1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 口蹄疫問題は、やはり報道管制が敷かれていたようです。
  4. 時事 » 
  5. 口蹄疫問題は、やはり報道管制が敷かれていたようです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

口蹄疫問題は、やはり報道管制が敷かれていたようです。

まずは、口蹄疫の被害状況から。

asahi.com(朝日新聞社):宮崎の口蹄疫、更に7農場で疑い例 殺処分6万4千頭に - 社会
http://www.asahi.com/national/update/0509/SEB201005090041.html
2010年5月9日23時11分

 宮崎県は9日、同県川南町の7農場で、口蹄疫(こうていえき)に感染した疑いのある豚と牛が見つかった、と発表した。感染確定・疑い例は、これで計56例、殺処分対象の豚や牛は計約6万4千頭となった。このうち防疫処理が完了したのは18例の約9300頭にとどまっている。

 同県によると、7農場のうち6農場で、8日に農場主や獣医師から宮崎家畜保健衛生所に口蹄疫の症状がある豚や牛がいるとの連絡があった。1農場は、県が行っている電話での聞き取り調査で発症の疑いが発覚した。

 これまでに確認された56例のうち51例が川南町に集中。同町で飼われている乳用牛の28%、肉用牛の34%、養豚の41%が殺処分の対象となる事態になっている。

更に被害は拡大しているようですね。

口蹄疫、香港型と99%以上一致 英国研究機関で確認 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010051001000234.html

 宮崎県で流行している牛や豚の口蹄疫のウイルスの塩基配列が、香港で今年確認されたものと99・22%一致していることが、10日までに明らかになった。

 農林水産省が英国の家畜衛生研究所にウイルスの解析を要請していた。香港のほか、韓国のウイルスとも98・59%一致することも判明した。

 農水省は「ウイルスの一致率だけでは、感染源や感染経路については何も言えない」としているが、一致率の高さは、口蹄疫がこれらの地域から何らかの経路で日本に入ってきた疑いをあらためて強める結果となった。

 農水省は今月2日にも、宮崎で見つかったウイルスが香港やミャンマーのものと類似していると発表していたが、塩基配列の一致率や、韓国の型とも近いことが分かったのは初めて。

 ウイルスは感染を繰り返すうちに少しずつ塩基配列を変えていくため、配列が近ければ近いほど共通の感染源から枝分かれした可能性が高いことを示す。

韓国産の牛肉の輸入を解禁した事と関係があるのでしょうか。

口蹄疫で家畜処分、国が損失全額補填 : 週間ニュース : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20100510-OYS1T00594.htm
2010年5月10日

 宮崎県で発生している家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」問題で、赤松農林水産相が10日、同県に入り、東国原英夫知事と県庁で会談した。赤松農相は、国が農家に対し、殺処分された家畜の評価額の5分の4を補填(ほてん)する制度について、今回は国が全額負担する意向を表明した。

 4月20日に口蹄疫の発生が確認されてから、赤松農相が宮崎入りしたのは初めて。東国原知事は同月27日、農水省で赤松農相に対策を要望しており、今回は2度目の会談となった。同県ではこれまでに、疑い例も含めて計56施設で発生が確認され、殺処分頭数は牛と豚計6万4354頭に達している。うち、14施設約9700頭分の殺処分後の埋却用地が決まっていない。

 会談で、東国原知事は、農家への補填に関する現行制度の改善を要請。赤松農相は「畜産家の方には負担させない」と述べ、国が全額負担する考えを明らかにした。

ようやく、宮崎入りですか。

金銭的な支援も良いですが、不足している消毒薬や殺処分する人や運搬、埋め立て等の物的、人的支援と感染拡大防止策を決定するのが先だと思いますがね。

本題の報道管制について。

Twitter / Red
http://twitter.com/redmaximum/status/13632380086

@kharaguchi おはようございます。ところで大臣、ネット上でも広がっていますが口蹄疫の政府対応は後手後手ではないですか?しかも農水大臣が優雅に外遊していたことをどうお考えですか?
3:37 PM May 8th via Tween in reply to kharaguchi

Twitter / 原口 一博
http://twitter.com/kharaguchi/status/13632923335

@redmaximum  ありがとうございます。後手ではありません。発生後、すぐ私は指示をしています。風評被害が大きくなれば、さらに大きな被害となります。畜産と言う産業の性質上の問題もご考慮ください。
3:51 PM May 8th via web in reply to redmaximum

Twitter / Red
http://twitter.com/redmaximum/status/13635197074

@kharaguchi 返信ありがとうございます。とはいえもう少し。後手ではないとおっしゃられているが、前回自民党政権時の口蹄疫では被害は最小限。それも初動が早かったからといわれています。一方今回は政府の動きが感じられない。農水大臣も外遊しているなど危機感が足りないのでは?

twitter上でこういうやり取りが行われていました。

原口総務大臣が放送事業者の監督官庁の長であること、「風評被害」という言葉を使っているという事を併せて考えると、原口大臣が出した指示が報道管制である事が推測できます。

