1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 鳩山政権は、埋蔵金が底をついたので、アジアの成長の為に高齢者の資産に課税するそうです。
  4. 時事 » 
  5. 鳩山政権は、埋蔵金が底をついたので、アジアの成長の為に高齢者の資産に課税するそうです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

鳩山政権は、埋蔵金が底をついたので、アジアの成長の為に高齢者の資産に課税するそうです。

菅議員と仙谷議員の名前を素で間違えていたので、暇な時に修正しようと思います。
それと、関連エントリーが多くなりすぎて、収拾不可能になってきました。お手数ですが、右上の検索窓より検索頂くか、Google等で検索して頂くようお願い致します。

2010年度予算は埋蔵金頼みの「苦肉の策」 | マネーニュース | 金融・経済政策 | Reuters
http://jp.reuters.com/article/economicPolicies/idJPJAPAN-13119420091226
2009年 12月 26日 11:01 JST

[東京 25日 ロイター] 政府は25日、2010年度予算の政府案を臨時閣議で決定したが、当初ベースで過去最大に膨らんだ歳出を賄うため、過去最大規模の赤字国債発行と特別会計といういわゆる「霞が関埋蔵金」をフル活用する「苦肉の策」に頼らざるを得なかった。

 一方、今回の予算で埋蔵金をフル活用したことで財政投融資特別会計は積立金の残高がゼロとなるなど「特別会計の埋蔵金は底をついた」(藤井財務相)状態となり、埋蔵金頼みも限界にきている。

成長戦略に「アジアの所得倍増」盛る 直嶋経産相が示唆 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091226/plc0912261143007-n1.htm
2009.12.26 11:43

 政府の成長戦略策定会議が年内にまとめる経済成長戦略で、地球温暖化対策のための技術革新が生み出す経済効果を数値目標として明示する方向となったことが26日、明らかになった。また。アジア地域とともに成長を目指すことも重視。地域内の成長を目標として盛り込むことも検討している。30日に成長戦略の骨格を閣議決定し、鳩山由紀夫首相が発表する。

 鳩山政権は、子ども手当などで家計を支援し、内需を拡大する経済運営を行ってきたが、企業生産などを強化する成長戦略に欠けると批判されてきた。成長戦略は、そんな批判を払拭することが狙いで、来年5、6月ごろに最終案を取りまとめる考えだ。

 これに関連し、直嶋正行経産相は26日、記者団に対し、地球温暖化対策に伴う技術革新で国内に生まれる新しい市場がどれだけ雇用を創出するかなど、経済効果を数値目標として成長戦略に記載する考えを明らかにした。

 また直嶋経産相は、同日のNHK番組で「日本は人口減少社会なので、国内だけで成長するのは難しい」と指摘。世界の成長センターであるアジアの内需拡大は日本のビジネスチャンスになると強調した。

 具体例として水の浄化や電力供給システムなどインフラ市場が有望との認識を示した上で、「アジア全体の所得を倍増させるなどの目標を作って、日本の技術を提供していきたい」と述べ、成長戦略にアジアの成長を目標として盛り込むことを示唆した。

 成長戦略では、このほか医療・介護や観光・地域活性化などのテーマを設け、それぞれの分野で日本が強みを発揮できるよう政策の行程表を作る。同時に、自公政権下の成長戦略の結果について分析し、対応策を検討する方針だ。

仙谷行刷相、高齢者資産に課税の検討を
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20091227AT3S2600926122009.html
12月26日 11:32

 仙谷由人行政刷新相は26日、読売テレビ番組で「相続税を相続税という名前でなく、残した財産に(税金が)かかることも考えないといけない」と述べ、高齢者資産に課税する仕組みを検討すべきだとの認識を示した。25日に閣議決定した2010年度予算案での歳入確保に特別会計の剰余金などの「霞が関埋蔵金」に依存したことについては「もう逆さまに振っても出てこない感じになっているのではないか」と指摘した。

 埋蔵金での歳入確保が難しくなった場合には「(国民の)皆さん方に負担をお願いしなければ仕方ないのではないか」と言及。「消費税だけでなく、その他の税目も議論をしたほうがいい」と強調した。行刷相は現役世代の負担のもとに高齢者の生活が支えられている問題点を示したうえで「高齢者がどうやって社会にお返しをしていくか考えてもいい」と語り、資産への課税を検討すべきだとの考えを明らかにした。

高齢者の遺産に課税を 仙谷氏、相続税と別に - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/091226/fnc0912261649005-n1.htm
2009.12.26 16:48

 仙谷由人行政刷新担当相は26日の読売テレビ番組で、将来的な財源確保に向け、高齢者が死亡した後に残した資産に対し、相続税とは別の課税を検討すべきだとの考えを示した。

 2010年度予算編成で活用した特別会計の「霞が関の埋蔵金」について「(来年は)もう出てこない感じだ」と指摘。財源不足になった場合の対応に関し「皆さんに負担をお願いしないと仕方がない」と明言した。

 その上で「消費税だけでなく、その他の税目についても議論する方がいい。相続税という名前ではなく、残した財産に薄く広くかけることも考えないといけないのではないか」と述べた。

2010年度予算案の税外収入分は約10兆円ですが、日本の財政のトップである藤井財務大臣が「特別会計の埋蔵金は底をついた。」と発言し、以前別エントリーで書いたように、民主党の太田和美議員の言う通り、「事業仕分けは全体の15%しか終わっていない。」としても、このまま行けば、全て仕分けが完了しても6兆4千3百15億円にしかなりません。
そこで、高齢者の資産に「相続税とは別に」課税しよう、という考えのようです。

