1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 東北地方太平洋沖地震:放射性物質と放射線の人体の影響について
  4. 時事 » 
  5. 東北地方太平洋沖地震:放射性物質と放射線の人体の影響について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

東北地方太平洋沖地震:放射性物質と放射線の人体の影響について

福島県災害対策本部、環境放射能の人体への影響についてのQ&Aを公開 -INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110321_434250.html
2011/3/21 14:19

 福島県災害対策本部は20日、環境放射能の測定値や水や農産物の検査で放射性物質が検出されていることを受けて、「環境放射能が人体に及ぼす影響等について」というQ&AをまとめてPDFで公開した。

 Q&Aは、3月19日付けで福島県放射線健康リスク管理アドバイザーに就任した、長崎大学大学院 医師薬学総合研究科長 山下俊一教授の記者会見における内容をとりまとめたもの。

 Q&Aの項目は7つと数は少ないが、「飲用水(水道水)から放射性ヨウ素が検出されているが、本当に安全なのか」、「原乳から基準値を超えるヨウ素131が検出されたが、どのように受け止めたらいいのか」、「妊婦や乳幼児が牛乳を飲んでも大丈夫なのか」など、福島県民でなくても知りたい疑問がピックアップされている。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況速報
http://www.pref.fukushima.jp/j/index.htm
環境放射能が人体に及ぼす影響等について
http://www.pref.fukushima.jp/j/Q&A.pdf (PDF注意)

環境放射能が人体に及ぼす影響等について

平成23年3月20日

この Q&A は、平成23年3月19日付けで福島県放射線健康リスク管理アドバイザーに就任された長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科長(医学博士)山下俊一氏の記者会見時における内容をとりまとめたものです。

Q 福島市で環境放射能の測定値が1時間当たり20マイクロシーベルトと高くなっているが、安定ヨウ素剤の配布は必要ないのか。

1時間当たり20マイクロシーベルトの放射線が降り注いだとして、人体に取り込まれる量は約1/10の1時間当たり2マイクロシーベルト以下か更に少ないと考えられます。2マイクロシーベルトを24時間受け続けたとしても約50マイクロシーベルトにしかなりません。
世界中には、1年間に10ミリシーベルトや50ミリシーベルトの被ばくを自然界から受ける放射線の高い地域があり、その環境下に住んでいる方々でも、将来ガンになるリスクは、他の地域の方々と全く変わりません。
安定ヨウ素剤の配布は、その場に24時間滞在すると50ミリシーベルトを超えると予測される場合になされます。現在の1時間当たり20マイクロシーベルトは極めて少ない線量で、1ヶ月続いた場合でも、人体に取り込まれる量は約1/10のため1ないし2ミリシーベルトですので、健康への影響はなく、この数値で安定ヨウ素剤を今すぐ服用する必要はありません。

※1ミリシーベルト=1,000マイクロシーベルト

Q なぜ、福島市内の環境放射能が高いのか。

地形、天候、風向き等に影響され、また、同心円状に地域に均一に降るのではなく、塊があったり、まばらに降るので、それぞれ高い地域と低い地域があるものと考えられます。

Q 飲用水(水道水)から放射性ヨウ素が検出されているが、本当に安全なのか。

今回の事故で、環境中に放射能が放出されているのは事実です。
しかし、3月19日23時現在における数字は24ベクレル/kg であり、飲料水の基準値である300ベクレル/kg を大きく下回っております。また、放射性ヨウ素の半減期は8日と短く、短期間で希釈されますので、甲状腺が影響を受けるということは全くありません。また現状のレベルでは全く心配ありません。

Q 緊急モニタリング調査において、川俣町で採取した牛乳から基準値を超えるヨウ素131が検出されたが、どのように受け止めたらよいか。

基準値を超えたものは、当然流通させることはできません。
今後は、国や県を中心に食品の安全管理のため、各地域で定期的な検査が実施され、安全の確保が考えられますので、そのデータを慎重に注視していく必要があります。

Q 妊娠している方や乳幼児が牛乳を飲んでも大丈夫なのか。

原乳は出荷されていないことから、牛乳としては流通しておりませんが、汚染されたものは飲まないことが原則です。 今後、国や県が出すモニタリング調査の結果を注視していく必要があります。

Q 半径20~30kmの範囲を屋内退避区域として設定するのは妥当か?

