1. Top » 
  2. GALAPAGOS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

シャープの電子書籍端末「GALAPAGOS」について

ついに到着!!:手元に届いた「GALAPAGOS」を開封した (1/2) - ITmedia eBook USER
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1012/13/news052.html
2010/12/13 14:00 更新

 そんなこんなで届いたGALAPAGOSだが、外箱のサイズは195(幅)×268(奥行き)×73(厚さ)ミリの段ボールで、化粧箱のサイズは 170(幅)×235(奥行き)×50(厚さ)ミリとコンパクトだ。化粧箱はエアキャップで包まれており、梱包(こんぽう)もしっかりとしていた。化粧箱の外にはアフターサービスガイドや「かんたん初期設定ガイド」、無線LANの設定などを訪問サービスで行う「メディアタブレット訪問コンシェルジュ」の案内が付属していた。

 無線LANの接続が無事に終われば、次は端末の登録作業に移る。パッケージに付属した「ユーザーID・パスワード連絡書」を参照しながら、ユーザーIDとパスワードを入力しよう。ユーザーIDはメーカーの決め打ちで変更できないが、メールアドレスやニックネーム、パスワードはストアの「アカウント」にある「基本情報」で設定を変更可能だ。

 現状のGALAPAGOSでは、ユーザーIDに基づいてコンテンツのDRM処理がなされるため、 microSDカードに保存したコンテンツをほかのGALAPAGOSに差し替えて閲覧できない。つまり、自宅の10.8型GALAPAGOSのコンテンツを、もう1台購入した5.5型のGALAPAGOSに移して読むことができないのだ。このあたりの仕様はいかんともしがたく、ユーザーの利便性を考えると、今後の改善を期待したい部分である。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

以前のエントリーでIDとパスワードが紐付きであるかのような書き方をしてしまいましたが、パスワードは変更可能なようです。お詫びして訂正致します。
パスワードが変更可能であったとしても、私の懸念は一向に払拭されるものではありませんが。

DRMの方法などを見てもユーザーの利便性があまり考えられていない端末だという感想です。本来なら端末ではなくコンテンツ側のみに著作権保護の仕組みが備わっている状態が当然だろうと思います。

無線LAN等の有料サポートの案内が添付されているという事は、これらを気にするユーザーは対象ではないのでしょうね。



» 続きを読む

スポンサーサイト

シャープ、電子書籍端末「GALAPAGOS」の発売日と価格を発表

【PC Watch】 シャープ、電子書籍端末「GALAPAGOS」を12月10日に発売 ~実機を写真と動画で紹介
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20101129_410252.html
2010年 11月 29日

 シャープ株式会社は、電子書籍端末「GALAPAGOS」を12月10日に発売する。価格は、画面サイズが5.5型の「EB-W51GJ-R」(本体色:レッド)、「同-S」(シルバー)が39,800円、10.8型の「EBWX1GJ-B」(ブラック)が54,800円。

 GALAPAGOSは無線LAN機能と液晶ディスプレイを搭載した電子書籍端末。電子書籍のフォーマットとしてXMDFをサポートし、ルビや縦書き表示、はみ出しなしの文字サイズ拡大機能を搭載。動画/音声/写真などが埋め込まれたコンテンツの表示もできる。

 いずれもOSはLinuxベース。液晶解像度は5.5型モデルが1,024×600ドット、10.8型が1,366×768ドット。表示色数は65,536色となっている。ボタンは電源キー、ホームキー、バックキーのほか、5.5型ではトラックボールを装備する。インターフェイスとしてIEEE 802.11b/g対応無線LAN、ヘッドフォン出力、USB 2.0を備える。モノラルスピーカーも内蔵する。

 バッテリ駆動時間は、5.5型が約7時間、10.8型が約10.5時間。本体サイズおよび重量は、前者が92×12.9×167mm(幅×奥行き×高さ)/約220g、後者が約177×14.7×286mm(同)/約765g。

 発売と同時に、電子ブックストアサービス「TSUTAYA GALAPAGOS」をスタートする。同サービスはGALAPAGOS上から直接アクセス可能。ビジネスや小説、自己啓発、グルメ/料理、エッセイ、生活/実用に関する書籍を用意。さらに、定期購読可能な新聞や雑誌もラインナップする。

 リリース時点で代表的な書籍の価格は210円~1,470円程度、雑誌は330円~1,200円程度、新聞は525円/月~4,000円/月程度となっている。雑誌によっては定期購読による割引もある。

