1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 口蹄疫問題:制限区域を前面解除、終息へ。
  4. 時事 » 
  5. 口蹄疫問題:制限区域を前面解除、終息へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

口蹄疫問題:制限区域を前面解除、終息へ。

宮崎の口蹄疫終息へ、制限区域を全面解除 : 週間ニュース : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20100727-OYS1T00170.htm
2010年7月27日 読売新聞

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、県は27日午前0時、宮崎市の発生農家を中心とした家畜の移動・搬出制限区域を解除した。県民にイベントや外出の自粛などを求めた非常事態宣言も全面解除。国内で10年ぶりに発生した口蹄疫は、1例目の発表から約3か月ぶりに終息に向かう形だ。

 県は今後、ウイルスが残っている可能性がある感染家畜の排せつ物の処理や、殺処分されなかった家畜の全頭目視検査を実施。8月27日にも発生の恐れがないことを示す終息宣言を出す方針だ。

 制限解除を受け、宮崎市の養豚農家が27日、出荷を再開する予定。非常事態が解かれることで、一般の観戦を制限していた全国高校野球選手権宮崎大会は、同日の準決勝から自由に観戦できるようになる。また、6月中旬から閉館していた県立図書館や県立美術館など市内90施設が再開する。

 県は4月20日、都農町の牛農家で口蹄疫が発生したと発表。7月4日までに、県内全26市町村のうち5市6町計292施設で発生し、ほぼ全域に家畜の移動制限区域(半径10キロ)や搬出制限区域(同10~20キロ)が設定された。

 今回、殺処分されたのは牛や豚、ヤギ、イノシシなど計約28万8600頭。うち約12万5500頭の牛と豚は、感染封じ込めのため、未感染の状態でワクチン接種を受け、処分された。感染集中地域では、県の主力級種牛5頭を除き、家畜はゼロになった。

宮崎県の口蹄疫がようやく終息します。
日本の畜産が失った物があまりにも大き過ぎて複雑な心境です。過去に何度も書いている事ではありますが、政府の初動の遅れが悔やまれてなりません。

一般の食肉牛等と種牛、種豚等については扱いを区別するような法整備が必要だと思います。

政府は宮崎の畜産の原状回復に全力を注ぐべきです。

少し古いネタですが。

asahi.com(朝日新聞社):宮崎知事ブログに議長苦言「農水相批判、絶対いけない」 - 政治
http://www.asahi.com/politics/update/0722/SEB201007210090.html
2010年7月22日20時23分

 中村幸一宮崎県議会議長は21日の県議会総務政策常任委員会で、山田正彦農林水産相に対する東国原英夫知事の最近の言動について「ああいう発信の仕方は県のためにならない」と苦言を呈し、県職員に「もっと知事に意見するべきだ」と忠告したうえで、「知事と徹底的に話せる人は(いるか?)」と挙手を求めた。

 「全国一の県民支持率」との世論調査結果がある知事の言動について、県議会という公の場で、厳しい意見が出るのは珍しい。議長の求めた挙手に対し、手を挙げた県職員はほとんどいなかった。

 知事は家畜の伝染病、口蹄疫(こうていえき)の問題で、ワクチン接種に同意を得られなかった民間種牛を殺処分するかどうかを巡り、山田農水相と激しく対立。結局、県が国に求めた助命は認められず、県は、17日に殺処分した。

 知事は当時、自身のブログに「前農水相が『国に責任がある』と言って辞任されたとき、どうして副大臣だった方(山田農水相)も一蓮托生(いちれんたくしょう)・連帯責任で辞めなかったのか」「山田大臣が『あくまでも殺処分ありき』という論理矛盾を押し通し、自分のメンツや意地だけを優先し、『殺処分しなければ移動制限解除はさせない』と強引・高慢な方針を突っ張られた」などと記していた。

 これらの言葉について議長は「今回の山田大臣に対するブログは絶対いけない。ああいう発信の仕方は県のためにならない。あれを見て、政府が金を出そうという気になるか」と非難。県民政策部の職員に「なぜ皆さんが『あまりやりすぎるな』と注意しないのか」と述べた。

 これに対し、県民政策部の山下健次部長は「今後、必要があれば私なりに申し上げていきたい」と答弁。

 しかし、議長は収まらず、「県庁全体に閉塞(へいそく)感がある。知事を怖がってものを言えない。本当に県をよくするなら意見をどんどん申し上げるべきだ」述べ、職員に対し「知事と徹底的に話せる人、20分以上激論したことがある人は手を挙げて」と問うた。(松井望美)

臨時議会|東国原英夫オフィシャルブログ「そのまんま日記」by Ameba
http://ameblo.jp/higashi-blog/entry-10597750705.html
2010-07-22

東国原知事もblogで書かれていますが、個人的感情によって国の政策に差がつけられる事はあってはならない事だし、たとえ恭順の意を示したところで山田農水大臣の態度が好転する事は無いと思います。

私は宮崎県外の人間ですが、ゴールデンウイーク明け辺りまで私の住む地域では口蹄疫の問題が取り上げられる事はありませんでしたし、政府の初動の遅れについて現在でも大手マスコミで正確に報道している所は皆無です。
そんな中で、東国原知事が正確な情報をblogやtwitter等で発信して頂いている事は有り難かったし、大変勉強にもなりました。
また、県外の人間が募金活動やその他の支援をするのにも役立っていたと思います。