チェルノブイリ原発の事例では、避難区域が最大30kmに設定されました。ただし、今回の事故は、チェルノブイリ原発と同様の事故には至らないと思われるので、妥当な範囲と考えられます。

Q 福島市内の環境放射能の測定値が高くなっても30kmを拡大しなくてもよいのか。

現時点のレベルにおいて健康への影響という点に関しては考える必要はありません。

PDFをご覧頂けない方もいるかも知れませんので、全文引用致しました。引用ミスは無いと思いますが、必ずPDFも確認して下さい。

文部科学省のモニタリングカーを用いた福島第1発電所及び第2発電所周辺の空間線量率の測定結果(地図)(再掲):文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1303747.htm

こちらに福島県の放射線量の計測結果があります。リンク下部に日常で受ける放射線量もありますので、参考にして下さい。

普段から自然に浴びている放射線の量を一目で比べられる巨大なインフォグラフィクス(翻訳済) ? DNA
http://dailynewsagency.com/2011/03/20/radiation-chart/
2011.03.20 10:24

また、こちらのページには日常で受ける放射線量が図で示されており、とても分かり易いです。

これらを見る限り、現状では避難勧告や屋内待機の勧告に従っていれば、危険とは思えません。現状が危ないという事であれば、飛行機には乗れませんし、鉛で出来た家に住み、外に出ないようにするしかありません。

厚生労働省:福島県産及び茨城県産食品から食品衛生法上の暫定規制値を超過した放射能が検出された件について(福島原子力発電所事故関連)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000015iif.html
平成23年3月19日
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000015iif-att/2r98520000015ik5.pdf (PDF注意)

「緊急モニタリング検査結果について(福島県・原乳)」(厚労省より引用)

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000015iif-att/2r98520000015jpm.pdf (PDF注意)

栃木県産のほうれん草及びネギの分析結果(厚労省より引用)

東日本大震災:福島第1原発事故 放射性物質、どう対応 ヨウ素、体内8日で半減 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110321ddm012040050000c.html
2011年3月21日 東京朝刊

 福島第1原発の事故で、周辺地域の農作物などへの放射性物質の影響が次々と公表されている。現状や対応策について、専門家の話をもとにまとめた。

 ◇野菜は洗うか、ゆでれば「低減」
 Q 放射性物質で汚染された食品を食べるとどうなるの?

 A ヨウ素は甲状腺に取りこまれる性質があり、大量摂取は甲状腺がんのリスクを高める。だが半減期(放射線量が半分になる時期)は8日と短い。東京大付属病院の中川恵一准教授は「ヨウ素は1カ月で16分の1に減り、3カ月もするとほぼゼロになる」という。一方、セシウムは半減期が30年と長い。環境への長期の影響が心配されるが、「体内では排尿などで放出されるので、100日程度で半分になる」(中川准教授)という。

 Q 暫定規制値って?

 A 食品衛生法に基づき厚生労働省が定めている基準。放射性物質の種類や食品ごとにあり、食品1キログラムあたりの放射能の強さを測る単位「ベクレル」で示される。都道府県などが測定し、規制値を超える食品が見つかると市場に流通しないよう措置が取られる。

 Q 「ベクレル」と「シーベルト」との違いは?

 A ベクレルは放射線を出す強さの単位で、体への影響を見るにはシーベルトに換算が必要。1キログラムあたり1万5020ベクレルのヨウ素が検出されたホウレンソウを食べたときの影響は0・33ミリシーベルト。日本人の1日の平均摂取量は約15グラムなので、実際の影響は0・0049ミリシーベルトになる。

 Q 食べ続けても大丈夫?

 A 日本人は普段も摂取した魚や野菜などから年間0・3ミリシーベルトを受けている。関澤純・元徳島大教授によると、ホウレンソウは洗ったり、ゆでたりすれば放射性物質はかなり減る。

 牛乳は「最も汚染されたもの(福島県の約1500ベクレル)でも、数回飲むくらいなら自然被ばくの10分の1以下で、飲み続けなければ大丈夫」という。

 ◇現状、雨にぬれても影響なし
 Q 水道水は飲んでいいの?

 A 水1リットル(1キログラム)当たりの摂取制限の指標はヨウ素で300ベクレル、セシウムで200ベクレル。福島県内では17日、一時的に308ベクレルのヨウ素が検出された。厚労省は指標を超えた場合、飲用は控えたほうがいいものの、風呂や手洗いなどには問題ないとしている。飲用水がなければ、飲んでも差し支えないとの見解も示している。

 Q 雨が降ってきたら?

