1. Top » 
  2. Webサービス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

Googleの検索アルゴリズム変更と情報収集

Google、低品質サイトのランクを下げるアルゴリズム変更、11.8%に影響 -INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110225_429550.html
2011/2/25 18:10

 米Googleは24日、検索アルゴリズムの大幅な変更を行ったことを同社公式ブログで明らかにした。まず米国でのみ行われ、追って他の地域にも展開していく予定だ。

 Googleでは今回のアルゴリズム変更の意図として、低品質サイト(ユーザーにとって価値がほとんどないサイト、他のサイトからコンテンツをコピーしたサイト、役に立たないサイトなど)のランキングを下げ、高品質サイト(リサーチや深いレポート、分析などのオリジナルコンテンツ・情報を掲載しているサイトなど)のランキングを上げるものだと説明している。

 なお、Googleでは先週、ユーザーが検索結果から低品質サイトをブロックできるGoogle Chrome用アドオンをリリース。ユーザーから低品質サイトのデータのフィードバックを受けているが、今回のアルゴリズム変更は、それによるものではないとしている。ただし、アルゴリズムで判定した低品質サイトと、ユーザーからのフィードバックの結果を比較した結果に非常に満足しているという。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

特に取り上げるつもりは無かったのですが、少し書いておきたい事があったので書きます。

低品質サイトのランクを下げてユーザーにとって有益な情報を検索し易くするという事なのですが、誰が低品質かを決めているかと言えばそれはGoogleなのでして、Googleと取って都合の悪い情報が載っているサイトを「低品質」として目に触れさせないようにする事も可能な訳です。

GoogleとTwitter、ネット遮断中のエジプトでのツイートを可能に - ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1102/01/news026.html
2011/02/01 08:55

 米Googleは1月31日(現地時間)、米Twitterおよび先ごろ買収した音声プラットフォームの米SayNowと協力し、ネットが遮断されているエジプトで電話回線を利用してツイートできるようにしたと発表した。

 3つの国際電話番号(米国、イタリア、バーレーン)のいずれかに電話をかけ、ツイートの内容をボイスメールで残すと、ハッシュタグ「#egypt」とボイスメールを再生するSayNowのページへの短縮URLを含むツイートとして投稿される。国際電話がかけられる場所からであれば、世界中どこからでも、Twitterのアカウントを持っていなくても投稿が可能だ。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

以前(今も?)、GoogleやMSは中国で中国政府の情報統制に協力していましたが、一方でこういう事もしています。このGoogleの行動のバックに誰が居るのか、考える必要があると思います。

以前のエントリーでも書きましたが、全ての情報には何らかの形でバイアスが掛かっており、全ての情報に対してニュートラル(半信半疑)であるべきだろうと思います。

インターネットは非常に便利なツールではありますが、過信し過ぎるのも良くないと思います。



» 続きを読む

スポンサーサイト

赤松健氏が「Jコミ」β2第1弾の結果を公表

【凄いお知らせ】 何と、昔の読み切りマンガ作品が、52万5千円に! - (株)Jコミの中の人
http://d.hatena.ne.jp/KenAkamatsu/20110125/p2
2011-01-25

過去のエントリーでも何度か紹介した「Jコミ」ですが、作者に支払われる金額が公表されました。この金額が多いか少ないかは分かりませんが、赤松氏の書き方では予想以上だったのかな。

Jコミ β2第2弾『交通事故鑑定人 環倫一郎』配信開始!
http://www.j-comi.jp/information/detail/22
2011.01.25

お待たせしましたm(_ _)m
『交通事故鑑定人 環倫一郎』配信開始です!

