1. Top » 
  2. PC・ハードウェア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

Windows 7 搭載携帯電話 F-07C について Vol.02

【PC Watch】 富士通、世界最小のWindows 7ケータイ「F-07C」発表会
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110526_448585.html
2011年 5月 26日

 搭載するCPUだが、富士通の説明員によれば、最新のプロセスを採用したAtomで、まだ市場には出回っていないものとなる。クロックは1.2GHzだが、低電力を実現する半分の600MHzに制限されている。また、Windows 7のデバイスマネージャー上からは、コンパニオンチップセットとして「Intel SM35 Express」、ディスプレイ アダプターとして「Intel Graphics Media Accelerator 600」の存在が確認できた。以上のことから、Lincroftのコードネームで呼ばれていたAtom Z650を搭載しているとみられる。

 キーボードはQWERTY配列で、右側にトラックボールを内蔵する。マウスの左クリックはボールを押し込むか、キーボード右上のボタンでも操作できる。キーボードはバックライト付きで、暗いところでも操作できるようになっている。

 ハンズオンで試用したモデルは試作機であり、あくまでも参考としてまでだが、実際の操作感はネットブックよりやや遅い程度であり、Word 2010やInternet Explorer 9の初回起動は10秒~20秒待たされる感じだった。とはいえ、限られたスペックの中でフルのWindowsが動いていると思えば十分に使える印象だ。Windowsエクスペリエンスインデックスも計測してみたが、プロセッサが1.1、メモリ(RAM)が2.6、グラフィックスが2.9、ゲーム用グラフィックスが2.4、プライマリ ハード ディスクが4.6であった。

富士通、Windowsケータイ「F-07C」をアピール - ケータイ Watch
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110526_448566.html
2011/5/26 14:34

 ただし、Windows 7とiモードは基本的にデータ共有のみで、プロセッサもそれぞれ異なる。互換性を優先したため、一部の機能は一方のプラットフォームからは利用できない仕様となっている。富士通の執行役員常務の大谷信雄氏は、「連携をとろうとするほど複雑になるため、割り切ったところもある。結果的に、使い勝手がよいのではないか」と話していた。

 また「F-07C」は、Windowsベースの業務アプリなどを採用する企業向けの法人用途も想定されている。現状では端末の遠隔ロックといった機能はiモード側のみ対応する仕様だが、Windows環境については今後サポートを検討しているという。

両記事共。抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

ヘンタイ?、ヘンタイぢゃない?:「Window 7ケータイ F-07C」のWindowsエクスペリエンスインデックスを測定 - ITmedia +D PC USER
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1105/26/news044.html
動画でも解説:"DOS/V"襲来以来の変革期が訪れたと思っている──富士通、「Windows 7ケータイ」開発意図を説明 (1/2) - ITmedia +D PC USER
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1105/26/news096.html

こちらの記事も合わせてご覧下さい。

この製品は以前のエントリーでも取り上げましたが、だんだんと詳細が分かってきましたね。

リンク先に動画がありますが、Windowsと携帯のOSとの切り替えに約5秒、Office 2010の起動に約20秒掛かっています。
Windows 7搭載のネットブックを持っていませんので、それと比べてどの程度のなのかは分かりませんが、思った通りあまり期待しない方が良いかも知れませんね。

少し情報が古いですが、初期のネットブックにWindows 7をインストールした場合については、こちらこちらのエントリーも参考にしてみて下さい。

» 続きを読む

スポンサーサイト

14型液晶を2画面タッチパネルノートPC、「ICONIA-F54W」について

【PC Watch】 日本エイサー、デュアル液晶ノート「ICONIA」を5月25日発売
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110523_447811.html

 日本エイサー株式会社は、キーボードをなくし、2つの液晶ディスプレイを装備したノートPC「ICONIA-F54W」を5月25日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は15万円前後。

 14型液晶を2台搭載したノートPC。タッチセンサーを内蔵し、指で操作できるほか、下側の液晶にタッチパッド付きソフトウェアキーボードを表示し、各種入力を行なうことも可能。また、独自のメディアビューワソフトにより、下画面にサムネールを表示し、上画面に静止画や動画をフルスクリーン表示するといった使い方もできる。2010年12月に行なわれた発表会では2011年2月以降の発売となっていたが、5月25日で決定した。

 主な仕様は、Core i5-480M(2.66GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、HDD 640GB、1,366×768ドット表示対応14型液晶×2、Intel HM55 Expressチップセット、Windows 7 Home Premium(64bit)を搭載。