 A 文部科学省は全国の都道府県などに対し、地上に落ちたちりや雨に含まれる放射能を調査し、可能な限り毎日、報告するよう求めている。20日発表されたデータでは栃木や群馬、埼玉などの都県で微量な放射性ヨウ素などが検出されているが、雨にぬれても健康に影響はないと考えていいレベルだ。ただし田中俊一・元原子力委員会委員長代理は「このまま大気中の放射性物質濃度が高い状態が数カ月続くと、健康への影響が心配になってくる」と話す。

 できる限り被ばくを抑えたい人は(1)外出は雨がやんでからにする(2)髪や皮膚がぬれないようにする(3)気になる場合は、流水で洗う--ことを心がけたい。

 Q 食品の汚染が心配なときはどうやって食べればいい?

 A 放射線医学総合研究所のホームページによると、野菜は、洗う▽煮る(煮汁は捨てる)▽皮や外葉をむく--ことで汚染の低減が見込める。

抜粋引用の為、詳しくはリンク先をご覧下さい。

福島県のQ&Aと一部内容が重なりますが、暫定基準値を超えた物は市場には出回りませんので、気にする必要は無いと思いますが、気になる方は上記の予防措置を執って下さい。

放射線医学総合研究所
http://www.nirs.go.jp/index.shtml
放射線被ばくに関する基礎知識 第 3 報
http://www.nirs.go.jp/data/pdf/i6_j.pdf (PDF注意)
平成 23 年 3 月 20 日 14:00 更新

放射線被ばくに関する基礎知識 第 3 報
平成 23 年 3 月 20 日 14:00 更新

1.放射性物質で汚染された食べ物のことが報道されていますが、野菜などを食べる際に気をつける事はありますか?

野菜で検出された放射性物質は、ほとんどすべて、表面に付いていると考えられます。
従って、野菜を洗う、煮る(煮汁は捨てる)、皮や外葉をむく、などによって、汚染の低減が期待できます。


2.避難地域、屋内退避地域の住民ですが、避難する時に着た服や、汚染検査で放射能が検出された服はどうすれば良いですか?

現時点では避難地域、屋内退避地域の住民の方々の服には健康に影響がでるような量の放射線が検出されたことはありません。通常通り洗濯して今後も着てくださって構いません。


3.服の除染や洗濯に使った水はどうすれば良いですか?

通常の排水に捨ててくださって構いません。


4.被災地から避難してきた人をそのまま受け入れて大丈夫ですか?

被災地等から避難してきた方を受け入れる時には、コートやジャンパーなどを脱ぎ、まずはシャワーを浴びさせてあげてください。シャワーは、シャンプーで洗髪し、洗顔をし、体を洗います。体を洗うときは、爪の間もしっかり洗うようにしてください。シャワーのお湯はそのまま流して結構です。
また、被災地からの移動に使用した自動車にも放射性物質が付いているかもしれませんが、普通に洗車をすれば良いです。水もそのまま流して結構です。

放射線被ばくに関する基礎知識 第 3 報(放射線医学総合研究所より引用)

PDFをご覧頂けない方もいるかも知れませんので、全文引用致しました。PDFは常に更新されているようです。必ず、リンク先で最新の情報を確認するようにして下さい。

洗濯の方法や放射線量の多い地域から帰宅時の対処法などが書かれています。何度も書いています通り、避難勧告区域外であれば、気にする必要は無いと思いますが、少しでもリスクを低減したい方は参考にして下さい。

私は、被災者でも計画停電の地域にも住んでおりませんので、普段通りの生活をし、普段通りの経済活動を行っていくつもりです。防災意識が高まるのはとても良い事だとは思いますが、防災の為に備蓄をしたり防災グッズを買ったりするのは、被災者に十分な物資が行き渡ってからでも良いのではないかと思います。

扇動するような情報に惑わされず、正確な情報を収集して冷静に行動して下さい。

繰り返しになりますが、ここで取り上げた情報は古い可能性があります。必ず、各関係機関で最新の情報を入手するようにして下さい。

以下、追記。

厚生労働省:福島県(飯舘村含む)における水道中の放射性物質に関する情報について(第2報)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000015ovb.html
平成21年3月21日

