1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 鳩山政権には、「主文」と「傍論」を区別出来る人間がいないようです。
  4. 時事 » 
  5. 鳩山政権には、「主文」と「傍論」を区別出来る人間がいないようです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

鳩山政権には、「主文」と「傍論」を区別出来る人間がいないようです。

枝野行政刷新相、「傍論といえども最高裁の見解」、外国人参政権めぐる最高裁判決で - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/election/100305/elc1003052035001-n1.htm
2010.3.5 20:35

 法令解釈を担当する枝野幸男行政刷新担当相は5日の参院予算委員会で、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に関し、平成7年の最高裁判決が判例拘束力のない「傍論」部分で「憲法上禁止されていない」との判断を示したことについて、「傍論といえども最高裁の見解なのは間違いない。行政府で(傍論と)異なる見解をとることは憲法に照らして許されない」と述べた。

 ただ枝野氏は、この最高裁判決に加わった園部逸夫元最高裁判事が産経新聞の取材に「(同判決には在日韓国・朝鮮人を)なだめる意味があった。政治的配慮があった」ことを明らかにした点について「最高裁判事は法と事実と良心に基づいて判決をしているのであって、政治的配慮に基づいて判決したのは最高裁判事としてあるまじき行為だ」と批判した。

 問題の判決は本論で外国人参政権を否定しながら、主文と関係のない傍論部分で「国の立法政策に委ねられている」とした。永住外国人に地方参政権を与えようという動きは、これを機に強まった経緯がある。

 一方、鳩山由紀夫首相は参院予算委で、地方参政権付与について「憲法違反では必ずしもない」と改めて主張し、「世界の20カ国以上が認めている。そういった国が滅びる方向に向かっているのか検証する必要がある」と述べた。地方参政権付与に反対する国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は「首相が積極的にやろうとしているわけではない」と、首相を牽制(けんせい)した。

まず、枝野大臣の発言から。

過去に何度も書いている事ですが、傍論は法的拘束力を持ちません。故に傍論と政府見解や法律が食い違っていても、何ら問題ありません。

最高裁が外国人参政権に合憲の判断を下しているならば、件の裁判で原告側の訴えが退けられるのはおかしいので、裁判の判決から最高裁が外国人参政権ついて、違憲と判断したと考えるのが妥当です。

この事から、枝野大臣の法解釈についての発言は全くの誤りで、とても弁護士資格を持っている人間の発言とは思えません。

外国人参政権を認めている国が20カ国以上ももあるとは知りませんでした。
ぜひ、鳩山総理には20カ国を示して頂きたいと思います。
その国の法律を学びたいと思いますので。

枝野大臣や鳩山総理はいい加減に「主文」と「傍論」の区別ぐらいつけてから、法解釈について発言して欲しいものですね。
特に枝野大臣は専門家である内閣法制局を押し退けて答弁に立っているのだから、それぐらいは当たり前に出来るべきです。

「党則の下に法がある。」と考えているような人達には、何を言っても無駄でしょうが。



関連エントリー及びリンク

日本国憲法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S21/S21KE000.html
平成5(行ツ)163
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=25633&hanreiKbn=01

枝野幸男オフィシャルサイト 民主党衆議院議員
http://www.edano.gr.jp/
枝野幸男 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/枝野幸男

園部逸夫 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/園部逸夫

民主党 web-site 民主党の政権政策Manifesto2009
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/index.html
民主党政策INDEX2009
http://www.dpj.or.jp/policy/manifesto/seisaku2009/index.html

外国人の参政権について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-177.html
平野官房長官は、外国人の参政権について地方自治体の意見を聞く気はないようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-202.html
外国人参政権問題:園部逸夫元判事の証言について。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-239.html

移民というものの危険性
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-62.html
中国並みの人治国家へと転がり落ちてゆく日本
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-76.html
千葉法務大臣がまた不法滞在者に在留特別許可を出していたようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-85.html
千葉法務大臣、司法とは何なのですか?
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-116.html

民主党政権下での日本独裁計画が進行中のようです
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-111.html
民主党・小沢幹事長の「独裁」ぶりがここに来て、一層強まっているようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-144.html
枝野議員は、「ハトミミ.com」を法律違反だと考えているようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-173.html
民主党は報道及び、検察の捜査に介入するようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-188.html
鳩山総理がまた、検察の捜査に圧力。やはり、検察対与党の全面対決のようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-193.html
民主党の捜査情報の漏洩問題対策チームのやることが「新聞記事集め」である事が分かりました。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-198.html
民主党では、党則の下に法があるようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-252.html

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/tb.php/256-a3087c49 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。