1. Top » 
  2. 2010年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

鳩山総理の総理辞任と小沢幹事長の幹事長辞任

時事ドットコム:鳩山首相退陣表明の要旨
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010060200460
2010/06/02-12:56

 鳩山由紀夫首相が2日午前、民主党の両院議員総会で行った退陣表明の要旨は次の通り。
 【政権運営】
 日本の政治の歴史は大きく変わった。国民の判断は決して間違っていなかったと今でも確信している。官僚任せではない、政治主導、国民が主役の政治をつくろうと思いながら今日まで頑張ってきたつもりだ。さまざまな変化が国民の暮らしの中に起きている。これからもっともっと、人の命を大切にする政治を進めていかなければならない。
 ただ、残念なことに、政権与党のしっかりとした仕事が、必ずしも国民の心に映っていない。国民が徐々に聞く耳を持たなくなってきてしまった。私の不徳の致すところだと思っている。
 【普天間移設】
 沖縄の皆さんにも、徳之島の皆さんにも迷惑を掛けている。結果として県外(移設)にはなかなか届かなかった。これからも、県外にできる限り移すように努力していくことは言うまでもない。一方で、北朝鮮が韓国の哨戒艇を魚雷で沈没させる事案も起きている。日米が信頼関係を保つことが、日本だけではなく、東アジアの平和と安定のために不可欠という思いの下で、残念ながら沖縄に負担をお願いをせざるを得なくなった。
 【社民党】
 社民党に政権離脱という厳しい思いを与えてしまったことは残念でならない。社民党より日米を重視した、けしからんという気持ちも分からないでもない。
 日本の平和を日本人自身でつくり上げていく時を、いつかは求めねばならないと思っている。だから、鳩山が何としても、少しでも(米軍基地を)県外にと思ってきた思いを理解してほしい。しかし、社民党を政権離脱という大変厳しい道に追い込んでしまった責任は取らなければならない。
 【政治とカネ】
 私が自民党を飛び出して新党さきがけ、さらには民主党をつくり上げてきたのも、何としてもクリーンな政治を取り戻そうとの思いだった。それが結果として、自分自身が政治資金規正法違反の元秘書を抱えていたなどと、全く想像していなかった。政治とカネに決別する民主党を取り戻したい。
 このことで、私自身も職を引かせてもらうことになるが、小沢一郎幹事長にも政治資金規正法の議論があった。2度ほど幹事長と相談し、「私も引く。幹事長も恐縮だが引いてほしい」と申し上げた。幹事長も「分かった」と言った。(政治とカネの問題に対し)その責めを果たさなければならない。小林千代美衆院議員にも、その責めをぜひ負ってほしい。民主党を再生させていくために、とことんクリーンな民主党に戻そうではないか。そうなれば国民が新たな民主党に対し、聞く耳を持ってくれるようになると確信している。

【鳩山発言詳報】(1)「国民が聞く耳持たなくなった」 (1/3ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100602/stt1006021147012-n1.htm
2010.6.2 11:45

発言詳細はこちら。

【首相辞任】小沢氏会見「来週から新政権」「皆さんと会うのもこれが最後」 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100602/stt1006021254021-n1.htm
2010.6.2 12:53

 民主党の小沢一郎幹事長は2日午後、鳩山由紀夫首相の退陣表明について、国会内で記者団に対し「幹事長は首相を補佐する役割なので、任期半ばでこのようなことになり、大変残念で、補佐の役目を十分果たし得なかったと反省している」と語った。首相から小沢氏の辞任も求められたことについては「お互いにきちんと一致したということだ」と述べた。

 さらに「野党の時と違って、政権与党だから、政治空白を作るわけにはいかない。できるだけ早く、次のリーダーと党の体制を作らなくてはいけないと、皆さんの意見が一致した。来週から新政権で動き出せるように」と強調した。

 鳩山、小沢両氏の辞任が夏の参院選に与える影響については「私はもう、皆さん(記者団)と会うのももうこれが最後ですから。私が答える立場にはない。新しい幹事長に聞いてください」と語った。

 後継代表についても問われたが、「私は残務の仕事をするだけだ。代表選の仕事を私はしている。その類の質問に答える立場にない」と述べるにとどめた。さらに「あとは新体制をその立場の人(次期代表)が判断する」と語った。

 野党時代の民主党が、自民党政権の1年ごとの首相交代の際に、衆院解散総選挙を要求していたことから、今回も解散すべきと考えているかを問われ、「私はもう幹事長ではないから、代表が辞任すれば全員、役職もなにもない」とした。

【小沢ぶら下がり詳報】「補佐できず残念」 (1/2ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100602/stt1006021714029-n1.htm
2010.6.2 17:10

会見詳細はこちら。

時事ドットコム:鳩山政権の歩み
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010060200274
2010/06/02-10:46