 福島県(飯舘村含む)における水道水の放射性物質に関する情報を入手しましたので、お知らせいたします。

 3月21日、福島県の原子力センター福島支所によって測定された福島県飯舘村の飯舘簡易水道(別添1)、川俣町を含む県内7箇所(別添2)における水道水中の放射線物質に関する情報を入手しましたのでお知らせいたします。
 飯舘簡易水道においては、放射性ヨウ素が965Bq(ベクレル)/kg(3月20日12時半時点)から492Bq/kg(3月21日8時半時点)に下がっております。
 また、川俣町を含む7箇所については、3月19日に公表した測定結果に一部追加したものであり、3月17日の川俣町(公表済み)を除き、全て「飲食物摂取制限に関する指標値」(参考1)を下回っております。
 なお、この指標値を超える水道水を一時的に飲用しても健康影響が生じる可能性は極めて低く、代替飲用水が確保できない場合には飲用しても差し支えありません。また、手洗い、入浴等の生活用水としての利用は可能です。
 今後とも、福島県に対して適切な対応を要請する(参考2)とともに、福島県の水道水に関する測定データを入手し、それに基づき適切に対処してまいります。

(参考1)原子力安全委員会が定めた飲食物摂取制限に関する指標値
放射性ヨウ素(飲料水)300 Bq(ベクレル)/kg
(注)「飲食物摂取制限に関する指標」の考え方
原子力安全委員会により、ICRP(国際放射線防護委員会)が勧告した放射線防護の基準(放射線ヨウ素は実効線量50ミリシーベルト/年)を基に、我が国の食品の摂取量等を考慮して食品のカテゴリー毎(飲料水、食品等)に定められている。

(参考2)「福島第一・第二原子力発電所の事故に伴う水道の対応について」(平成23年3月19日付け健水発0319第1号)
○原発事故に伴い、水道水中の放射線測定値が「飲食物摂取制限に関する指標」を超過した場合の水道の対応について、
1)指標を超えるものは飲用を控えること
2)生活用水としての利用には問題がないこと
3)代替となる飲用水がない場合には、飲用しても差し支えないこと
等について、各都道府県水道行政担当部局長及び水道事業者に対して通知。

別添1
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000015ovb-img/2r98520000015ows.pdf (PDF注意)
別添2
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000015ovb-img/2r98520000015p1k.pdf (PDF注意)

放射性ヨウ素100ベクレル超の水、乳児に不使用を 厚労省通知  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E0E3E2E09F8DE0E3E2E1E0E2E3E39180EAE2E2E2

2011/3/21 19:12

 厚生労働省は21日、放射性ヨウ素が1キログラム当たり100ベクレルを超えた水道水について、乳児用粉ミルクを溶くために使わないように都道府県に通知した。同100ベクレルを超えた牛乳も乳児に飲ませないよう求めた。食品衛生法に基づく放射線ヨウ素の暫定規制値は飲料水や牛乳の場合、同300ベクレルだが、同省によると、乳児は吸収しやすいとのデータがあるという。

妊婦の方、乳幼児のの方は、飲料水とする場合、あるいはミルクを作る場合には特に注意して下さい。

更に追記。

東京都、水道水からヨウ素検出 「乳児の飲用控えて」 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032301000502.html

 東京都は23日、都水道局の金町浄水場(葛飾区)で、水道水1キログラム当たり210ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたと発表した。乳児の基準100ベクレルを超えているとして、乳児が飲むのを控えるよう求めた。乳児以外の基準300ベクレルは下回っている。

 対象地域は東京23区と武蔵野、三鷹、町田、多摩、稲城の5市の全域。

 都によると、22日に3カ所の浄水場で検査。小作浄水場(羽村市)は32ベクレル、朝霞浄水場(埼玉県朝霞市)では検出されなかった。23日の検査でも金町浄水場で速報値として190ベクレルの放射性ヨウ素が検出された。

 都は「基準は長期間摂取した場合の健康への影響を考慮したもので、代替の飲用水が確保できない場合は飲んでも差し支えない」と説明している。

 これまで福島県内でも100ベクレルを超えるヨウ素が水道水から検出されており、飯館村では20日に965ベクレルが出た。厚生労働省は既に、対象自治体に乳児が飲まないよう求めており、ペットボトルや給水車による飲料水の提供が始まっている。

