将来に大きな禍根を残す事になります。有権者の選択ミスはこれが初めてではなく、最近で言えば細川政権の時もあったことを忘れてはならないと思います。

ここで、民主党に手を貸してしまえば、「自民党だって賛成した」と言って有権者に現時逃避の口実を与えてしまう事になりかねません。

自民党は野党であり、政策の決定権が無い事を自覚すべきです。そして、有権者が民主党を選んだ事を重く受け止めるべきです。
例え民主党の政策で日本が滅んだとしても、それは有権者の選択の結果です。

自民党は、次の衆院選で単独過半数をを得る事を最大の目標にして行動すべきです。

» 続きを読む

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。