1. Top » 
  2. 2011年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

SRWare Iron 9.0.600.0 を公開

SRWare.net ? Thema anzeigen - New Iron-Version: 9.0.600.0 Stable for Windows
http://www.srware.net/forum/viewtopic.php?t=2190
von SRWare ≫ Di Feb 08, 2011 8:04 pm

We released the new Iron 9 today, which contains all features and updates known from Chromim 9. The current version is 9.0.600.0.
Mainly the WebGL Support was improved, you can test it under http://www.chromeexperiments.com/webgl. We also removed the "Instant"-Feature for more pricacy.
There are also some new experimental features in "about:flags".

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

窓の杜 - 【NEWS】Google、"WebGL"に対応した「Google Chrome」v9.0の安定版を公開
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110207_425542.html
11/02/07 16:08

 米Google Inc.は3日(現地時間)、同社製のWebブラウザー「Google Chrome」の最新安定版v9.0.597.84を公開した。最新版の主な変更点は、Webブラウザー上で3Dグラフィックスを描画するための規格"WebGL"に対応するとともに、GPUのハードウェアアクセラレーション機能を利用した3Dグラフィックスの描画が可能になったこと。

 これにより、"Google Body""WebGL Aquarium"といった3Dグラフィックスを使ったWebアプリを利用できるようになった。"WebGL"を利用したWebアプリは同社の運営するWebアプリのライブラリ"Chrome Experiments"で体験することができる。

 また、アドレスバーへURLを入力して履歴を検索する際に、検索されたWebページをリアルタイムにバックグラウンドで読み込む"Chrome Instant"機能も追加された。"Chrome Instant"機能は、オプション画面の[基本設定]タブにある"インスタント検索を有効にして検索や閲覧を高速化する"チェックボックスをONにすることで利用可能。

 さらに、「Adobe Flash Player」プラグインを利用する際に、システムから隔離されたサンドボックス上で実行する機能も追加された。これにより、「Adobe Flash Player」プラグインの脆弱性を悪用した攻撃を受けた場合などでも、PCを乗っ取られたり、PC上のプライベートな情報を盗まれる危険が少なくなる。

 そのほか、「Google Chrome」用の拡張機能やアプリのライブラリ"Chrome Web Store"のリンクが新規タブを開いた際の画面に追加された。なお、現在のところ"Chrome Web Store"へのリンクは米国ユーザーのみが対象で、順次世界各国のユーザー向けにも追加される予定とのこと。

 また、同社の深刻度の評価で最も高い"Critical"1件や2番目に高い"High"2件を含む全6件の脆弱性も修正されている。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

更新内容については、こちらの記事をご覧頂ければと思いますが、「インスタント検索」については意図的に機能追加されていないようです。

ironのバージョン情報 ironの設定画面

また、Flash PlayerのSandbox内での実行というのも、体感出来ませんでした。

とりあえず、今のところは不具合はありません。

» 続きを読む

スポンサーサイト

MSが2月の月例パッチを公開

MSが2月の月例パッチ12件を公開、IE関連の脆弱性などを修正 -INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110209_425822.html
2011/2/9 12:04

 日本マイクロソフト株式会社は9日、月例のセキュリティ情報12件とセキュリティ更新プログラム(修正パッチ)を公開した。脆弱性の最大深刻度は、4段階で最も高い"緊急"が3件、2番目に高い"重要"が9件。修正パッチにより、Internet Explorer(IE)やOfficeなどに影響のある計22件の脆弱性を修正する。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

早急にアップデートされる事をお勧めします。

Adobe Reader/Acrobatの定例セキュリティアップデート、多数の脆弱性を修正 -INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110209_425838.html
2011/2/9 13:08

 米Adobe Systemsは8日、四半期ごとに提供しているAdobe Reader/Acrobatの定例セキュリティアップデートを公開したと発表した。深刻な脆弱性を修正しており、ユーザーにアップデートを推奨している。対象となるのは、Windows版とMac OS版のAdobe Reader/Acrobat X(10.0)および9.4.1以前。

 Adobe Readerのユーザーに対しては、Adobe Reader X(10.0.1)へのアップデートを推奨している。ただし、使用しているOSなどの都合によりX(10.0.1)にアップデートできないユーザーに配慮し、脆弱性を修正したAdobe Reader 9.4.2/8.2.6も公開している。

 なお、脆弱性はUNIX版のAdobe Reader 9.4.1以前にも存在するが、UNIX版のAdobe Reader 9.4.2は、追って2月28日の週までに公開予定だ。

 今回のアップデートではこのほか、同日公開されたFlash Playerのアップデートも含まれるとしている。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

こちらも併せてアップデートされる事をお勧めします。




» 続きを読む

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。