1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 国土交通省が高速無料化の実験案を発表
  4. 時事 » 
  5. 国土交通省が高速無料化の実験案を発表

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

国土交通省が高速無料化の実験案を発表

国土交通省、高速道路無料化社会実験計画を発表 【自動車ニュース】
http://autoc-one.jp/news/468373/
2010年2月3日

国土交通省が高速道路の無料化を本年度から実験的に実施することを発表した。期間は料金システムの改良など準備状況をみて開始し、翌年の平成23年3月末日までとしている。

今回の無料化実験では、流通コストの引き下げを通じた生活コストの引き下げや、産地と消費地へ商品を運びやすくするなどによる地域と経済の活性化について、それらの影響を確認することを目的としている。

実施区間選定にあたり、渋滞により物流への影響を避けるため、以下を除いた区間での実施となる。

・東京、名古屋、大阪の三大都市、及びそれらを結ぶ路線

・札幌、仙台、広島、福岡の各都市圏内、及びこれを相互に連絡する路線

・上記これらの路線と他県県庁所在地とを結ぶ路線

各実施区間の詳しい概要は以下の通り。

【無料化実験区間】

■北海道

・道央自動車道:士別剣淵~岩見沢

・深川留萌自動車道:深川西~深川JCT

・道東自動車道:本別・足寄~占冠/夕張~千歳恵庭JCT

・日高自動車道:沼ノ端西~苫小牧東

■東北

・青森自動車道:青森東~青森JCT

・八戸自動車道(百石道路を含む):下田百石・八戸~安代JCT

・秋田自動車道(琴丘能代道路及び秋田外環状道路を含む):八竜~秋田中央

・日本海東北自動車道:河辺JCT~岩城

・東北中央自動車道(湯沢横手道路及び米沢南陽道路を含む):

横手~湯沢/東根~山形上山/南陽高畠~米沢北(湯沢~雄勝こまち、主寝坂道路、新庄~野黒澤は無料で供用中)

・釜石自動車道:東和~花巻JCT

・山形自動車道(湯殿山~月山は無料で供用中):

酒田みなと~湯殿山/月山~山形北

■北陸

・日本海東北自動車道:荒川胎内~新潟中央JCT

■関東

・東水戸道路:ひたちなか~水戸南

・八王子バイパス:打越~相原

・新湘南バイパス:藤沢~茅ヶ崎海岸

・西湘バイパス:西湘二宮~箱根口・石橋

・箱根新道:山崎箱根峠

・中央自動車道(東富士五湖道路を含む):大月JCT~須走

・中部横断自動車道:双葉JCT~増穂

■中部

・西富士道路:西富士~富士

・安房峠道路:中ノ湯~平湯

・伊勢自動車道・紀勢自動車道:津~伊勢・紀勢大内山

■近畿

・舞鶴若狭自動車:道小浜西~吉川JCT

・京都丹波道路:丹波~沓掛

■中国

・松江自動車道・山陰自動車道(安来道路を含む):

米子西~東出雲/松江玉造~出雲・三刀屋木次(東出雲~松江玉造は無料で供用中)

・岡山自動車道:北房JCT~岡山JCT

・浜田自動車道・山陰自動車道(江津道路を含む):江津・浜田~千代田JCT

・広島呉道路:仁保~呉

■四国

・松山自動車道(大洲~大洲北只は無料で供用中):松山~大洲/大洲北只~西予宇和

・高知自動車道:高知~須崎東

■九州

・八木山バイパス:穂波東~篠栗

・東九州自動車道(椎田道路及び宇佐別府道路、日の出バイパス、延岡南道路、隼人道路を含む):

築城~椎田/宇佐~日出/大分米良~佐伯/延岡南~門川/西都~清武JCT/末吉財部~加治木

(曽於弥五郎~末吉財部は無料で供用予定)

・大分自動車道:日出JCT~速見/大分~大分米良

・西九州自動車道(武雄佐世保道路及び佐世保道路):武雄JCT~佐世保中央

・長崎バイパス:古賀市布~川平/八代JCT~日奈久/市来~鹿児島西

・南九州西回り自動車道(八代日奈久道路及び鹿児島道路):

八代JCT~日奈久/市来~鹿児島西(日奈久~芦北、薩摩川内都~市来は無料で供用中)

■沖縄

沖縄自動車道:許田~那覇

報道発表資料:平成22年度 高速道路無料化社会実験計画(案)について - 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/report/press/road04_hh_000011.html
国交省の詳しい資料はこちら。(PDF)

高速無料化案の地図

この画像はWebで拾ったものですが、無料路線が細切れで料金所での混乱を助長しそうですね。
さらに、支払方法に制限無しの「普通車2千円」が始まれば、ETC車に限定した「週末・祝日千円」でさえ渋滞で混雑したのに、さらに酷い状況になりそうです。

民主党は、ただでさえ意味の無い政策ばかりですが、車の使用を促すような政策は、当然CO2の増加に繋がります。
この政策と「CO2の25%削減」政策の矛盾をどう説明するのか、楽しみです。



関連エントリー及びリンク

民主党 web-site 民主党の政権政策Manifesto2009
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/index.html
民主党政策INDEX2009
http://www.dpj.or.jp/policy/manifesto/seisaku2009/index.html

Home - COP15 United Nations Climate Change Conference Copenhagen 2009
http://en.cop15.dk/

クライメイトゲート事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/クライメイトゲート事件
鳩山イニシアチブ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/鳩山イニシアチブ

鳩山政権の推し進める「CO2の25%削減」を行うと、1家庭あたり年間36万~91万の負担増に
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-77.html
鳩山政権のCO2の25%削減と、環境税について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-115.html
COP15について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-142.html
COP15について Vol.02
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-143.html

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/tb.php/213-877ff577 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。