1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 原口総務大臣のネット動画会見について。
  4. 時事 » 
  5. 原口総務大臣のネット動画会見について。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

原口総務大臣のネット動画会見について。

原口総務相、ネット動画会見を定例化へ 「広報媒体の一つ」 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100413/biz1004131419010-n1.htm
2010.4.13 14:18

 原口一博総務相は13日の閣議後会見で、9日に行ったインターネットの動画配信サービス「ユーストリーム」を通じた会見について、「広報媒体の一つと考える。ある一定の時間で体系的に政策が説明できる」と述べ、定期的な開催に意欲を示した。

 9日の会見では、ミニブログ「ツイッター」で告知し、大臣室からの生中継で総務省の政策について説明をした。

 原口総務相は、告知の中で、「情報発信の新しいあり方について議論しています。さまざまな可能性に挑戦したいと考えています」と説明していた。

 視聴者から「大臣室から! すごい」「マスコミを通じない形がいい」「今後もこのダイレクトコミュニケーションを続けて」といった歓迎の声が寄せられるなど好評だったという。

 ただ、同省広報室には、事前にいっさい知らされておらず、波紋が広がっていた。

原口総務相がユーストリームで「会見」 広報室「聞いてない」 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100409/biz1004091704022-n1.htm
2010.4.9 17:00

 原口一博総務相は9日、インターネットの動画配信サービス「ユーストリーム」を使い、総務省の政策について生中継で視聴者に説明する「会見」を初めて行った。同省の広報室などには事前には知らされず、告知も約2時間前に原口氏のツイッターで行っただけだったが、約30分の会見を約1200人が視聴した。

 「本日3時からのユーストリーム会見のテストを行うことにしています」。原口総務相は9日午後、ツイッターでこう書き込み、時間通りに大臣室から1人で会見を行った。テーマは郵政民営化や夕張市視察についてなど。「郵政民営化により何が悪くなったのか」というフリップを掲げるなどして熱弁をふるった。

 会見の理由については、告知の中で「情報発信の新しいあり方について議論しています。様々な可能性に挑戦したいと考えています」と説明した。

 ユーストリームの視聴者が寄せたコメントでは、「大臣室から! すごい」「マスコミを通じない形がいい」「今後もこのダイレクトコミュニケーションを続けて」といった歓迎の声がほとんど。中には「これは会見ではなく広報では」という指摘もあった。

 原口総務相は会見を終えた後、しばらくして中継を再開して視聴者のコメントに一部答え、「次は事業仕分けと地域主権改革についてお話をしたい」と次回開催を約束した。

 突然の会見について、同省広報室は「うちは今回、絡んでいない。情報が入ってきていない」と当惑顔。大臣秘書室は「今後については分からない。とりあえず今日、やってみて、どうしようかなという状況だ」と説明している。

上がネットを通じた会見ついての原口総務大臣の発言の記事。下が9日のネット動画会見を報じた記事です。

私は、政府が情報発信のチャンネルを増やす事には賛成ですが、それはあくまで政府が独自のインフラで行う事が前提であって、民間のサービスを利用して行うことは反対です。

過去に科学者や研究者が集まって、事業仕分け反対の記者会見を行った時も確か「Ustream」を使っていたと思いますが、あの時も制限が有ったのかどうか知りませんが、視聴出来ないと言っていた人が居たように記憶しています。
一国の大臣の会見ですから、当然視聴人数も多いでしょう。視聴者が増えて来た時に大量のアクセスにサーバーが対処し切れるのかという問題も有ります。

サービスを行う企業が日本の国益を損なう意図を持っていた場合、大きな問題となる可能性があります。
サブリミナル効果を利用した映像を流される危険性も有るし、国益を損なうような全く別の映像や音声が流される危険性も有ります。外交問題に発展し、取り返しの付かない事態に陥る危険性もあります。
そうした事が起こった時に、原口大臣は責任を取り得るのでしょうか。所管の大臣なのだから、放送法の意義や放送事業が許認可制である事の意味を考えて欲しいものです。

それから、総務大臣である以上、場所を問わず全ての発言は日本政府や総務大臣としての発言と受け取られます。総務省の事務方が知らないような会見はすべきではありません。発言の影響力を考えて行動されるべきです。スタンドプレイなど以ての外です。

出先で見る事が出来たりだとか、編集される事無くノーカットの映像が流せる等メリットも有ると思うので、安全には十分配慮して行って欲しいと思います。

twitterにUstream。何で独自のチャンネルを持たずに、既存のしかも外国の民間サービスを使おうとするかねえ。仮にも日本政府の人間だろうに、彼は。


関連エントリー及びリンク

原口一博 トップ
http://www.haraguti.com/
原口 一博 (kharaguchi) on Twitter
http://twitter.com/kharaguchi
原口一博 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/原口一博

サブリミナル効果 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/サブリミナル効果

twitterで行政府が情報を出す事の危険性
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-275.html
原口総務大臣が、自身の遅刻の責任を取らせて、官僚を更迭。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-281.html

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/tb.php/308-66271169 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。