 また、2011年春を目処に、映像や音楽ゲームなどの配信サービスを予定。XMDF以外の書籍フォーマットにも対応するという。

 ホームメニュー画面は3Dを利用したもので、リッチなUIとなっている。書籍は本棚のように並べられており、ここから選択する。TSUTAYA GALAPAGOSへのアクセスもここから行なう。また、Webブラウザ、ゲームなど「アプリケーション」機能も備えており、簡易なWeb端末として利用することもできる。

 画面はタッチパネルで、マルチタッチに対応し、画面の拡大や縮小をサポート。ページめくりなども直感的に行なえる。書籍を読んでいる最中は画面の明るさの調節、キーワード検索、マーカーなどの機能ができるようになっており、機能としては十分と言えそうだ。

 前述のはみ出しなしの文字サイズ拡大機能は一部のコンテンツにのみ対応。雑誌など、紙面そのままのレイアウトを維持するタイプのコンテンツもある。

 全体的な動きとしては、現状では10.8型よりも5.5型のほうがスムーズに感じられるが、発売までに改善される可能性もある。ただし、いずれも直感的に操作でき、快適に電子書籍を読むことができるだろう。

【大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」】 量販店店頭では購入できない!? 「GALAPAGOS」の思い切った販売戦略
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/gyokai/20101129_410215.html
2010年 11月 29日

 GALAPAGOSの詳細なスペックについては別稿に譲るが、その一方で注目しておきたいのが、GALAPAGOSの販売戦略である。

 実は、GALAPAGOSは、量販店店頭では直接購入できない仕組みを採用しているのだ。12月3日からの予約開始にあわせて、全国の主要量販店には、GALAPAGOSが展示されることにはなる。年内には全国約1,000店舗の量販店にGALAPAGOSが展示される見込みであり、首都圏であれば、ほぼ主要な量販店で、GALAPAGOSを手にとって見ることができる。

 しかし、その場で購入して、持ち帰ることはできない。購入者は、GALAPAGOSの売り場に設置されている購入申し込み用紙に必要事項を記入。そこにクレジットカードでの支払い条件を指定して、シャープに郵送する。シャープから受注完了のメールにより受注が完了。その後、基本的には2日間程度での発送が可能になると見ている。

 購入者は、GALAPAGOSの初期設定、無線LAN設定を行ない、送られたきたユーザーIDとパスワードを入力して、端末を登録する。さらに、ストアを利用するためのクレジットカード登録を行なう。これによって、GALAPAGOSが初めて利用できるようになる。

 一方で、インターネットでの購入も可能だ。郵送よりも、むしろこちらの購入の方が多いかもしれない。

 同社の「シャープメディアタブレットストア」サイトから、購入申し込み手続きをし、そこで同様にクレジットカードによる支払いを設定すれば、あとの流れは購入申込書の郵送パターンと同じだ。

 このように、シャープからの直販に限定したのが、GALAPAGOSの販売モデルということになる。

【PC Watch】 シャープ、作家の平野啓一郎氏を招き「GALAPAGOS」イベントを開催
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20101129_410243.html
2010年 11月 29日

 GALAPAGOS発売日である12月10日に、平野氏の新作「かたちだけの愛」(中央公論新社)が書籍(1,785円)、電子書籍版(1,470円)同時に発売される。今回のイベントはそれに合わせて開催されたもので、平野氏の電子書籍に対する思いなどが語られた。

シャープのメディアタブレット「GALAPAGOS」、12月10日に発売 - ITmedia eBook USER
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1011/29/news035.html
2010/11/29 11:00 更新

 両タイプともLinux(Android)ベースで、8GバイトのmicroSDカードのほか、ACアダプター、USBケーブル、取扱説明書が付属する。本体の付加機能として、Flash Lite4に対応したWebブラウザや、mixiやTwitterの専用アプリ、さらに21種類のゲームがプリインストールされている。また、フォントについては、「LC明朝」「LCゴシック」のほか、「秀英横太明朝」「秀英角ゴシック」が用意されている。

 メディアタブレット自体にはコンテンツを格納するストレージ領域は用意されておらず、購入したコンテンツは、外部メモリとして用意されているmicroSDHC(最大32Gバイト)に保存する。コンテンツは外部メモリの容量が許す限り保存でき、microSDHCを差し替えることで膨大なコンテンツを管理できる。ただし、アクティベーションされたIDと端末がひも付いた管理がなされるので、IDにひも付いていない端末に(別端末でコンテンツを保存した)microSDHCを差し込んでも、読むことはできない。