風評被害を防ぐ為に報道管制が有効かについて疑問があります。

風評被害【ふうひょうひがい】の意味 - 国語辞書 - goo辞書
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/226942/m0u/風評被害/

補足説明:風評は(よくない)うわさ。世の中の取りざたの意
事故や事件の後,根拠のないうわさや憶測等で経済的被害などが起こること。
補足説明:原子力事故の後に放射能汚染の心配から,その地域や近辺の農作物が売れなくなる被害など

引用の通り、根拠の無い情報によってもたらされる被害のことを「風評被害」と言います。正確な情報によってもたらされる被害は「風評被害」とは言いません。

風評被害を防ぐ唯一の方法は正確な情報をあらゆるメディアを使って流し続けることです。情報の遮断は憶測や嘘の情報の流布の手助けにしかならず、逆効果です。
原口大臣がやるべきことは、TVが不正確な情報を流さないように監督する事であって、報道管制を行うことではありません。

今回の措置でメリットがあったとすれば、TVクルー等人の移動を多少防げたこと、現場の人間がTVへの対応をしなくてもよかったことぐらいです。

あと、政権与党にとってはメリット尽くしで、政府の初動対応の遅れを隠す事が出来た事、「国民の知る権利」を侵害する事の前例を国民に知られない内に作る事が出来た事ですかね。
実際、インターネットをやっていない知人や家族は口蹄疫についてほとんど知りませんでした。

東国原宮崎県知事が、報道管制を要望したとの情報が一部で流れていますが、以下のtweetを見る限り信じられません。

東国原英夫 (higashitiji) on Twitter
http://twitter.com/higashitiji

沢山の激励や問い合せを頂いている。本当に有り難いことである。この場を借りて、御礼を申し上げます。問い合せの中で、特に多いのが、今回のこの口蹄疫のことが、宮崎県以外の地域や全国的にこれといって報道されていないことである。
6:58 PM May 8th via Echofon

報道されていないことについては、様々な理由があるとは思うが、確かに不思議に思う。
6:59 PM May 8th via Echofon

これは本当だろうか?RT @melt_doruge: RT @SaveJPN: マスコミからのリーク「民主党や赤松の不手際に関しては最小限の報道に抑えるために全ての原因、拡大原因もが複数の牧場の不手際ってイメージで大々的にやる」@higashitiji @Ta
9:27 PM May 8th via Echofon

原口大臣は、風評被害を心配している割に新たな風評被害を生む事に関しては、特に関心が無いようですね。

ツイッターで災害情報提供へ NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100509/t10014315431000.html
5月9日 4時33分

総務省消防庁は、地震や津波など、大規模災害の発生時などに、住民に正確な情報を速やかに伝えるため、インターネット上に短いメッセージを書き込めるツイッターを使って災害情報の提供を始めることになりました。

ことし2月、南米チリの沿岸で起きた巨大地震による津波では、大津波警報に加え、太平洋沿岸など広い範囲に津波警報が出され、原口総務大臣は、大規模災害を想定した情報提供のあり方について、総務省消防庁に検討を指示しました。これを受けて、消防庁は、住民に正確な情報を速やかに伝えるため、インターネット上に短いメッセージが書き込めるツイッターを使って、災害情報の提供を始めることになりました。具体的には、大規模災害の発生時などに、ツイッターで、消防庁が入手した情報を発信するほか、住民に誤った情報が広がっている場合には、あらためて正確な情報を発信することなどを検討しています。消防庁は、今月中旬をメドに運用を始めることにしており、原口大臣は、ツイッターでの情報提供について「情報化社会で、瞬時に国民に情報が広がる中、大規模災害時には、行政もこうした情報提供が必要だ」と説明しています。

twitterで政府や公的機関が情報提供する事の危険性については、以前のエントリーで書いた通りです。記事にあるような対策で危険性が無くなるとはとても思えません。

私には今回の報道管制が、政府にとって都合の悪い情報の遮断だとしか思えません。


関連エントリー及びリンク

農林水産省/ホーム
http://www.maff.go.jp/
総務省
http://www.soumu.go.jp/
総務省消防庁
http://www.fdma.go.jp/

動衛研:口蹄疫(Foot-and-mouth disease)関連情報
http://www.niah.affrc.go.jp/disease/FMD/index.html

口蹄疫 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/口蹄疫

農林水産省/特定家畜伝染病防疫指針について
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_bousi/index.html

情報メモまとめ
http://chaosseed.qlookblog.net/

:::衆議院議員:赤松広隆オフィシャルウェブサイト:::
http://www.akamatsu-hirotaka.jp/
赤松広隆 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/赤松広隆

原口一博 トップ
http://www.haraguti.com/
原口 一博 (kharaguchi) on Twitter
http://twitter.com/kharaguchi
原口一博 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/原口一博

東国原英夫 (higashitiji) on Twitter
http://twitter.com/higashitiji

口蹄疫について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-332.html

twitterで行政府が情報を出す事の危険性
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-275.html
原口総務大臣が、自身の遅刻の責任を取らせて、官僚を更迭。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-281.html
原口総務大臣のネット動画会見について。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-308.html

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/tb.php/339-f633a045 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。