 インターフェイスは、USB 3.0、USB 2.0×2、HDMI出力、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Gigabit Ethernet、Bluetooth 3.0+HS、130万画素Webカメラ、音声入出力を装備。

 バッテリは4セルリチウムポリマーで、駆動時間は約3時間。本体サイズは約347×248.5×19~31.9mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.8kg。

YouTube - ?Acer Iconia 6120 Dual Touchscreen Laptop Review??
http://www.youtube.com/watch?v=2u5or2jJn08

動画はこちら。

「Iconia 6120」2画面タッチブックの仕様・画像まとめ【Acer】 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2130275206878830301

こちらのページに大体の仕様がまとめられています。

試用レポート: エイサー 2画面タッチノートPC ICONIA-F54 | ジョーシン
http://joshinweb.jp/pc/iconiaf54.html?ACK=REP&CKV=110525

こちらにレビューがありました。型番の末尾が違いますが、仕様のどこに違いがあるのか分かりません。

2画面タッチパネルPCというと過去のエントリーで紹介した「libretto W100」や「LifeTouch W」等がありました。何れもモバイル端末であり、「ICONIA-F54W」のようなA4ノートサイズでWindowsを過不足無く動かせるようなスペックではありませんでした。

上記の動画見ても一番気になるタッチパネルの反応は分かりませんが、大体の大きさやレスポンスは把握出来ると思います。

個人的に画面の大きさは魅力的ですが、W100と比べても劇的にソフトウェアの起動が速いとも思えませんし、ちょっと期待外れでした。

店頭に製品が展示されたら、触ってみたいと思います。

海外では、「Iconia 6120」という製品名で発売されていますので、検索をすればレビューが出て来ます。


» 続きを読む

2画面のAndroid端末「LifeTouch W」について

電子書籍・教育サービス向け端末として展開:NEC、2画面仕様のAndroidブック端末「LifeTouch W」を製品化 - ITmedia +D PC USER
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1105/19/news044.html
2011/05/19 12:31 更新

 LifeTouch Wは、7型のタッチパネル付き液晶ディスプレイを2枚配置し、文庫本を開くように使用するブックスタイルの採用を特徴とする。NECは主に企業向けの製品として展開し、電子書籍や新聞・出版サービス向けの閲覧用端末として、流通や小売業、医療、製造分野などでの書類表示や在庫管理・発注業務として、教育機関での学習端末としてなどの利用を想定する。2010年12月にNECビッグローブが始めた「Smartia」のように、納入先企業のブランド・サービスで個人向けに発売されるシーンも考えられる。

 主な仕様は、OSにAndroid 2.2を採用、800×600ドット表示対応で抵抗膜タッチパネル付きの液晶ディスプレイ×2、CPUはARM Cortex A8、メインメモリは1Gバイト。通信機能はIEEEE802.11b/g準拠の無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR(対応プロファイル:OPP、HSP、A2DP、AVRCP)。有効300万画素のAF付きカメラ、SDHC対応フルサイズSDメモリーカードスロット、USB 2.0(Standard-A、ホスト機能付き)×1、USB 2.0(Micro-B)×1、モノラルスピーカー、GPS/加速度/地磁気/輝度調整の各種センサーなどを搭載する。

 本体サイズは135(幅)×208(高さ)×23(厚さ)ミリ、重量は約530グラム。バッテリー動作時間は無線LAN接続のWebサイト閲覧時で約5時間とする。

 AndroidマーケットやGmail、YouTube、GoogleマップなどGoogle標準のほか、2画面での利用に工夫を取り入れた2画面ブラウザ、手書き文字認識エンジン「楽ひら」、日本語入力システム「iWnn」などのアプリケーションを実装する。このほか、提供企業での業務や顧客サービス内容に応じた機器のカスタマイズや専用アプリケーションの開発、ソフトウェアベンダに対しても開発環境を提供する。

 2011年5月25日開催の「ワイヤレスジャパン2011」で展示・公開する。

写真と動画で見る「LifeTouch W」 - ITmedia +D PC USER
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1102/15/news146.html

【PC Watch】 NEC、2画面で折りたためる企業向けAndroid端末「LifeTouch W」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110519_446819.html
2011年 5月 19日

