1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 民主・鳩山代表、収支報告書虚偽記載について、秘書の動機を訂正する。
  4. 民主党 » 
  5. 民主・鳩山代表、収支報告書虚偽記載について、秘書の動機を訂正する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

民主・鳩山代表、収支報告書虚偽記載について、秘書の動機を訂正する。

えー、最近は民主党ネタばかり続きますが、今後も続きそうです。

鳩山氏、虚偽記載で説明修正 資産も訂正 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090704/stt0907040003000-n1.htm
>鳩山氏は3日、公設秘書が虚偽記載した動機について「企業・団体献金が『鳩山はカネを持っているから』ということでなかなか集まらない。その焦りもあったと思う」と説明した。都内で記者団の質問に答えた。

 鳩山氏は「秘書は私が(以前の)代表時代に民主党に実質出向しており、その間に資金集めに手が付かず、相当苦労したと思う。その焦りの中で個人献金を増やしてしまったのではないかと推察される」とも語った。

 鳩山氏は先月30日の釈明会見で「個人献金があまりにも少ないから(秘書が増やそうとした)」と説明した。鳩山氏への個人献金は政界でも突出しているため、修正を迫られたとみられる。

献金偽装で鳩山氏「貸付金増加回避か」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090705-OYT1T00095.htm
>民主党の鳩山代表は4日、静岡市内で記者団に対し、個人献金偽装問題で、公設秘書が資金管理団体への貸付金ではなく個人献金として処理した動機について、「もともと8000万円ほど貸し付けている。これ以上増やすのは、秘書にとってつらい話になったのではないか」と語った。

「本人に聞いたわけではなく推測だ」とも述べた。

二転、三転どころの話では無い訳ですが。
最初の記者会見での説明は、秘書の供述で"個人献金が少なかったため、やった。"ということでしたので、秘書が独断でやったのなら非常に重要な証言でしたが、今更鳩山代表の推測を聞かされても仕方がない訳です。
何故、秘書に直接聞いたことを話して頂けないのでしょうか。解雇したとはいえ、居場所その他はご存知の筈で動機を聞こうと思えばいくらでも聞ける筈ですが。
そもそも、2週間も有ったのだからもうちょっとましな筋書きがあっても良さそうなものだと思います。

5万円以下の献金「必要なら公表」…鳩山代表 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090703-OYT1T00947.htm
>民主党の鳩山代表は3日、自らの資金管理団体を巡る個人献金偽装問題で、献金者の氏名公表が必要ない年間5万円以下の献金について、「弁護士が調査をしている最中だ。調査の結果、必要であれば、当然報告する」と語り、調査結果を公表する考えを示した。

何故、必要無いと言えるのか、外国人からの献金が一つでもあれば違法な訳で、早く公表してください。

どうも民主党は発言が軽い人間が多くて困りますね。

NIKKEI NET(日経ネット):政治ニュース-政策、国会など政治関連から行政ニュースまで
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090704AT3S0401I04072009.html
>民主党の岡田克也幹事長は4日、(中略)「(鳩山氏は)もっと、もっと伝える努力をしなければならない」と述べ、

時事ドットコム:民主・鳩山氏、「故人献金」認める=4年で2200万円-代表辞任は否定
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200906/2009063000882
>(前略)岡田克也幹事長は同日、鳩山氏の説明について「納得できる。これで了解すべきだ」と記者団に述べ、問題はないとの認識を示した。衆院選への影響に関しては「ないとは言えない」と語った。

記者会見当日には、こんなことを言っていました。
政治家なら自分の発言には責任を持って頂きたいものです。

ただ、岡田幹事長の説明不足という認識には共感を覚えるところなので、
鳩山代表はもっとしっかりした説明をお願いしたいものです。
6月30日の記者会見の際に、鳩山代表は

「幹事長に報告を申し上げ、幹事長の判断に基づいて、これからも行動してまいりたいと、そのように考えております。」

こう発言されている訳だから、参考人招致をお受けになって正々堂々と釈明されるのが一番だと思います。

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/tb.php/21-30e614fd この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。