1. Top » 
  2. 2011年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

マスコミのミス・リードについて

麻生元首相、小沢氏処分は「生き埋め」 また問題発言 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110224/stt11022414300013-n1.htm
2011.2.24 14:29

 自民党の麻生太郎元首相は24日の麻生派総会で、菅直人首相のニュージーランド地震への対応に触れ「日本人が埋まっているとのうわさがある中で救出作業を優先すべきだった」とした上で「民主党の常任幹事会を優先し、党内の一部の人を生き埋めにしようとした」と述べた。

 小沢一郎民主党元代表の処分を地震対応より優先したとの指摘だが、発言は被災者や家族への配慮を欠くと批判を招きそうだ。

自民ダブル問題発言 麻生氏「党内で生き埋め」 石原氏「大崩落」 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110224/stt11022419370017-n1.htm
2011.2.24 19:36

 自民党の麻生太郎元首相は24日、麻生派会合で、菅直人首相のニュージーランド地震への対応に触れ、「日本人が埋まっているとのうわさがある中で救出作業を優先すべきだったのに民主党常任幹事会を優先し、党内の一部の人を生き埋めにしようとした」と語り、小沢一郎元代表の処分を当てこすった。

 また、自民党の石原伸晃幹事長は24日、民主党の松木謙公農水政務官の辞表提出について「菅内閣の大崩落、山が崩れる予兆ではないか。大きな山が崩れるときは小さな意思がころがり落ち大崩落が起こる」と語った。

 麻生、石原両氏は被災者へのお見舞いも述べたが、必死の救出活動の最中だけに「生き埋め」「大崩落」の例えは被災者や家族への配慮を欠いた発言として批判を受けそうだ。

小沢氏は生き埋めみたい…麻生氏また不穏当発言 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110224-OYT1T00888.htm
2011年2月24日21時02分

 自民党の麻生元首相は24日の麻生派総会で、民主党の小沢一郎元代表の党員資格停止処分に関し、「党内の一部の人を生き埋めにしようというみたいな話だ」と述べ、ニュージーランド地震での日本人被災者と、元代表を重ね合わせるかのような発言をした。

 発言は、地震発生当日の22日、首相が元代表の処分を決めた民主党常任幹事会に出席したことを「優先順位の付け方が違う」と批判する文脈だったが、自民党内からも「不謹慎だ」との指摘が出た。

YouTube - 20110224-麻生太郎(為公会例会)
http://www.youtube.com/watch?v=rMPD9HTsMM0
YouTube - 石原幹事長ぶら下がり記者会見~松木政務官辞任について~(2011.2.24)
http://www.youtube.com/watch?v=k-LkG812xeQ

こちらが麻生元総理、石原幹事長の発言ですが、これのどこが問題なのでしょうか。
これらの関係の無い発言を地震と結びつけているのは当のマスコミ自身であり、品性下劣としか言い様がありません。

動画のアップロードが無ければ、こうして実際の発言内容を知る事は出来ませんでしたし、新聞しか情報媒体が無い人は、「また、自民党の議員が問題発言か。」と思っているかも知れません。
以前のエントリーでも「全ての情報に半信半疑であれ」と書きましたが、情報が溢れかえる時代になり、ますます受け手側のリテラシーが必要とされるようになってきました。これからの事についてもそうですが、過去のマスコミの言動についても精査する時期に来ていると思います。



» 続きを読む

スポンサーサイト

Googleの検索アルゴリズム変更と情報収集

Google、低品質サイトのランクを下げるアルゴリズム変更、11.8%に影響 -INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110225_429550.html
2011/2/25 18:10

 米Googleは24日、検索アルゴリズムの大幅な変更を行ったことを同社公式ブログで明らかにした。まず米国でのみ行われ、追って他の地域にも展開していく予定だ。

 Googleでは今回のアルゴリズム変更の意図として、低品質サイト(ユーザーにとって価値がほとんどないサイト、他のサイトからコンテンツをコピーしたサイト、役に立たないサイトなど)のランキングを下げ、高品質サイト(リサーチや深いレポート、分析などのオリジナルコンテンツ・情報を掲載しているサイトなど)のランキングを上げるものだと説明している。

