1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 東北地方太平洋沖地震:マスコミその他の大連立の論調について
  4. 時事 » 
  5. 東北地方太平洋沖地震:マスコミその他の大連立の論調について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

東北地方太平洋沖地震:マスコミその他の大連立の論調について

大連立で週内にも見解表明へ 自民・谷垣氏 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040401000798.html

 自民党の谷垣禎一総裁は4日午後、都内で河野洋平元総裁と会い、東日本大震災対策での民主党との大連立を含む協力体制構築について意見交換した。5日には海部俊樹、小泉純一郎両元首相ともそれぞれ会談する。近く各派閥トップとも意見交換する予定で、週内にも総裁一任を取り付けて見解を表明する方向だ。

 会談で河野氏は「震災対策については既に今でも相当協力している。あまりパフォーマンスのようになってもしょうがない」と述べ、民主党との大連立構想について、否定的な考えを示した。

 谷垣氏は会談後、記者団に対し「私はまだ白紙だ。上下前後三百六十度、全てを見渡してこれから決める立場だ」と述べるにとどめた。

 一方、民主党の岡田克也幹事長は4日の記者会見で「相手の動きがはっきりしない中で与党の側が動くことは考えられない」と述べ、当面は自民党内の議論を見守る考えを表明。その上で「私は少し時間がかかると思う」との見通しを示した。

記事は一例ですが、新聞、テレビその他の媒体で自民と民主の連立で震災後の事態を打開しようというものや「自民は政府に協力すべき」という論調が増えてきています。

自由民主党
http://www.jimin.jp/index.html
東日本巨大地震・津波災害及び原発事故対策に関する緊急提言[第一次]
http://www.jimin.jp/jimin/info/jyouhou/061.html

しかし、上記をご覧頂けば分かる通り、自民党を含む野党は震災後、可能な限り政局を避け、最大限の協力をしてきていると思います。
これらの提言がどの程度実行されているのかは知りませんが、政府・与党は野党と違い全ての情報と権限を握っているのですから、必要な対策をいつでも講じる事が出来ます。
こういった状況にあって、連立を望む人や自民党批判をしている人は、一体何を期待しているのか分かりません。是非、これらの主張をしている方々は、何を期待しているのかを明確にする必要があります。

政府・与党が必要な対策を講じる事が出来る状態にありながら、物事が進展しない、あるいは効果が出ないという事は、対策が間違っているか遅れている訳でして、要は政府・与党に事態を収拾する能力が無いという事になります、
連立を主張する方々もこの事に気付いているから、こういった主張をされているのではないでしょうか。

以前のエントリーでも書いた通り、連立を主張しているマスコミは、2009年の衆院選前まで政権交代を主張されており、民主党政権誕生の一端を担ったという事も忘れてはならない事実です。どういうつもりでマスコミは連立などという主張をしているのか氏をする必要があります。

次に、連立に対する私の考えを述べたいと思います。

上にも書いた通り、現状野党が全面協力の体制を敷いている以上、必要な対策は全て政府・与党の決断で出来る訳で、この状態であれば連立の必要性があるとは思えません。

時事ドットコム:震災復興へ「与野党の力結集」=菅首相、亀井氏と会談
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011040200320
2011/04/02-19:02

 菅直人首相は2日午後、首相官邸で国民新党の亀井静香代表と会談した。東日本大震災からの復興に取り組む体制について、首相は「与野党の力を結集していくことを考えたい」と述べ、連立を含め野党の協力取り付けに全力を挙げる考えを示した。
 会談で亀井氏は、「与野党が実働部隊をつくった方がいい。(震災対策の)実施まで野党に責任を持ってもらう体制をとった方がいい」と進言。首相は「まったくその通りだ」と答えた。

NEWSポストセブン|原発への生コン圧送車遅れた背景に岡田幹事長の政治的駆引き
http://www.news-postseven.com/archives/20110405_16650.html
2011.04.05 07:00

 福島第一原発の注水作業では、50m以上のアームを持つ生コン圧送車が活躍した。「民間からの決死隊志願」として国民も大いに称賛した。が、この経緯には「政治的駆け引き」があった。