まず、「相続税とは別」という事で、税の二重取りでは無いのか、という疑問が一つ。
それから、高齢者に限定した課税は公平性という点でどうなのかという疑問。
死後の課税という事で、結局高齢者ではなく、その子供世代の負担になることへの矛盾をどうするのかということ。

私も、生前贈与の課税率を下げ、その分相続税を上げて、若い世代への資産移転をより円滑にし、消費を活性化する案を持ってはいましたが、この仙谷議員の案は良策とは言えないのではないでしょうか。

しかも、日本人には増税をして「アジアの成長のために、技術移転をする。」訳ですよね。
「環境問題」をビジネスチャンスと捉えるのは良いですが、何故「技術移転」が必要なのか分かりません。
別に、日本で生産して外国に売ったって良い訳です。その方が国内の雇用状況の改善に繋がるし、需要不足も解消されます。発展著しい中国やインドに相応の値段で買って頂くのが一番良いと思います。

根本的な問題として、民主党政権にはガス田問題や毒餃子問題で、好き放題やられている現実を考えても、中国や他のアジア諸国に対してビジネスとして環境技術を売り込めるとは到底思えません。技術を盗まれて終わりでしょう。
大体、事業仕分けで科学技術予算を削っておきながら、こういう発言が出来る理由が分かりません。正直言って、日本の産業の空洞化を狙っているとしか思えない政策です。

衆院選で消費税上げ提起を 仙谷氏「財政持たない」 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122701000101.html

 仙谷由人行政刷新担当相は27日のNHK番組で、次期衆院選で消費税率の引き上げを提起すべきとの認識を示した。「議論を始め、3年後か4年後か分からないが、選挙のときにお願いすべきはお願いするという立場じゃないと(財政が)持たない」と述べた。

 同時に「産業構造が転換し、所得が10年で100万円も下がる時代には財源をどう調達するか、財政規律をどう守るかという展望が必要だ。部分を議論しても太刀打ちできない」と指摘。消費税の税率引き上げを含め税制全体の抜本改革に向けた議論を急ぐべきだと強調した。

先日のエントリーでも取り上げた、12月25日の2010年度予算案閣議決定を受けての記者会見で、鳩山総理は「4年間は消費税を上げない。」と明言されていましたが、その発言との整合性はどうお取りになるつもりなんでしょうか。
あれからまだ2日しか経っておらず、仙谷議員が本当にそう思っておられるなら閣議の際に、意思の疎通を図り、記者会見で鳩山総理に消費税については明言を避けるか、負担をお願いすることもある、と言って貰うのが筋でしょう。

私は、消費税の増税には賛成ですが、こういった騙し討ちのようなやり方は納得できません。
また、消費税の増税は過去の例から見ても、消費を冷え込ませる事は確実なので、時期を慎重に見極めないとデフレが加速する恐れがあります。

菅副総理の内閣委員会での「埋蔵金は100兆円あるかも知れない。」発言もそうですが、あまりに発言が軽過ぎます。
その辺を歩いているおじさんに質問をしている訳ではないのです。彼らは「国会議員」であり、「政権与党」であり、日本人全員の生命及び財産を守る義務があります。

もし、マニフェストとの整合性が取れなくなることを気にして、今回のような対応を取られたのなら、有権者に謝罪をし、即刻衆議院を解散して信を問うべきです。

詐欺的行為で政権を奪取した政党があったとしても、通販のようにクーリングオフが出来ない事を「ダメだったら代えれば良い。」と言っていた有権者はよく考えるべきです。




関連エントリー及びリンク

予算・決算:財務省
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/syukei.htm
税制ホームページ:財務省
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/syuzei.htm
民主党 web-site 民主党の政権政策Manifesto2009
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/index.html

鳩山総理、「私はたばこを吸わない。(略)たばこ税、増税有り得べし」と発言
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-73.html
長妻厚労相、「諸外国、欧州並みの金額にする必要があるのではないかという発想がある」
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-75.html
鳩山政権の推し進める「CO2の25%削減」を行うと、1家庭あたり年間36万~91万の負担増に
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-77.html
鳩山政権のCO2の25%削減と、環境税について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-115.html
所得税に続いて、住民税の扶養控除も廃止へ
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-123.html
平成22年度税制改正大綱を閣議決定
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-150.html
2010年度予算案の閣議決定を受けての鳩山総理記者会見
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-153.html

亀井大臣は株価に人格が有ると思っているようです
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-95.html
民間の仕分け人、「Office Wada」の和田浩子代表が「能無しでも出来るかも知れない」と発言
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-97.html
民主党の議員は、その場その場で都合の良い事を言えば良いと思っているようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-107.html
ほぼ日刊「閣内不一致」
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-108.html
事業仕分け、その後。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-131.html
仕分け人の枝野議員、仕分け対象について「「財務省がリストを作ったと言われているが、決めたのは議員。財務省が勝手に案を持ってきて、たまたま一致しただけ」と説明
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-146.html



09/12/27 21:23 タイトルを修正
09/12/28 15:58 関連リンクを追記
10/01/07 14:24 「予算委員会」を「内閣委員会」に訂正

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/tb.php/154-a25ac373 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。