東京都防災ホームページ:東北地方太平洋沖地震に伴う東京都の対応について
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/datasheet/d-shelter/taiheiyooki_h22.html
水道水の放射能測定結果について(17報)(水道局)
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/japanese/press/0323suidou.pdf (PDF注意)
平成23年3月23日

詳しくはこちら。

今回の場合も妊婦の方、乳幼児のの方が飲料水とする場合、あるいはミルクを作る場合には注意して下さい。


関連エントリー及びリンク

首相官邸ホームページ
http://www.kantei.go.jp/
文部科学省ホームページ
http://www.mext.go.jp/
厚生労働省:ホーム
http://www.mhlw.go.jp/
気象庁 Japan Meteorological Agency
http://www.jma.go.jp/jma/index.html
総務省消防庁
http://www.fdma.go.jp/
原子力安全・保安院 緊急時情報ホームページ
http://kinkyu.nisa.go.jp/kinkyu/
財務省ホームページ
http://www.mof.go.jp/

予算・決算:財務省
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/syukei.htm
税制ホームページ:財務省
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/syuzei.htm

放射線医学総合研究所
http://www.nirs.go.jp/index.shtml
日本原子力学会
http://www.aesj.or.jp/

東京電力ホームページ - エネルギーの最適サービスを通じてゆたかで快適な環境の実現に貢献します -
http://www.tepco.co.jp/index-j.html

IIJGIO_Cache - PukiWiki 公共自治体サイトの情報ミラーサイト(IIJ提供)
http://cache.iijgio.com/
とあるミラーサイト作成
http://tanaka.sakura.ad.jp/mirror/

2011年東北地方太平洋沖地震 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/2011年東北地方太平洋沖地震

商用電源周波数 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/商用電源周波数

ベクレル - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/ベクレル
シーベルト - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/シーベルト

民主党 web-site 民主党の政権政策Manifesto2010
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2010/index.html
民主党 web-site 民主党の政権政策Manifesto2009
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/index.html
民主党政策INDEX2009
http://www.dpj.or.jp/policy/manifesto/seisaku2009/index.html

***蓮舫***
http://www.renho.jp/
枝野幸男オフィシャルサイト 民主党衆議院議員
http://www.edano.gr.jp/
菅直人公式サイト
http://www.n-kan.jp/
仙谷由人ホームページ
http://y-sengoku.com/

蓮舫 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/蓮舫
枝野幸男 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/枝野幸男
菅直人 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/菅直人
仙谷由人 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/仙谷由人

「東北地方太平洋沖地震」について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-676.html
東北地方太平洋沖地震:節電を呼び掛けるチェーンメールについて
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-678.html
東北地方太平洋沖地震:エリアメールを騙った迷惑メールについて
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-681.html
東北地方太平洋沖地震:インターネットの情報について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-682.html
前官房長官の仙谷氏、官房副長官に就任
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-683.html
東北地方太平洋沖地震:被災者の生活保護費用を地方自治体に負担させる厚労省通知について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-685.html

亀井大臣は株価に人格が有ると思っているようです
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-95.html
民間の仕分け人、「Office Wada」の和田浩子代表が「能無しでも出来るかも知れない」と発言
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-97.html
民主党の議員は、その場その場で都合の良い事を言えば良いと思っているようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-107.html
ほぼ日刊「閣内不一致」
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-108.html
事業仕分け、その後。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-131.html
仕分け人の枝野議員、仕分け対象について「「財務省がリストを作ったと言われているが、決めたのは議員。財務省が勝手に案を持ってきて、たまたま一致しただけ」と説明
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-146.html
民主党のマニフェストのスローガン「コンクリートから人へ」が「コンクリートで人を(略)」に思えて仕方ありません。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-157.html
事業仕分けの費用は1655万円以上
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-257.html
事業仕分け、第2弾について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-304.html
事業仕分けについての枝野大臣のTV番組での発言について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-310.html
事業仕分けの対象と民間仕分け人が正式決定。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-317.html
事業仕分け第2弾、後半の対象法人及び事業決定。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-349.html
「宝くじ」仕分け、販売停止へ。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-352.html
[事業仕分け]宝くじ復活と仕分け第2弾の後半の結果
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-359.html
蓮舫行政刷新担当大臣、宇宙開発予算の仕分けについて「仕分け結果を何が何でも守るべきだということではない」と発言。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-384.html
もみじマークのデザイン変更と事業仕分け
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-457.html
事業仕分け第3弾(前半)の対象と仕分け人が決定。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-520.html
事業仕分け第3弾(前半)の結果
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-528.html
事業仕分け第3弾(後半)の仕分け人と結果
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-556.html
事業仕分けで有料化された自衛隊広報施設、再無料化へ
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-632.html
蓮舫大臣は、事業仕分けの成果をご存じなかったようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-671.html

