1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 口蹄疫問題:感染は南下して、都城市に。
  4. 民主党 » 
  5. 口蹄疫問題:感染は南下して、都城市に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

口蹄疫問題:感染は南下して、都城市に。

asahi.com(朝日新聞社):宮崎・都城市で口蹄疫の疑い例 牛3頭、飛び地感染か - 社会
http://www.asahi.com/national/update/0609/SEB201006090013.html
2010年6月9日22時59分

 家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)の問題で、新たに宮崎県都城(みやこのじょう)市の農場で9日、口蹄疫の症状を示す牛が3頭見つかり、農林水産省と同県は、遺伝子検査の結果を待たずに症状で口蹄疫の疑いと判断した。同日夜にも同じ畜舎の牛を含む計9頭を殺処分する。都城市は、感染多発地である川南(かわみなみ)町や都農(つの)町などの県東部や、えびの市などの県西部から約50キロ離れた鹿児島県境にあり、鹿児島県とともに畜産が特に盛んなことで知られる。口蹄疫が新たな地域に飛び火した。

 農水省や宮崎県によると、症状を示す牛が見つかったのは約250頭の牛を飼育する農場。獣医師が舌のただれやよだれなどの口蹄疫特有の症状を発見し、同県に通報した。同県は9日夜、遺伝子検査のため牛の検体を送り、動物衛生研究所海外病研究施設(東京)で遺伝子検査をする。ただ、県の家畜防疫員は検査結果を待たずに現場で判断することができる。牛の写真を見た農水省も、口蹄疫特有の症状と確認しており、検査結果を待たずすみやかに殺処分に入る。

 9日夜中にも、3頭と同じ畜舎にいた6頭を埋める処分を実施し、10日朝にも出る遺伝子検査の結果を経て、同日中に同じ農場の牛をすべて殺処分する予定。半径10キロの圏内は家畜の移動が制限されるが、この地域の家畜へのワクチン接種について、山田正彦農水相は「まだその段階ではない」と話した。家畜の運び出しが制限される半径20キロでは一部が鹿児島県内にかかる。

 農水省がまとめた2006年の農業産出額では、都城市は肉用牛151億円、豚225億円でいずれも市町村別で全国1位。

 宮崎県の口蹄疫は、県東部の都農町で4月20日、牛に最初の症状が見つかった。同町周辺では豚にも症状が出て爆発的に広がったが、6月に入って感染農場が減り、ワクチン接種の効果とみられていた。県東部の多発地域から西に約70キロ離れたえびの市でも4月28日に症状を示す牛が見つかったが、えびの市では感染の広がりは4農場にとどまり、6月4日に家畜の移動などの制限が解除されていた。(大谷聡)

都城市周辺地図 朝日新聞引用

【口蹄疫】東国原知事「急ぎ防疫」都城市で200頭を殺処分 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/body/100610/bdy1006101254004-n1.htm
2010.6.10 12:52

 飼育牛の口蹄(こうてい)疫感染疑いが10日、遺伝子検査で確認された宮崎県都城市。東国原英夫知事は午前9時ごろに作業服姿で登庁し、記者団に「スピーディーに防疫措置をやっていく」と険しい顔で強調。県によると、感染疑いが確認された都城市の農場では、牛約200頭の殺処分を10日午前0時半から2時間余りで終えた。

抜粋引用につき、詳しくはリンク先をご覧下さい。

宮崎・鹿児島県境、幹線道以外を封鎖へ : 週間ニュース : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20100610-OYS1T00588.htm
2010年6月10日

 鹿児島県の伊藤祐一郎知事は10日、隣接する宮崎県都城市での口蹄疫発生を受け、消毒地点を設置した幹線道路を除く宮崎県境の一般道を封鎖する方針を明らかにした。両県を行き来する車両の通行道路を限定してすべての車両に消毒を実施することで、ウイルス侵入を防ぐ。封鎖対象の道路、期間などについては検討中で、鹿児島県は早急に実施したい考え。

 伊藤知事によると、道路の封鎖は、今年1月に韓国で口蹄疫が発生した際に実施された防疫対策だという。

 県畜産課によると、県内で搬出制限の対象は、曽於(そお)市財部(たからべ)町の畜産農家約30戸で飼育する牛約200頭、豚約1400頭となる。県は9日夜、同町の県道2か所に新たに消毒地点を設置した。

 県は午前9時半から、県庁で口蹄疫対策本部会議(本部長=伊藤知事)を開き、知事は「準非常事態」を宣言。「県に近い地域で発生した。長期化することを覚悟し、国や宮崎県と力を合わせて全力で対応してほしい」と呼びかけた。

 今回、搬出制限区域内となる曽於市や霧島市も相次いで対策会議を開いた。

以前、東国原知事も感染地の南下を気にしておられましたが、熊本県や宮崎市に程近い地域に感染が拡がってしまいました。

熊本県の道路封鎖という対応も防疫の事を考えれば当然だろうと思います。

東京新聞:自衛隊、警察を増派 菅首相 口蹄疫対策指示:政治(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010061002000216.html
2010年6月10日 夕刊

 菅直人首相は「感染拡大を防止するためには迅速な初動対応が何よりも重要だ。緊張感を持って一丸となって対応していきたい」と述べ、迅速な対応を指示した。政府は自衛隊三十人、警察官百四十人を追加派遣し、消毒ポイントを増やすなど対策を進める。

