1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 口蹄疫問題の報道管制について。Vol.02
  4. 時事 » 
  5. 口蹄疫問題の報道管制について。Vol.02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

口蹄疫問題の報道管制について。Vol.02

まずは、口蹄疫の情報から。

asahi.com(朝日新聞社):宮崎の口蹄疫、新たに10例 殺処分対象8万頭超える - 社会
http://www.asahi.com/national/update/0513/SEB201005130065.html
2010年5月14日1時20分

 宮崎県は13日夜、家畜の伝染病・口蹄疫(こうていえき)について、同県の川南町とえびの市の豚と牛に新たに10例の感染疑い例が見つかったと発表した。これで確認された感染確定・疑い例は計86例、殺処分対象は1457頭増えて計8万257頭になった。

 県の発表によると、いずれのケースも症状のある家畜の検体を遺伝子検査し、陽性と判明した。10例の内訳は川南町の牛・豚で9例、えびの市の牛で1例。

 口蹄疫は人には感染せず、感染した肉を食べても人体に影響はない。

2000年の殺処分数740の100倍を超越えてしまいましたね。
本当に初動の政府の対応の遅さが悔やまれてなりません。

2000年の自民党政権の口蹄疫への対応と、民主党の口蹄疫への対応を比較
http://anond.hatelabo.jp/20100511231152

こちらのページをご覧頂けば、鳩山政権の対応の拙さが良く分かると思います。

ここに来ても政府は碌な対策を取れずにいます。

時事ドットコム:口蹄疫「特効薬ない」=まん延防止で赤松農水相
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2010051400329
2010/05/14-11:35

 赤松広隆農林水産相は14日の閣議後会見で、宮崎県で口蹄(こうてい)疫の感染が拡大していることについて「これをやったら直ちにこの病気が抑えられるという特効薬はない」と述べ、消毒や感染した家畜の殺処分などこれまでのまん延防止策を徹底するのが重要との認識を改めて示した。
 一方、東国原英夫同県知事らが、口蹄疫が今後一段と広がった場合、一定地域内に限り感染していない家畜を含め全頭殺処分する可能性を指摘していることに関し「健康な家畜を殺すのはどうなのか。人の財産権を侵すことは慎重に考えないといけない」と述べた。

初動で防止策を取らなかったから今の状況になっている訳ですがね。
法律上の問題が有るなら、特別立法でも時限立法でも組んで、早急にやるべきです。それが国会の仕事でしょうに。
このままだと、九州の畜産業は壊滅してしまいます。

それから、人的支援や物的支援の報道がありませんが、そちらは進んでいるのでしょうか。それも早くすべきです。

それでは、本題です。

口蹄疫問題、ネットで"炎上" 赤松農水相に批判 「報道統制」のデマも (1/2ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100512/dst1005122246004-n1.htm
2010.5.12 22:44

 宮崎県で口蹄(こうてい)疫の疑いがある牛や豚が相次いで確認、殺処分されている問題で、赤松広隆農林水産相をはじめとする政府の対応が遅いとする批判が、ミニブログ「ツイッター」などを中心にネット上にあふれ、"炎上"している。酪農家の悲嘆を伝える映像や、支援するための情報がネットの口コミで広がる一方、過激な批判や、「報道統制が行われている」といった誤情報も広まっており、ネットの利点と危うさが共存する展開となっている。

 「ある酪農家は(牛の)最期に、一番上等な餌を食わせて、頭をなでてやって、乳房をふいてやって、そして目の前で殺処分されていくんですよ。大臣、その悔しさがわかりますか」

 11日の衆院農林水産委員会。赤松農水相への質問を行った江藤拓委員(自民)は、地元・宮崎の悲惨な現状を訴え、赤松氏がゴールデンウイーク中に外遊していたことなどを批判した。赤松氏は「いささかも支障があったとは理解していない」と反論した。

 「泣けた」「怒りに震えた」…。ツイッターでは11日夜から、この質疑を動画で提供する「衆議院TV」や動画サイト「ニコニコ動画」へのリンクを張り、他人の書き込みを引用して発信する「リツイート」と呼ばれる口コミ機能で広めようとする動きが急増した。ブログでも取り上げられ、ニコニコ動画は視聴に会員登録が必要にもかかわらず、質疑の再生回数は12日に約10万回に達した。

 動画とともに、酪農家支援のための募金受付先や、人手不足を補うための手伝いの申込先の情報などもネットを駆けめぐった。同時に、赤松氏らへの批判や誹(ひ)謗(ぼう)中傷の書き込みも急増した。

                  ■■■

 9日には、明らかなデマも流布された。

 「原口一博総務相が『報道規制』を指示している」。そんな情報がツイッターなどに流れ、リツイートで伝搬した。根拠は、原口氏自身のツイッターでの"つぶやき"。9日朝、政府の口蹄疫対策の遅さを指摘された原口氏は「発生後、すぐ私は指示をしています」と反論、続けて「風評被害が大きくなれば、さらに大きな被害となります」と書き込んだため、テレビ局を監督する総務省が規制をかけたと解釈された。

 平成12年の流行時には買い控えなどの風評被害が出たため、マスコミの口蹄疫報道が当初は淡々と事実だけを伝える傾向だったことも一因との見方もある。誤解に気づいた原口氏は11日、ツイッターで「指示」の内容を「総務省として自治体を全力で支えること」などと説明し、「報道規制の指示などありえない」と否定に躍起だ。