 なお、Googleでは先週、ユーザーが検索結果から低品質サイトをブロックできるGoogle Chrome用アドオンをリリース。ユーザーから低品質サイトのデータのフィードバックを受けているが、今回のアルゴリズム変更は、それによるものではないとしている。ただし、アルゴリズムで判定した低品質サイトと、ユーザーからのフィードバックの結果を比較した結果に非常に満足しているという。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

特に取り上げるつもりは無かったのですが、少し書いておきたい事があったので書きます。

低品質サイトのランクを下げてユーザーにとって有益な情報を検索し易くするという事なのですが、誰が低品質かを決めているかと言えばそれはGoogleなのでして、Googleと取って都合の悪い情報が載っているサイトを「低品質」として目に触れさせないようにする事も可能な訳です。

GoogleとTwitter、ネット遮断中のエジプトでのツイートを可能に - ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1102/01/news026.html
2011/02/01 08:55

 米Googleは1月31日(現地時間)、米Twitterおよび先ごろ買収した音声プラットフォームの米SayNowと協力し、ネットが遮断されているエジプトで電話回線を利用してツイートできるようにしたと発表した。

 3つの国際電話番号(米国、イタリア、バーレーン)のいずれかに電話をかけ、ツイートの内容をボイスメールで残すと、ハッシュタグ「#egypt」とボイスメールを再生するSayNowのページへの短縮URLを含むツイートとして投稿される。国際電話がかけられる場所からであれば、世界中どこからでも、Twitterのアカウントを持っていなくても投稿が可能だ。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

以前(今も?)、GoogleやMSは中国で中国政府の情報統制に協力していましたが、一方でこういう事もしています。このGoogleの行動のバックに誰が居るのか、考える必要があると思います。

以前のエントリーでも書きましたが、全ての情報には何らかの形でバイアスが掛かっており、全ての情報に対してニュートラル(半信半疑)であるべきだろうと思います。

インターネットは非常に便利なツールではありますが、過信し過ぎるのも良くないと思います。



» 続きを読む

ヘッドライン(11/02/20-11/02/27)

昨日、投稿出来ませんでしたので今回は1日分多い内容です。

2011年2月20日から2011年2月27日分です。

リンク先の内容について一切の責任を持ちません。
バイアスの掛かった記事やデマも有りますので、注意して下さい。

「ヘッドライン」カテゴリについては、「ネタ帳の公開」以上の意味を持たせていませんのでご了承下さい。

リンクチェックはしておりませんので、ご了承下さい。
記事の被りや既に取り上げた記事についても、削除はしていません。

» 続きを読む

「sengoku38(一色正春)」氏の「自由報道協会(仮)」での記者会見について

以前のエントリーで「sengoku38(一色正春)」氏の「日本外国特派員協会」での講演について書きましたが、今回は「自由報道協会(仮)」での講演ついて書きたいと思います。

一色正春元海上保安官会見, Recorded on 2011/02/21 videonews.com on USTREAM. Other News
http://www.ustream.tv/recorded/12843096
YouTube - 【一色正春】2.21 「自由報道協会」記者会見[桜H23/2/22]
http://www.youtube.com/watch?v=sw0_E-8VpDQ

動画はこちら。

下の動画は、「チャンネル桜」が編集している物ですが、音声が若干こちらの方が聞き取りやすいのでこちらも紹介します。2、3質問がカットされていますが、個人的に大して重要なものでは無いと思います。

正直言って、記者のレベルが低く、先日の「日本外国特派員協会」での物の二番煎じでしかありません。先日の講演の時と同じような質問ばかりで退屈になります。

情報デモクラシー2011:尖閣映像流出の真意は 一色元海上保安官にインタビュー - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110222mog00m040002000c.html
2011年2月22日

本紙「情報デモクラシー2011 ウィキリークスのある社会(3)」に掲載した一色正春・元海上保安官(44)のインタビューの詳細を収録しました。インタビューは2月9日に行われました。

