1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 在日外国人への住民投票権付与について
  4. 時事 » 
  5. 在日外国人への住民投票権付与について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

在日外国人への住民投票権付与について

住民投票は「外国人にも投票権を」仙谷長官 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/110111/plc1101111823012-n1.htm
2011.1.11 18:22

 仙谷由人官房長官は11日の記者会見で、地方自治体が住民投票を実施する際に定住外国人にも投票権を付与する動きについて「(菅直人内閣が掲げる)国を開く『平成の開国元年』という観点から、アジアであれ、北米大陸であれ、いろいろな方々と共生する環境をつくることが国の基本方針にならなければならない」と述べ、政府として推進を目指す考えを表明した。また「地域社会も、そういうコミュニティーがつくられる条件をつくるべきだ」とも指摘した。

 地方自治体が条例で定める住民投票をめぐっては、神奈川県大和市などが定住外国人の投票を容認している。奈良県生駒市では、定住外国人も投票できる「市民投票条例案」の成立を目指す動きが明らかになり、同市に苦情や抗議が殺到しているという。

 一方、片山善博総務相は11日の記者会見で、地方自治体の条例による住民投票とは別に、地方自治法に基づく住民投票の対象を公共施設建設の是非などに拡大する方針を明らかにした。投票結果に法的拘束力を持たせる一方、今のところ投票者の要件は、現行公職選挙法の規定を適用し、外国人の投票は認めない方針だ。

まず、住民投票権を外国人に与えていない現在でも、外国人との共生は出来ています。
その証拠に以前のエントリーで書いたように中国人の犯罪が多くても、生活保護を不正受給しようとしても、尖閣事件が起きても、日本に中国人排斥の動きは出ていません。北朝鮮による拉致事件も同様ですね。

「外国人との共生」を理由にするのは無理があります。

以前のエントリーでも取り上げましたが、記事にもある住民投票に法的拘束力を持たせる事になれば、参政権以上の強力な権利を行使出来るようになり、地方自治体が外国勢力に乗っ取られる事態も起きかねません。

よく考えてみて下さい。国政でさえ出来もしないマニフェストを掲げて政権を取っても、マニフェストに法的拘束力は無いので、実現しなくても、変更・修正しても誰も責任を取りませんし、罰を受ける訳でもありません。

小さな地方自治体で意思を持った外国勢力が大量に移住をし、外国勢力の支援を受けた首長が誕生して、支援をした外国勢力の意向を受けて日本からの独立及び外国への帰属を住民投票の俎上に上げた場合、その住民投票は通るでしょうし、合法的に占領が可能になります。
奪取するにしても、日本人を人質にしてくるでしょうし、武力衝突が起こり内戦状態になるかも知れません、そうするとそれを理由に常任理事国が軍の駐留を求めてきて、紛争当事国である日本はそれを拒否出来ないでしょう。ここで、日本は独立国では無くなります。

ここまでに10年以上は掛かるでしょうが、法律さえ通してしまえば普天間問題を解決するよりも簡単かも知れません。

菅総理や民主党が最近よく言っている「平成の開国」や鳩山前総理の「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」という発言を具現化したものが、この仙谷官房長官の発言や地方自治法の改正、外国人参政権なのでしょう。

日本を守る為にも国政選挙以上に地方選挙を重視しなければならない状況になるのかも知れません。


関連エントリー及びリンク

総務省
http://www.soumu.go.jp/

民主党 web-site 民主党の政権政策Manifesto2010
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2010/index.html
民主党 web-site 民主党の政権政策Manifesto2009
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/index.html
民主党政策INDEX2009
http://www.dpj.or.jp/policy/manifesto/seisaku2009/index.html

仙谷由人ホームページ
http://y-sengoku.com/

仙谷由人 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/仙谷由人
片山善博 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/片山善博

政府提出の地方自治法改正案について。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-532.html

外国人の参政権について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-177.html
平野官房長官は、外国人の参政権について地方自治体の意見を聞く気はないようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-202.html
外国人参政権問題:園部逸夫元判事の証言について。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-239.html
鳩山政権には、「主文」と「傍論」を区別出来る人間がいないようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-256.html

移民というものの危険性
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-62.html
中国並みの人治国家へと転がり落ちてゆく日本
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-76.html
千葉法務大臣がまた不法滞在者に在留特別許可を出していたようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-85.html
千葉法務大臣、司法とは何なのですか?
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-116.html
外国人労働者の受け入れについて。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-271.html
外国人医師は、日本の医師免許が無くても診療できるようにするそうです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-277.html
国連の見解では、在留特別許可を与えると「人種差別」にあたるそうなので、在留特別許可制度を止めて人種差別を無くそう。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-287.html

仙谷官房長官の日韓の戦後処理に関する発言について。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-413.html
朝鮮学校、無償化で調整へ。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-440.html
朝鮮学校の無償化について Vol.02
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-447.html
菅談話について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-449.html
菅談話:岡田外務大臣、談話は北朝鮮も含まれる、との見解を示す。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-450.html
朝鮮学校の無償化について Vol.03
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-536.html
宮内庁保管の朝鮮関連の文化財1205冊を引き渡しへ
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-539.html
日韓図書協定に関する政府答弁書について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-580.html

一歩先へ行く名古屋市
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-4.html
名古屋、河村市長財源の根拠無く、市民税10%減税案を出す。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-14.html
名古屋・河村市長、本丸御殿には否定的だったにも関わらず、天守閣再建には前向き
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-15.html
名古屋・河村市長、市民税10%減税の財源ついて言及する
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-16.html
無駄削減で財源を捻出するという名古屋・河村市長の八面六臂の活躍ぶり
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-22.html
名古屋・河村市長の掲げる「市民税10%減税案」がようやく発表されたようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-96.html
名古屋市で市民税の10%減税案が原案通り可決
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-148.html
161億円の減収を齎した名古屋市の「市民税減税10%」1年で終了の見込み。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-276.html
名古屋市議会のリコール署名について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-505.html
名古屋市議会のリコール、30人が「署名をしていない」と回答。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-544.html
名古屋市議会のリコール不成立
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-558.html
名古屋河村市長の辞意表明について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-562.html
議会のリコール署名一転して成立。住民投票へ。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-586.html
名古屋・河村市長の専決について。 他
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-599.html

仙谷官房長官の「専業主婦は病気」発言について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-600.html

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/tb.php/611-6c5653bd この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。