 NECは、2画面で本のように折りたたみ可能なAndroid 2.2搭載端末「LifeTouch W」を、企業向けに6月より出荷開始する。

LifeTouch W は、以前のエントリーでも取り上げましたが、出荷が決まったようです。

一般に販売されないようですし、画面解像度も低く、全体的に性能は低めのようですね。
価格は掲載されていませんが、いくらぐらいになるのでしょうか。

個人的には、あまり興味をそそられる製品ではありませんね。



» 続きを読む

Windows 7 搭載携帯電話 F-07C について

Windows 7とiモードの1台2役を実現したLOOX「F-07C」 - ケータイ Watch
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110516_445111.html
2011/5/16 12:58

 「F-07C」は、パソコン向けOS「Windows 7」を搭載した富士通製のiモード端末。富士通のモバイル向けパソコン「LOOX」シリーズの端末となる。発売時期は6月~7月の予定。

「超ちっこい7搭載PC(ケータイ機能もあるよ)」というところがいいですよ:LOOX Uを超えたケータイサイズの新LOOX──"PC"として写真と動画で見る「Windows 7ケータイ F-07C」 (1/2) - ITmedia +D PC USER
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1105/17/news023.html
AndroidでもWindows Phoneでもないんです:写真で解説する「Windows 7ケータイ F-07C」(外観編) - ITmedia +D モバイル
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1105/19/news123.html
【PC Watch】 NTTドコモ、スマートフォン9機種を発表 ~Windows 7が利用できるフィーチャーフォンも
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110516_446062.html
GALAXY S IIとXperia acroも登場:Android 2.3、テザリング、Xiルーター、Windows 7ケータイ――ドコモ、2011年夏モデル24機種を発表 - ITmedia +D モバイル
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1105/16/news048.html

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

気になった点を挙げていきますと、

  • Windows 7 モードでのバッテリー駆動時間が2時間と短い。
  • iモードOSとWindows 7でそれぞれ利用出来る機能が制限及び限定されている。
  • CPUにAtomの600MHz、メモリ1GBという性能でWindows 7が動くのか。

余程のガジェット好きで、Windows 7 はおまけ程度と考えられる人でないと厳しいと思います。ただ、フルのWindows搭載マシンとしては最小・最軽量だと思うので、その点をどう評価するかが分かれ目になると思います。

念のために書いておきますが、これは「Windows Phone」ではありません。

非常に面白い試みだとは思うので、富士通にはこれで終わらず、しばらく続けて欲しいと思います。

» 続きを読む

EeeKeyboard PC について

【PC Watch】 ASUSTeK、PCを内蔵したキーボード「EeeKeyboard PC」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110302_430605.html
2011年 3月 2日

 ASUSTeK Computerは2日、PCを内蔵したキーボード「EeeKeyboard PC」を、オンラインショップ「ASUS Shop」にて数量限定で発売した。価格は59,800円。

 キーボード内部にPC機能を内蔵した製品。本体サイズは425×145×10~24mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.1kgと、薄型軽量でありながらバッテリを内蔵し、最長約4.2時間の駆動が可能。Broadcom製のHD動画デコーダ「BCM70010+70012」を搭載し、HD動画をスムーズに再生できる。

 また、UWB(Ultra Wide Band)アダプタが同梱される。UWBアダプタを利用してHDMI対応TVに画面を映し出し、ソファに座りながら、Webブラウジングや動画鑑賞をすべて無線で利用するなど、リビングでの利用を想定している。

 本体の右側に搭載された480×800ドット表示対応の5型タッチパネル付き液晶ディスプレイは、通常はWindowsのデスクトップを表示する。一方、外部ディスプレイ表示に切り替わった際はマルチタッチ対応のドラッグパッドとして機能する。アプリケーションのランチャーや音楽再生時のコントローラとしても利用できる。

 主な仕様は、CPUにAtom N270(1.60GHz)、メモリ1GB、Intel 945GSE Expressチップセット(ビデオ機能内蔵)、32GB SSD、OSにWindows XP Home Editionなどを搭載する。

 インターフェイスは、USB 2.0×3、HDMI、ミニD-Sub15ピン、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、UWB、音声入出力などを備える。

究極の省スペースPC?「EeeKeyboard PC」が発売に普通のキーボードにPC+液晶が一体化、ワイヤレスHDMIも
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20101023/etc_asus.html

動画と画像がこちらに複数あります。

非常に面白い製品ですね。

メモリはオンボードなので換装出来ません。その為メモリの消費を抑える為の工夫が必要になるかも知れません。

私としては、デュアルコアのCPUぐらいは、後発のメリットとして積んでくれていても良かったのではと思います。

少し登場が遅すぎた感がありますが、以前のエントリーで紹介したiPad 2よりは興味を引かれます。



» 続きを読む

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。