今回一巻、十八巻の巻末には作者の樹崎聖先生による書下ろしが掲載されています!
是非、一巻から順に最後までお楽しみください。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

という事なので、興味があればこちらもご覧下さい。

サーバの維持費が気になるところではありますが、軌道に乗ると良いなと思います。






» 続きを読む

Jコミ、広告付きPDFのベータテスト第2弾の作品を発表

絶版漫画を広告付きで無料配布、赤松健氏の「Jコミ」が1月スタート -INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20101206_412228.html
2010/12/6 18:07

 漫画家の赤松健氏が代表取締役社長を務める株式会社Jコミが6日、都内でサービス開始に向けた記者会見を開催した。Jコミでは、絶版漫画を広告付きで無料配信するサービスを展開。11月26日に開始したベータテストに続き、12月中には第2弾のベータテストとして3作品を公開し、2011年1月10日に正式サービスを開始する予定を明らかにした。

 11月26日に開始したベータテストでは、赤松氏の漫画「ラブひな」全14巻を公開。11月26日の公開初日だけで45万ダウンロード、1週間で170万ダウンロードがあり、広告のクリック率も9%以上に達したという。

 Jコミでは12月中にベータテストの第2弾として、少年漫画から2007年度に週刊少年ジャンプに連載された作品(1作品)、少女漫画から新條まゆ氏の読み切り作品(50ページ)、青年漫画から樹崎聖氏の「交通事故鑑定人 環倫一郎」(全18巻)の3作品を公開する。

 11月のベータテストでは試験のため広告は無償で入れていたが、第2弾のベータテストでは有償広告を漫画に入れ、漫画家に収益を配分。このテストに限り、実際の配分金額についても公開するという。

広告クリック率9%なら、高い方じゃないのかね。広告をクリックすると設定によってはセキュリティ警告が出る割には。

Insight for WebAnalytics: 2009年日本のバナー広告のクリック率は0.09%
http://ibukuro.blogspot.com/2010/05/2009009.html

例えばこちらのPDF(P33参照の事)を見るとWebバナーに比べてJコミのクリック率が相当に高い事が分かります。

最初は、物珍しさも手伝ってクリック率が高いというのもあるでしょうが、この調子で頑張って頂けたらと思います。






» 続きを読む

「Jコミ」にて、「ラブひな」の広告付きPDFのテスト配布を開始

以前のエントリでも紹介した「Jコミ」のサービスがスタートしたのでご紹介します。

★ 『ラブひな』全巻を無料公開しました! - (株)Jコミの中の人
http://d.hatena.ne.jp/KenAkamatsu/20101126/p1

いよいよ、βテストが開始されました!

広告が6枚入った『ラブひな』の1巻~14巻が、以下のサイトで無料でダウンロードできます!

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

という事で、ダウンロードしてみました。

広告付きPDF「ラブひな」1巻より引用

こちらは、PDF-XChange Viewerで「ラブひな」1巻を開いている時のスクリーンショットですが、私はこれぐらいの広告であれば気にならないし、全然問題有りませんね。

ただ、PDF-XChange Viewerで「見開き」で開くと左開き(新しいページが左側に来てしまう)の為、非常に見づらいです。設定等も探しましたが見当たりませんでした。他のPDFリーダーでは設定が有るのかも知れませんが。

前にも書きましたが、ビジネスとして成立する様に頑張って頂きたいと思います。これが成功すれば、他の電子書籍でも同様のスタイルで展開するところが出て来る可能性も有りますので。






» 続きを読む

「ラブひな」の原作者赤松健氏、「Jコミ」にて絶版漫画の広告付きPDFの配布するサービスを開始

赤松健氏、絶版漫画を広告付き電子書籍で無料配信する「Jコミ」設立 -INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20101117_407499.html
2010/11/17 18:29

 漫画家の赤松健氏が、絶版漫画を広告付きで無料配信するサービスを開始するため「株式会社Jコミ」を設立。11月26日にベータ版サイトを公開し、赤松氏の漫画「ラブひな」のダウンロード実験を開始すると発表した。

 「Jコミ」では、絶版になっている漫画に広告を入れ、PDF形式でインターネットで無料配布する。PDFファイルにはDRMをかけずに配布し、広告料を作者に還元する。

 サービスの正式公開は2011年1月10日の予定。ベータテストとして11月26日から赤松氏の漫画「ラブひな」1~14巻を無料公開し、ダウンロード数と広告クリック数の調査を行う。開設された公式ブログでは、赤松氏が企画意図や仕組みを解説している。

これは面白い試みですね。

古書店で本が売れても原作者や著作権者にお金が入ってくる訳では無いので、新しい手法で少しでも還元しようというのは良いと思います。

ビジネスとしてちゃんと成立すると良いなあ。






» 続きを読む

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。