Q 尖閣諸島沖の中国漁船衝突映像を公表しようと思ったのはなぜですか。

A あまり偉そうに言う立場ではないですが、こういうことはマスコミ、もしくは政治家のお仕事ではないでしょうか。(公表を)誰もやらない。目の前に「モノ」がある。結局は自分でやるしかないなと。隠す意味のない映像です。あれを見て考えてほしいと思った。しかし、(ユーチューブに)出たとたん「秘密だから漏えいするのは悪い」という本質と違った方向に論点がどんどんずれていったのは残念でした。

Q 本質とは。

A あの海で何が起きているかを知って、考えてほしいということです。世界の中で、中国や自分の国が何をしているのか。百聞は一見にしかず、です。

Q 映像を公表しようと決断したのはいつですか。

A 何月何日と簡単に表せるものではない。やめとうこうか、どうしようか、葛藤はありました。話し出すと2時間くらいあっという間にたってしまう。徐々に変わっていったということですね。

Q 1人で決断した。

A そうです。

Q 何が一色さんを突き動かしたのでしょうか。

A 海上保安官としてやってはならないこととは分かっていました。しかし、憲法には公務員は「全体の奉仕者」とも書いてある。組織のルールを守れば国のためにならないし、国のためを思えば組織のルールに反する。ジレンマはありました。どちらが重要か。最後は私の価値観に従いました。それが正しいかどうかは分かりませんが、そう信じてやりました。結局、国民に判断材料がない。それはあかんやろと。これがほんまのことや。どうぞ見てください、と。あれを見て「日本が悪い」という人も中にはおるでしょう。私は同調しませんが、それはそれで、その人の意見ですからね。どういう意見を持つかは自由です。人の考えを無理やり変えるつもりはないです。

Q それぞれ個人で考えたらいいじゃないかと。

A あれを見て何とも思わなかったら、日本はそういう国。「おかしいやないか」という人が多かったら、そういう方向に行けばいい。それが民主主義というもんでしょう。目と耳をふさいで「どうだ」と言われても国民として判断できない。

Q 民主主義とか自由とかについては、若いころから意識していたのですか。

A 私は海保に入る前、外航航路の船員をしていたことがあり、いろんな国に行った。米国、欧州、中東、アフリカ、20カ国近くになると思う。独裁体制が倒れて1~2年のルーマニアにも行った。日本が一番いい国だと、外に出てみて初めて分かりました。

Q どんな船に乗っていたんですか。

A 原油やガスのタンカーが多かった。湾岸戦争の時、ペルシャ湾にも行きました。船の横に大きな日の丸を描くんですわ。自衛隊が守ってくれるわけでもない。日本の信用力が頼りでした。日本の原油の80~90%はここから来てるんですよ。遠い海で危険を冒している日本人がいるのに、知らない人が多い。戦争を肯定するわけではないですが、外国は軍隊を出しているのに日本では自衛隊派遣の是非を議論しているだけで、誰も何もしてくれない。疑問を持ちました。

Q なぜ海保に?

A 不況もあって、20代半ばで船を降りました。日本に帰れない暮らしを続けていると、日本社会に溶け込めなくなってしまうと思った。サラリーマン、職人見習いみたいなことをした後、商船時代に一緒に働いていた人が先に海保にいたこともあって、30歳の時、有資格者向けの試験を受けて入りました。

Q 映像を投稿したのは、どんな立場の自分だったのですか。

A 海上保安官としての気持ちもあるし、一国民として、日本人として、子供の親として…それは複雑ですよ。何が何割とか数式のように表せるものじゃない。

Q 同じ映像を見た海保の職員は何人もいたのに、なぜ一色さんだけが行動に踏み切ったのでしょう。

A 個人の価値観でしょうね。何を優先順位とするかという。やろうと思うことと実際の行動の間には高いハードルがある。

Q ユーチューブに投稿しようと決めたのはいつごろですか。

A CNNに送って何の動きもないので、これはあかんなと思って。(CNNでは)第三者に委ねてしまうことになる。それに44分全部は流してくれないでしょう。あの(衝突の)5分以外の部分にも見てほしいところはある。ああいう形(ユーチューブ)なら1人で完結できるじゃないですか。

Q CNNが放送していたらユーチューブには出さなかった?