全ての記事共に抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

一連の記事を読んで感じた事は、「シャープの考えたビジネスモデルからはみ出した利用法は一切許さない。」というシャープ側の明確な意思です。

製品利用開始時のID及びパスワードによる製品登録に始まり、ユーザー側の用意したデータは閲覧出来ないなど、非常にユーザに対する縛りがきついものです。

製品登録に関して言えば、販売形態の特殊性も相まって、住所及び氏名とシャープ側から提供されるID及びパスワード、これらの組み合わせで個人の趣味趣向が容易に把握出来てしまいます。以前のエントリーで紹介した様なプライバシーに関わる問題も内包しています。

また、こういったユーザーに自由度の無いビジネスモデルであるならば、製品の価格はもっと下げなければ、魅力はありませんね。恐らくOSのアップデートやユーザーによるソフトウェアの追加なども出来ないでしょうから尚更です。

折角Androidを搭載していながら、何故これ程までに雁字搦めなのか。日本のメーカーももっと自由度の高い製品を提供して頂きたいものです。





» 続きを読む

シャープ、電子書籍端末「GALAPAGOS」を発表。

シャープ、電子書籍端末「GALAPAGOS」発表 -INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100927_396335.html
2010/9/27 14:11

 シャープは、電子書籍端末とサービスを提供する「GALAPAGOS」を12月より開始する。Android OSを採用した通信対応の専用端末を発売し、同時に新聞、雑誌、書籍など電子書籍コンテンツの提供を3万冊からスタート。変化に敏感に対応していくサービスブランドとして「GALAPAGOS」を展開する。スマートフォンやタブレット型端末に向けても提供される見込み。

 専用端末は5.5インチの液晶ディスプレイを搭載したモバイルタイプと、10.8インチの液晶を搭載したホームタイプをラインナップする。通信機能は無線LAN(IEEE802.11b/g)で、価格や詳細は別途案内される。端末は、ソフトウェアアップデートに対応するほか、コンテンツの定期配信にも対応する。

 主に対応するフォーマットは同社が「次世代XMDF」として開発した新しいXMDFフォーマットで、タッチパネルでの操作や、新聞・雑誌のレイアウトやルビに柔軟に対応できるのが特徴。画像などはそのままに文字サイズのみを大きくしたり、マーカーを引くように印を付けられたり、動画コンテンツを再生できたりといったさまざまな拡張が図られている。

 9月27日に発表された電子書籍端末「GALAPAGOS」は、主にディスプレイサイズの違いでモバイルタイプとホームタイプの2種類がラインナップされている。

 モバイルタイプは、タッチパネル対応の5.5インチ、1024×600ドットの液晶ディスプレイを搭載し、片手でも操作できるように本体前面・下部にトラックボールと2つのボタンを備えている。ボディカラーはレッド系、シルバー系の2色が用意される予定。

 ホームタイプはタッチパネル対応の10.8インチ、1366×800ドットの液晶ディスプレイを搭載しており、前面のボタンを廃したフルタッチ操作の端末となっている。ボディカラーはブラック系となる予定。

 どちらも通信機能として無線LAN(IEEE802.11b/g)をサポート。どちらも上部の額縁部分には通信状態などを示すランプが用意されている。3G通信機能については、「キャリアと相談しながら提供を検討していく」(大畠氏)としている。端末のOSにはAndroidが採用されているが、電子書籍関連のアプリとブラウザのみが提供され、Googleの標準的なアプリやAndroidマーケットなどは利用できない見込み。まずは端末向けサービスと連動するアプリが順次提供される予定となっている。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

こういう機能限定型の端末は、Webブラウズの他にSkypeやTwitter等のオンラインサービスの利用をどれだけやり易くするかに掛かっていて。Androidマーケットに接続できないのであれば、シャープ独自のソフトウェアが必須だろうと思います。
あるいはKindleのようにカラー液晶を捨てて視認性を上げ、電子書籍端末に特化したモデルを出す方が訴求し易いと思います。

端末の価格や重量の他にコンテンツの充実と価格、フォーマットの扱い易さが売れるかどうかの鍵でしょうね。

私は、まだまだ紙媒体の方が一覧性や視認性、眼への負担や取り扱いのし易さ等勝っている部分が多いと思うので買いませんが、今後の市場拡大へ向けて頑張って欲しいと思います。

どうせ多機能化するならWikipedia専用のリーダーソフトウェアも有ると面白いと思いますけどね。





» 続きを読む

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。