 「口蹄疫に使う消毒液が、民主党幹部の地元に横流しされている」。12日にはそんな情報も駆けめぐった。「ちゃんとソース(情報元)を吟味して判断しないと、踊らされるぞ」。ツイッターで伝搬する情報の洪水の中では、こんな書き込みも目立つ。

この記事では、「報道管制がデマである。」という証拠がなんら示されていません。こんな物は記事にする価値すらありませんね。

Twitter / Red
http://twitter.com/redmaximum/status/13632380086

@kharaguchi おはようございます。ところで大臣、ネット上でも広がっていますが口蹄疫の政府対応は後手後手ではないですか?しかも農水大臣が優雅に外遊していたことをどうお考えですか?
3:37 PM May 8th via Tween in reply to kharaguchi

Twitter / 原口 一博
http://twitter.com/kharaguchi/status/13632923335

@redmaximum  ありがとうございます。後手ではありません。発生後、すぐ私は指示をしています。風評被害が大きくなれば、さらに大きな被害となります。畜産と言う産業の性質上の問題もご考慮ください。
3:51 PM May 8th via web in reply to redmaximum

Twitter / Red
http://twitter.com/redmaximum/status/13635197074

@kharaguchi 返信ありがとうございます。とはいえもう少し。後手ではないとおっしゃられているが、前回自民党政権時の口蹄疫では被害は最小限。それも初動が早かったからといわれています。一方今回は政府の動きが感じられない。農水大臣も外遊しているなど危機感が足りないのでは?
4:46 PM May 8th via Tween in reply to kharaguchi

ここまでが以前のエントリーの引用部分。以下がその後の部分です。

Twitter / Jbettis36:
http://twitter.com/Jbettis36/status/13749632598

大臣おはようございます。唐突ですが、口蹄疫の件で大臣が出されたという「指示」の具体的な内容を教えていただけませんでしょうか?巷間では「事実隠蔽のための報道規制では」との噂がありますが? QT @kharaguchi: おはようございます。今日は参議院総務委員会で独法通則法質疑…
2:49 PM May 10th via Twit for Windows

Twitter / 原口 一博:
http://twitter.com/kharaguchi/status/13749873726

@Jbettis36  ありがとうございます。報道規制を指示するなどありえません。総務省として農水省・自治体と緊密に連携し、口蹄疫対策にあたる自治体を全力で支えること。補助金、交付金、特別交付税の措置をはじめとして財政的支援についても早急かつ適切に行うことを指示しました。
2:54 PM May 10th via web in reply to Jbettis36

以前のエントリーから、原口総務大臣のその後のtweetまでを引用しましたが、「全力で支える」という抽象論と金銭面での話しかなく、「風評被害」に対する対策については触れられていません。
うわさや憶測を流さない為に、口止め料の為の交付金でも指示したのでしょうか。

これでは、報道管制の疑いは晴れません。

産経の記者も記者としての誇りがあるなら、Webでの情報の孫引きだけを記事にするのではなく、原口大臣への取材をした上で記事にすべきではないでしょうか。
これでは、一介のブロガーと何ら変わりがありませんよ。

それから、もう一つ。

証拠も示さず報道管制をデマだと言って記事にするのは、Webで根拠無しに情報を流しているのと同じ事です。この産経の記事は、「便所の落書き」と同等の価値しかありません。

関連エントリー及びリンク

農林水産省/ホーム
http://www.maff.go.jp/
農林水産省/口蹄疫に関する情報
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/index.html
農林水産省/特定家畜伝染病防疫指針について
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_bousi/index.html

総務省
http://www.soumu.go.jp/

動衛研:口蹄疫(Foot-and-mouth disease)関連情報
http://www.niah.affrc.go.jp/disease/FMD/index.html

日本養豚開業獣医師協会(JASV
http://www.e-jasv.com/

口蹄疫 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/口蹄疫
2010年日本における口蹄疫の流行 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/2010年日本における口蹄疫の流行

2000年の自民党政権の口蹄疫への対応と、民主党の口蹄疫への対応を比較
http://anond.hatelabo.jp/20100511231152
報道監視まとめWIKI - 口蹄疫・報道規制疑惑
http://www15.atwiki.jp/houdou/pages/92.html
情報メモまとめ
http://chaosseed.qlookblog.net/

:::衆議院議員:赤松広隆オフィシャルウェブサイト:::
http://www.akamatsu-hirotaka.jp/
赤松広隆 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/赤松広隆

原口一博 トップ
http://www.haraguti.com/
原口 一博 (kharaguchi) on Twitter
http://twitter.com/kharaguchi
原口一博 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/原口一博

東国原英夫 (higashitiji) on Twitter
http://twitter.com/higashitiji

口蹄疫について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-332.html
口蹄疫問題は、やはり報道管制が敷かれていたようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-339.html

twitterで行政府が情報を出す事の危険性
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-275.html
原口総務大臣が、自身の遅刻の責任を取らせて、官僚を更迭。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-281.html
原口総務大臣のネット動画会見について。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-308.html



10/05/15 17:22 リンクを修正。

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/tb.php/344-6b88d344 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。