A テレビでは一部分だけでも、インターネットで丸々流すような形にしてくれれば、それでよかった。

Q どうして日本のメディアではなくCNNを選んだのですか。

A いろんなこと考えたんですよ。日本のメディアだと、どこでどう(政府などと)つながっているか分からない。日中の2国間の問題だから当事国以外から出してもらったほうが世界の見る目も違ってくると思った。実は(中東の衛星テレビ局)アルジャジーラとかも考えたんですよ。でも、中東の局はちょっと色眼鏡で見られるかもしれないので、CNNかな、と。

Q インターネットがなかったらどうしていましたか?

A 仮定の話は難しい。そういう状況になってみないと分からないと思いますよ。重みが違いますから。答えるのは簡単かもしれませんが、それは本当の答えではない。

Q 意図も明かさず匿名で映像だけ流したのはよかったのでしょか。

A 色をつけて見てほしくなかったんですよ。客観的事実だけを示したかった。私が「立ち上がれ!」みたいな感じで出てくれば、もっと盛り上がったんでしょうけど、そうはしたくなかった。一人ひとりに判断してほしかった。メディアを通じようが通じまいが、出し方は私にとっては枝葉のことです。とにかく44分の映像を見てもらうことが目的ですから、やる前につぶされることだけは避けたかった。相手は国家権力ですよ。どんなことがあるか分からない。その時は「1億2000万(日本の人口)対私1人の戦い」という心境ですよ。やり方を考えている余裕はなかった。

Q ずっと匿名のまま分からないほうがよかった?

A いや、いずれ(自分が流出元だと)分かると思っていました。船(巡視艇)のパソコンから出てるという記録は絶対残る。だから、(11月10日の朝、当直勤務が終わったあと)船長が「お前はどうなんだ」と聞いてきたので、うそをつくこともないかと。なぜか知りませんが、怪しいと思ったんでしょうね。ただ、なるべく長い間捕まらないでいようとも思いました。騒動が1日長引くだけ、映像を見る人も増えるじゃないですか。そういう考え方をおかしいという人もいますが、900万人が見るのと1000万人が見るのだったら、どんなやり方をしても後者を選びます。

Q 投稿した直後に読売テレビの取材に応じたのはなぜですか。

A 保険です。逮捕された時に「頭のおかしなやつがやったこと」にされたら破廉恥事件で終わってしまうと思った。「しっかりこういうことをやった」ということを残して「逮捕されたら流してくれ」と。塀の中に入ったら言いたいこと何も言えないですからね。

Q 読売テレビには自分から連絡を?

A そうです。捜査が迫ってきたのは何となく分かったので、その日に備えようと。

Q なぜ読売テレビなのですか。

A そこはあえて伏せておきます(笑)。

Q 既存メディアについてどう思いますか。

A みんな同じ方向を向いているように見える。あの映像が隠されていたときはみんな「見せろ」と言っていたのに、出たとたん「誰や。探せ」という論調になった。私が起訴猶予になった時も、発表を聞いたまま書いている感じで、検証がない。間違いも多かった。名前も顔も知らない人が「元上司」として出ていたり、経歴が違っていたり。特に週刊誌。受け手の側に情報を取捨選択する能力が求められると思いましたね。新聞にはもっと頑張ってほしいと思ってるんですよ。ビデオの未公開部分をどうするのか。また(中国漁船が同じ海域に)来たらどうするのか。もっと多様な報道があっていいと思いますね。

Q 武器を持つ組織である海上保安庁で、現場の保安官が独自の判断をしたことに懸念の声も出ました。

A 想像力が豊かだなと(笑)。どんな武器を持っていてどんな仕様なのかとか、どこまで海保のことをご存じなのかと。私の目的は政権の転覆でも何でもないですし。戦前の軍隊と比べるのは、全く当たらないと思う。本当は映像の中身が問題なのに、論点をずらされた感じがします。

Q 国家秘密はあっていいと思いますか。

A それは当然です。軍事や外交での高度な判断というのはあると思います。

こちらは、毎日新聞のインタビュー記事です。

「sengoku38」氏が民間の船に乗っていて、「日本の信用しか頼る物が無かった」というのが印象的です。
現在も中東では政情が不安定であり、日本として何かしなければいけないところではありますが何も出来ていません。