鳩山総理、「私はたばこを吸わない。(略)たばこ税、増税有り得べし」と発言
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-73.html
年金問題で、鳩山政権がまた公約違反
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-133.html
平成22年度税制改正大綱を閣議決定
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-150.html
2010年度予算案の閣議決定を受けての鳩山総理記者会見
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-153.html
鳩山政権は、埋蔵金が底をついたので、アジアの成長の為に高齢者の資産に課税するそうです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-154.html
鳩山政権が「新成長戦略」発表
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-159.html
「子ども手当て」の財源は埋蔵金ではなく、「所得税の増税」だそうです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-240.html
ようやく、配偶者控除及び扶養控除廃止の負担増に気が付いたようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-247.html
高齢者の新医療制度案、負担は現役世代へ
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-259.html
友愛の精神を持って、「子ども手当て」で外国籍の存在しない子供を助けよう。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-262.html
鳩山政権では、法案の不備を指摘されても修正する気は無いようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-272.html
「子ども手当」は、法案が通ったにも関わらず、試算がまだだったようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-279.html
友愛の精神を持って、「子ども手当」で外国籍の存在しない子供を助けよう。 Vol.02
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-289.html
菅直人財務大臣、「増税しても、使う道を間違わなければ(お金が循環して)景気が良くなる」と発言
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-305.html
子ども手当申請3ケタ越え。第1号は韓国人の男性。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-322.html
枝野大臣、「子ども手当」の制度の誤りを認める。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-342.html
中国人へのビザ発給要件を緩和して、犯罪者予備軍を受け入れよう。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-355.html
子ども手当支給開始
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-367.html
菅総理の提言する消費税の還付について。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-407.html
「子ども手当」1万3千円支給では、年収700以下の専業主婦世帯全てで負担増。-第一生命調べ-
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-410.html
たばこ税、10月1日から増税
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-426.html
2011年度予算の概算要求基準を閣議決定
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-431.html
エコカー補助金、9月末で終了 他。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-434.html
子ども手当、来年度も満額支給断念。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-437.html
菅内閣、年金積立金の取り崩し案検討
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-441.html
子ども手当の増額について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-446.html
高速道路無料化:社会実験区間の無料恒久化なら2兆円必要との試算
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-453.html
防衛省の予算戦略について。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-454.html
民主党・政策調査会の子ども手当の試算について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-468.html
JAXAの広報施設「JAXA i」廃止。年末に営業停止へ。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-479.html
家電エコポイント延長 他。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-486.html
平成23年度の子ども手当法案について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-514.html
民主党政権の社会保障政策について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-524.html
環境自動車税について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-531.html
国の債務、3ヶ月で4兆円増
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-543.html
子ども手当、来年度から対象を国内居住者に限定へ
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-547.html
年金財源、2.5兆円不足。年金積立金の取り崩しで財源確保へ。消費税増税も検討。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-565.html
公的年金支給額、引き下げへ 他
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-591.html
来年度以降の予算について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-594.html
自賠責保険の値上げについて
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-619.html
年金問題:第3号被保険者の救済問題について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-669.html
年金問題:第3号被保険者の救済問題について Vol.02
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-674.html

子供への社会保障制度の教育について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-430.html

住基ネット反対だったはずの民主党が、一転して住基ネット拡充、推進へ
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-404.html

「規制仕分け」の対象とメンバーについて
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-665.html
「規制仕分け」の結果について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-668.html

口蹄疫問題は、やはり報道管制が敷かれていたようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-339.html
口蹄疫問題の報道管制について。Vol.02
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-344.html
口蹄疫問題の報道管制について。Vol.03
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-347.html
口蹄疫問題の報道管制について。Vol.04
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-356.html

民主党政権の災害への対応について。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-425.html



2011/03/21 21:27 文章の校正
2011/03/22 17:10 文章の追記
2011/03/23 17:00 文章の追記

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/tb.php/686-0a6e7fe4 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。