口蹄疫対策の基金設置明言避ける 山田農相 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010072801000348.html

 衆院農林水産委員会は28日、宮崎県の口蹄疫問題で閉会中審査を実施した。口蹄疫対策特別措置法に盛り込まれている地域経済の支援に向けた基金について、山田正彦農相は「例として示している。農林水産省だけでなく、財務省、内閣府を含め考えていきたい」と話し、設置するかどうかの明言を避けた。自民党の宮腰光寛議員への答弁。

 山田農相は復興に向け、「畜産農家への経営再開支援金を支払うなどの対策を講じている」と説明。「今後も宮崎県からの要望を聞きながら、必要な措置を検討したい」とした。

 また、27日から県内での家畜の移動・搬出制限が全面解除になったことには、「一応の終息をみることができた。県全体で一丸となって対処していただいたことに感謝している」と強調した。

 自民党など野党が、口蹄疫問題の重要性を考えると国会閉会中でも議論が必要と主張。民主党など与党も、問題がヤマ場を越えたとして受け入れた。

未だに政府から何の支援も無く、山田農水大臣の態度もこんな感じですから焦る気持ちも分かりますが、東国原知事を責めても状況が変化する訳ではありません。内輪もめをするよりも、近隣の県を巻き込んで一致団結して政府に要望していくべきです。

報道の少なさから県外の人間にはあまり事態の深刻さが理解されていない部分もあります。発信を止めるのではなく、正確な情報を随時発信していくべきです。

最後にWebで拾った画像を掲載します。

口蹄疫問題:政府の初動の対応まとめ






関連エントリー及びリンク

首相官邸ホームページ
http://www.kantei.go.jp/
国土交通省
http://www.mlit.go.jp/
総務省消防庁
http://www.fdma.go.jp/

農林水産省/ホーム
http://www.maff.go.jp/
農林水産省/口蹄疫に関する情報
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/index.html
農林水産省/特定家畜伝染病防疫指針について
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_bousi/index.html

内閣府 行政刷新会議ホームページ
http://www.cao.go.jp/sasshin/index.html

動衛研:口蹄疫(Foot-and-mouth disease)関連情報
http://www.niah.affrc.go.jp/disease/FMD/index.html

動衛研:総説 口蹄疫ウイルスと口蹄疫の病性について
http://www.niah.affrc.go.jp/disease/FMD/sousetsu1997.html

口蹄疫ウイルスと口蹄疫の病性について
http://ss.niah.affrc.go.jp/disease/FMD/japan/murakami.html

日本養豚開業獣医師協会(JASV
http://www.e-jasv.com/
社団法人 宮崎県家畜改良事業団
http://www.mwia.or.jp/
社団法人中央畜産会 :Japan Livestock Industry Associaciton
http://jlia.lin.gr.jp/
独立行政法人 家畜改良センター
http://www.nlbc.go.jp/

口蹄疫 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/口蹄疫
2010年日本における口蹄疫の流行 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/2010年日本における口蹄疫の流行

口蹄疫@ ウィキ - トップページ
http://www23.atwiki.jp/kouteieki
2000年の自民党政権の口蹄疫への対応と、民主党の口蹄疫への対応を比較
http://anond.hatelabo.jp/20100511231152
報道監視まとめWIKI - 口蹄疫・報道規制疑惑
http://www15.atwiki.jp/houdou/pages/92.html
情報メモまとめ
http://chaosseed.qlookblog.net/

:::衆議院議員:赤松広隆オフィシャルウェブサイト:::
http://www.akamatsu-hirotaka.jp/
衆議院議員 山田正彦 - 公式ウェブサイト
http://www.yamabiko2000.com/
まぶちすみお
http://www.mabuti.net/

赤松広隆 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/赤松広隆
山田正彦 (政治家) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/山田正彦_(政治家)
馬淵澄夫 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/馬淵澄夫

東国原英夫オフィシャルブログ「そのまんま日記」by Ameba
http://ameblo.jp/higashi-blog/
東国原英夫 (higashitiji) on Twitter
http://twitter.com/higashitiji
東国原英夫 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/東国原英夫

口蹄疫について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-332.html
口蹄疫問題は、やはり報道管制が敷かれていたようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-339.html
口蹄疫問題の報道管制について。Vol.02
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-344.html
口蹄疫問題:ついに種牛にまで被害。非難させた6頭以外殺処分へ。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-346.html
口蹄疫問題の報道管制について。Vol.03
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-347.html
口蹄疫問題の報道管制について。Vol.04
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-356.html
口蹄疫問題:民主党の馬淵国交副大臣が宮崎県への責任転嫁をする文書を公開
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-360.html
口蹄疫問題:宮崎県の種牛5頭、殺処分回避の公算
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-374.html
口蹄疫問題:感染は南下して、都城市に。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-379.html
口蹄疫問題:殺処分対象の家畜、約27万6千頭の殺処分が完了
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-408.html
口蹄疫問題:宮崎市で新たな感染疑い例。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-411.html
口蹄疫問題:民間種牛の延命について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-419.html

民主党政権の災害への対応について。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-425.html

ヘッドライン(10/05/23-10/05/29)
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-362.html

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/tb.php/432-7ba60680 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。