また、尖閣の映像を「色を付けて観て欲しくなかった」というのも印象に残りました。
肩書きによって権威付けがされてしまうと受け手側は、正否の判断をする事を忘れてしまいがちです。「誰が言ったか」ではなく、「何を言っているか」に重きを置いて各々が判断をしなければならないのだと思います。

「sengoku38」氏の一連の言動を見ていて、非常に冷静で論理的な方だと感じました。

本来であれば、これは「sengoku38」氏のやらなければならない事ではありませんでした。それをご本人のみならずご家族も含めて安定した生活を投げ打って実行した事の意味を我々有権者は考えなければいけません。

どうやら、テレビではこれらの「sengoku38」氏の言動を放送するつもりはないようですので、このエントリーをご覧になった方は、インターネットを利用していないご家族やご友人に紹介して下さるようお願いします。

Amazon.co.jp: 何かのために sengoku38の告白: 一色正春: 本
http://www.amazon.co.jp/dp/4023309206/
楽天ブックス: 何かのために - sengoku38の告白 - 一色正春 : 本
http://books.rakuten.co.jp/rb/6997029/

まだ読んではいませんが、私も「sengoku38」氏の本を買いました。皆さんも興味があれば是非買って下さい。



» 続きを読む

avast!が6.0.1000にバージョンアップ

窓の杜 - 【NEWS】無償のウイルス・スパイウェア対策「アバスト! 無料アンチウイルス」v6が正式公開
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110224_429012.html
11/02/24 14:50

 メジャーバージョンアップとなるv6では、疑わしいプログラムをサンドボックスへ隔離して実行できる"自動サンドボックス"機能を新たに搭載。また、同社のもつウイルス情報とコミュニティによる投票をもとにしたWebサイトの"評判(レピュテーション)"をWebブラウザー上で確認できる"Web評価"機能も追加された。"Web評価"機能は同梱のWebブラウザー用プラグインで実現されており、現在のところIE/Firefoxで利用できるほか、「Google Chrome」への対応も予定されている。

 そのほか、"スクリプト シールド"や"サイト ブロック"といったこれまで有償の上位版にのみ提供されていた機能が無償版でも利用可能になったほか、インストーラーのファイルサイズが約20%削減された。

 本ソフトはWindows XP/Vista/7およびWindows Vista/7の64bit版に対応しており、評価版として30日間試用可能。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

追加機能は記事にある通りで、4.8にあった「URLブロック」が「サイトブロック」として復活しました。 後は、Windows 2000非対応になってしまったので注意が必要です。

avast!のバージョン情報 「Web評価」の設定画面

「自動サンドボックス」の画面 「自動サンドボックス」の設定画面

「サイトブロック」の設定画面

これらが新しく追加された機能の設定画面です。

タスクトレイアイコンの更新からアップデートすると「Web評価」がインストールされてしまうので、この機能と「avast!ガジェット」が必要無い場合は、avast!のサイトからプログラムをダウンロードして「カスタムインストール」で必要な機能をインストールして下さい。

1時間程使ってみましたが、機能追加によって重くなった印象はありません。

思ったよりも正式版の公開が早くて驚きました。ベータを追っかけなくて良かったです。

以下、追記。

avast! Support Center アバスト! 6.x FAQ - 一般
http://support.avast.com/index.php?languageid=14&group=jpn&_m=knowledgebase&_a=viewarticle&kbarticleid=758

窓の杜の記事を鵜呑みにしてWindows 2000が非対応と書きましたが、上記リンク先を見ますとAISのみ非対応で Free版及びPro版は対応しているようです。お詫びして訂正致します。

[6.0.992] Japanese translation mistake
http://forum.avast.com/index.php?topic=71935.0

誤り(Wrong):
自動的にサンドボックスから実行されるファイル

訂正例(Correction example):
自動サンドボックスから除外されるファイル

日本語訳に誤りがあるようです。私が上げた『「自動サンドボックス」の設定画面』の
画像の緑枠部分ですが、全く逆の意味で翻訳されているみたいなので注意して下さい。(6.0.1000でも未修正)

何か



» 続きを読む

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。