1. Top » 
  2. 2010年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ヘッドライン(10/06/20-10/06/26)

2010年6月20日から6月26日分です。

リンク先の内容について一切の責任を持ちません。
バイアスの掛かった記事やデマも有りますので、注意して下さい。

「ヘッドライン」カテゴリについては、「ネタ帳の公開」以上の意味を持たせていませんのでご了承下さい。

リンクチェックはしておりませんので、ご了承下さい。
記事の被りや既に取り上げた記事についても、削除はしていません。

» 続きを読む

スポンサーサイト

avast!が5.0.590にバージョンアップ

*** INTRODUCING: New pre-release build of avast [NOW 5.0.590] ***
http://forum.avast.com/index.php?topic=61045.0

How to install it
Just run the setup executable (links above). You can either install it from scratch, or on top of an existing avast installation (installing over both 5.0.xxx or 4.8.yyy should be fine). Users from the previous beta build (5.0.584) can update directly by using the built-in Program update feature. A reboot will be required to complete the installation.

Also, if you're already using the previous beta build 5.0.492 or 499, you can go to 5.0.504 by simply invoking the program update feature from within the avast GUI.

What's new
Most notable improvements include:
- improved interaction with Windows System Restore; namely, avast now auto-repairs itself when it detects a corrupted VPS due to a System Restore (or other reasons)
- aswSP.sys: solved a minor stability issue
- solved a problem related to inserting of the license files
- added the activation codes feature
- improvements in the avast! sandbox
- solved a problem when avast was continuously slowing down (especially in conjunction with the screensaver)
- performance improvements in the Behavior Shield
- avast Screen saver now accessible even in 64-bit Windows Vista
- stability improvement in aswTdi.sys (solved a compatibility problem with AVG)
- IS firewall: solved a potential BSOD condition
- various improvements in the avast! sandbox module
- minor fixes in the GUI
- added Catalan and Belarusian language packs

And new in v5.0.590:
- solved intermittent hangs during full scan
- added more logging in the service (should be useful to debug potential service crash issues)
- added Romanian language pack (still incomplete)

大きなバグフィックスとして、PC起動時にサービスが開始されない問題の修正があるようです。
幸い、私の環境では問題は起きていませんが、5.0.584にて症状が起きている方はアップデートをして下さい。

5.0.584をお使いの方は、タスクトレイアイコンの「更新」→「プログラム」よりアップデートできます。

5.0.590はベータ版です。ベータ版ということをご理解頂ける方のみインストールして下さい。



» 続きを読む

小沢氏側、検察審査会に意見書提出へ。

各政党の参院選マニフェストのリンクはこちらにあります。

asahi.com(朝日新聞社):小沢氏側、検察審に書面提出へ 「共謀認定可能」に反論 - 社会
http://www.asahi.com/national/update/0625/TKY201006240573.html
2010年6月25日9時5分

 小沢一郎・前民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引事件で、小沢氏を起訴すべきかどうか2回目の審査をする東京第五検察審査会に対し、小沢氏側が意見をまとめた書面を近く提出することが分かった。審査会が1回目の審査で「元秘書との共謀の認定は可能」と議決したことに反論し、幹事長を辞職したことにも配慮を求める内容という。

 書面で小沢氏は「政治資金収支報告書を提出する際に秘書が虚偽記載することは承知していない」と反論。小沢氏への報告をめぐる元秘書の供述の弱さや、土地購入原資にゼネコンからの裏金が含まれるという東京地検特捜部の見立ては誤りだと指摘する。

 ただ、検察審査会法には被告発人や被疑者の立場にある人が、上申書や意見書を提出できるとする規定はなく、審査に反映するかどうかは、審査会の判断に委ねられる。

 小沢氏の政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑について審査会は4月末に「起訴相当」と議決した。特捜部は5月に再び不起訴としたが、2回目の審査で「起訴議決」をすれば強制的に起訴される。

「幹事長辞職」という政治的責任と政治資金規正法違反という刑事事件の責任は何の関係性もありません。
この1点だけでも政治資金の透明性を確保するという政治資金規正法の目的を分かっていない事、詭弁を弄して検察審査会の判断を狂わせようとしていることが分かります。

この主張が許されるのであれば、当初は出席に前向きだった政治倫理審査会や証人喚問に応じる等の、当然果たされるべき有権者への説明責任が果たされていない事も審査会の判断材料にされなければなりません。

小沢氏は主張したい事があるなら、裁判という公の場で主張されれば良いと思います。「幹事長辞任」の事実で情状酌量を求める事も含めてね。

別件ですが、菅総理と民主党代表を争った樽床議員も事務所費の問題があったようです。

時事ドットコム:民主の樽床国対委員長が資産訂正
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010062401026
2010/06/24-18:51

 民主党の樽床伸二国対委員長は24日、2010年2月と04年4月にそれぞれ公開した資産報告書の訂正を衆院事務局に届け出た。貸付金について、それぞれ「0円」から「1000万円」に訂正した。同氏の事務所は「事務的な記載ミス」と説明している。

これらの問題も、荒井国家戦略担当大臣や、村田(蓮舫)行政刷新担当大臣の問題同様、マスコミが大きく取り上げないのは確実です。

YouTube - 辛坊治郎が偏向報道を宣言?!
http://www.youtube.com/watch?v=vtgL6iuOvLo

この動画を見れば、マスコミの報道スタンスや放送法を守る気が無いのをご理解頂けると思います。



» 続きを読む

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。