【2009年9月】
16日 民主、社民、国民新3党連立の鳩山内閣発足
22日 首相ニューヨーク入り。「温室効果ガス1990年比25%削減」を表明
【10月】
16日 09年度補正予算、2.9兆円執行停止を閣議決定
21日 日本郵政新社長に斎藤次郎元大蔵次官起用を内定
25日 参院神奈川、静岡両補選で民主候補勝利
【11月】
11日 「事業仕分け」作業スタート
13日 オバマ米大統領初来日。日米首脳会談で首相が米軍普天間飛行場移設問題について「トラスト・ミー(私を信じてほしい)」と発言
【12月】
 3日 福島瑞穂社民党党首、普天間問題が現行計画で決着の場合は「重大な決意」と連立離脱を示唆
 8日 7.2兆円規模の追加経済対策決定
15日 普天間問題、06年に日米合意した移設案の白紙を決定。3党で協議していくことを確認
21日 ガソリン税などの暫定税率水準維持決定
24日 首相の資金管理団体をめぐる偽装献金事件で、東京地検が元公設秘書を在宅起訴
25日 首相が記者会見で、普天間問題の「5月決着」を表明
【10年1月】
 6日 藤井裕久財務相辞任、後任に菅直人副総理
15日 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件で石川知裕衆院議員ら逮捕
16日 新テロ対策特措法が期限切れ。海自、インド洋から撤収
24日 沖縄県名護市長選。普天間移設受け入れ反対派の稲嶺進氏当選
29日 首相が通常国会で施政方針演説
【2月】
 4日 「陸山会」事件で石川議員ら起訴。小沢氏は不起訴
10日 枝野幸男氏が行政刷新担当相就任
21日 長崎知事選で与党3党推薦候補が敗北
【3月】
 1日 小林千代美民主党衆院議員の選挙資金をめぐり、北教組幹部ら逮捕
 8日 社民、国民新両党、沖縄基地問題検討委に普天間の移設案提示
 9日 日米間の「密約」をめぐり、有識者委が外相に報告書提出
24日 10年度予算成立26日 子ども手当法成立
31日 高校授業料無償化法成立
    首相、党首討論で普天間問題の「腹案を用意している」と表明
【4月】
12日 ワシントンで日米首脳が非公式会談。首相、普天間問題を「5月末までに決着」と伝達
23日 首相、参院本会議で普天間問題に「職を賭す」と明言
25日 普天間の県外・国外移設を求める沖縄県民大会
27日 東京第5検察審査会が小沢氏の「起訴相当」を議決
【5月】
 4日 首相、就任後初の沖縄県訪問。仲井真弘多知事、稲嶺市長に「普天間の県外移設は困難」と伝達
 7日 首相、徳之島3町長らと会談。普天間の基地機能の一部移転に協力要請
21日 東京地検、小沢氏を再び不起訴処分に
23日 首相、沖縄県再訪。仲井真知事らに普天間の名護市辺野古周辺への移設を表明
28日 日米両政府、普天間移設で「辺野古」明記の共同声明発表。政府、対処方針を閣議決定
    首相、閣議で署名を拒んだ福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)を罷免
30日 社民党、連立政権離脱を決定31日 郵政改革法案、衆院通過
【6月】
 1日 子ども手当支給開始
 2日 民主党両院議員総会で首相が退陣表明
 (注)日付は現地時間

hatoyama_seiken_ayumi_jiji.txt

【記事一覧】鳩山首相が辞任 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100602/stt1006021056001-n1.htm

鳩山総理の発言は、全ての問題に関して自分の責任とは考えず、理解をしない有権者や周りの人間が悪いと言っているようにしか聞こえませんね。
特に政治資金の問題や米軍基地移設問題では、総理ご自身が当事者でもあり、責任が一番重い筈なのですが。

asahi.com(朝日新聞社):民主・鳩山代表「総理大臣終えた後は政界引退を」 - 2009総選挙
http://www2.asahi.com/senkyo2009/news/TKY200907260184.html
2009年7月26日20時46分

 民主党の鳩山代表は26日、新潟県新発田市での講演で「総理大臣を終えた後、政界に残っちゃいけない」と語り、首相は退任したら政界を引退すべきだとの考えを示した。鳩山氏はその後、記者団から「自身も首相になって退任したら、次の選挙に立候補しないのか」と問われたのに対し、「基本的にそのように考えている」と答えた。

 講演で鳩山氏は、自民党の森、安倍両元首相を念頭に「政治家たるもの影響力を残したい、という方が結構おられる。総理大臣まで極めた人がその後、影響力を行使することが政治の混乱を招いているんじゃないか」と語った。

鳩山総理、過去に「選挙前に首をすげかえる 国民の目をくらますような戦法をとるのはやめるべき」と発言

こういった発言をされているようなので、今回の選挙を約1ヶ月後に控えての解散総選挙ではない総理辞任と自らの議員辞書、これについてもぜひ説明頂きたいと思います。
当然鳩山総理なら今すぐにでも議員辞職をして頂けるものと信じています。

次に小沢(前?)幹事長の発言ですが、質問をさせないために答える立場に無い事を強調して質問を封殺していますね。無責任と言わざるを得ません。

鳩山総理は、「鳩山システム」が使えなくなり、小沢幹事長は無役になることを宣言された訳ですから、両氏の政治資金の問題と、以前告発を受けていた鳩山総理の公職選挙法違反の問題について検察は捜査を開始して頂きたいと思います。

鳩山首相を告発か!すぎやまこういち氏を含む3000人の署名提出へ ? ロケットニュース24(β)
http://rocketnews24.com/?p=34699

鳩山総理の告発に関しての記事はこちら。

今、小沢幹事長は総理候補の議員を呼びつけて、次の操り人形選定の真っ最中かな。





» 続きを読む

スポンサーサイト

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。