抜粋引用につき、詳しくはリンク先をご覧下さい。

ようやく、人員増派を決定したようですね。これでもまだ足りないとは思いますけども。

迅速な殺処分の為にも、没却地の確保や金銭的な支援、人的支援を強化していく必要があります。

日本の畜産はどうなってしまうのでしょうか。

以下、追記。

asahi.com(朝日新聞社):宮崎・日向・西都の3市で新たに感染疑い牛 口蹄疫 - 社会
http://www.asahi.com/national/update/0610/SEB201006100013.html
2010年6月10日19時9分

 宮崎県の宮崎、西都、日向の3市で10日、相次いで家畜の伝染病・口蹄疫(こうていえき)特有の症状を示す豚や牛が新たに見つかったことがわかった。県は家畜の写真や検体を農林水産省や動物衛生研究所海外病研究施設(東京)に送るなどして詳しい検査を進める。確認されれば、一連の口蹄疫禍で宮崎と日向では初の感染疑い例となる。

 9日には県南部の都城市でも感染が確認されており、西部の西都市、北部の日向市と感染疑いが続いたことで、隣接する鹿児島、熊本、大分の各県に向かって感染地が拡大した形。これまでのウイルスの封じ込め策に漏れがあった可能性が高くなった。

 宮崎市は約1300頭の豚を飼う農場で3頭に症状が確認されたという。同市によると、農家から宮崎県の家畜保健衛生所に連絡があり、衛生所職員らが詳しく調べている。

 日向市は、4月20日に県内で初めて感染疑いが確認された都農町の北隣にある。関係者によると、現場の農場は牛約350頭を飼う肥育農家で、このうち5頭に症状が出たという。

 西都市の現場は数百頭規模で牛を飼育する農場とみられる。同市では今月1日の感染疑いの判明以降、新たな発生は確認されておらず、今月13日にも家畜の移動制限が解除される見通しになっていた。

 同市の山間部には県管理のエース級種牛5頭が避難中。避難先は今回感染疑いが明らかになった農場とは約20キロ離れているが、種牛の今後の避難解除にも影響を与えそうだ。

これがもし感染しているなら正直言って、今回増派される人員では全然足りません。
逐次投入は下策なので、大量投入してこれ以上の拡大を防ぐべきです。

種牛の避難できる場所は残っているのかな。心配です。





関連エントリー及びリンク

農林水産省/ホーム
http://www.maff.go.jp/
農林水産省/口蹄疫に関する情報
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/index.html
農林水産省/特定家畜伝染病防疫指針について
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_bousi/index.html

内閣府 行政刷新会議ホームページ
http://www.cao.go.jp/sasshin/index.html

動衛研:口蹄疫(Foot-and-mouth disease)関連情報
http://www.niah.affrc.go.jp/disease/FMD/index.html

動衛研:総説 口蹄疫ウイルスと口蹄疫の病性について
http://www.niah.affrc.go.jp/disease/FMD/sousetsu1997.html

口蹄疫ウイルスと口蹄疫の病性について
http://ss.niah.affrc.go.jp/disease/FMD/japan/murakami.html

日本養豚開業獣医師協会(JASV
http://www.e-jasv.com/
社団法人 宮崎県家畜改良事業団
http://www.mwia.or.jp/
社団法人中央畜産会 :Japan Livestock Industry Associaciton
http://jlia.lin.gr.jp/
独立行政法人 家畜改良センター
http://www.nlbc.go.jp/

口蹄疫 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/口蹄疫
2010年日本における口蹄疫の流行 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/2010年日本における口蹄疫の流行

口蹄疫@ ウィキ - トップページ
http://www23.atwiki.jp/kouteieki
2000年の自民党政権の口蹄疫への対応と、民主党の口蹄疫への対応を比較
http://anond.hatelabo.jp/20100511231152
報道監視まとめWIKI - 口蹄疫・報道規制疑惑
http://www15.atwiki.jp/houdou/pages/92.html
情報メモまとめ
http://chaosseed.qlookblog.net/

:::衆議院議員:赤松広隆オフィシャルウェブサイト:::
http://www.akamatsu-hirotaka.jp/
赤松広隆 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/赤松広隆
衆議院議員 山田正彦 - 公式ウェブサイト
http://www.yamabiko2000.com/
山田正彦 (政治家) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/山田正彦_(政治家)
まぶちすみお
http://www.mabuti.net/
馬淵澄夫 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/馬淵澄夫

東国原英夫オフィシャルブログ「そのまんま日記」by Ameba
http://ameblo.jp/higashi-blog/
東国原英夫 (higashitiji) on Twitter
http://twitter.com/higashitiji
東国原英夫 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/東国原英夫

口蹄疫について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-332.html
口蹄疫問題は、やはり報道管制が敷かれていたようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-339.html
口蹄疫問題の報道管制について。Vol.02
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-344.html
口蹄疫問題:ついに種牛にまで被害。非難させた6頭以外殺処分へ。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-346.html
口蹄疫問題の報道管制について。Vol.03
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-347.html
口蹄疫問題の報道管制について。Vol.04
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-356.html
口蹄疫問題:民主党の馬淵国交副大臣が宮崎県への責任転嫁をする文書を公開
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-360.html
口蹄疫問題:宮崎県の種牛5頭、殺処分回避の公算
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-374.html

ヘッドライン(10/05/23-10/05/29)
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-362.html





10/06/10 19:38 文章を追記。

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/tb.php/379-7970345e この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。