 最初に提供を申し出たのは日本にある3台のうち2台を保有する三重・四日市の「中央建設」だった。3月17日に2台の車両をオペレーターとともに待機させ、元経産官僚で現在、三重県知事選に立候補している鈴木英敬氏を通じて東京電力に「提供する用意がある」と申し入れた。

 東電はすぐに謝意を伝えたが、なぜか結論が長引き、同社に正式要請が来たのは20日の夕方だった。福島到着は21日。3日も待たされたのである。

 しかも、その間に官邸は輸出のため横浜港にあった独企業所有の圧送車を"徴用"し、先に現地入りさせると、22日から注水作業を開始した。そして、現地入りして待機していた中央建設の2台は、「もういい」と引き返させたのだった。

 政府・与党の橋渡しをする政権幹部の話を聞こう。

「選挙戦が激しさを増している三重県知事選は、岡田幹事長のお膝元で負けられない戦いだ。最初に申し出た中央建設は、自民推薦の鈴木候補の後援企業で、同社の機械が使われれば敵の手柄になる。圧送車を巡る混乱の背景に、政府内部の"配慮"があったことは間違いない。岡田さんも、政府・与党の協議でその経緯を知っていたはずだ」

 しかも、結局政府は1号機にトラブルが発生したといって、一度は三重に戻っていた2台を24日になって呼び戻している。

 中央建設の役員は、「国の役に立てるなら、いつでも提供します。わが社への要請が遅れたのは釈然としないが、この非常時に与党支持か野党支持かは関係ない。政治的思惑などなかったと信じたい」と語る。為政者より民間人のほうが「国を思う気持ち」が強いのは、誇るべきことでもあるが、国家的危機でもある。

また、上の記事が事実であるならば、政府・与党は責任を自民党に被せるために連立を利用しているに過ぎず、自民党は連立を選択すべきではありませんし、党の面子のために対策を遅らせているのだとすれば、言語道断です。

仮に連立の条件を出すとするならば、自民党に必要なのは情報と権限なので。内閣は総辞職をし全ての閣僚ポストを自民党に明け渡すべきです。そして、問題が収束するまで民主党は口出しをしない事です。(口出し出来るならば今すれば良い)

何れにせよ、政府・与党に決断と責任を取る意志がなければ、現場は何も出来ませんし、事態の早期収拾は難しいです。

誤解を恐れずに言うならば、現在の事態は、民主党という無能集団に政権を取らせた事の報いなのだと思います。一有権者として責任を感じずにはいられません。


関連エントリー及びリンク

民主党 web-site 民主党の政権政策Manifesto2010
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2010/index.html
民主党 web-site 民主党の政権政策Manifesto2009
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/index.html
民主党政策INDEX2009
http://www.dpj.or.jp/policy/manifesto/seisaku2009/index.html

TBS「みのもんたの朝ズバッ!」、BPOから勧告を受ける
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-70.html
TBSのディレクター、公務執行妨害で逮捕
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-92.html
吉永みち子氏がテレビ番組で「一生懸命ね、我々も支持率を下げないで、辛抱して支えてる。」と放送法違反発言
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-112.html
マスコミの報道姿勢について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-517.html
渡邉恒雄読売新聞会長の連立打診について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-575.html
マスコミのミス・リードについて
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-660.html

「東北地方太平洋沖地震」について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-676.html
東北地方太平洋沖地震:節電を呼び掛けるチェーンメールについて
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-678.html
東北地方太平洋沖地震:エリアメールを騙った迷惑メールについて
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-681.html
東北地方太平洋沖地震:インターネットの情報について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-682.html
前官房長官の仙谷氏、官房副長官に就任
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-683.html
東北地方太平洋沖地震:被災者の生活保護費用を地方自治体に負担させる厚労省通知について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-685.html
東北地方太平洋沖地震:放射性物質と放射線の人体の影響について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-686.html
東北地方太平洋沖地震:放射性物質と放射線の人体の影響について Vol.02
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-690.html
日本弁護士連合会会長の原発に関する声明と原発反対活動について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-694.html
東北地方太平洋沖地震:放射性物質と放射線の人体の影響について Vol.03
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-696.html
東北地方太平洋沖地震:日本赤十字社の義援金とその他の義援金の行方について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-701.html

口蹄疫について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-332.html
口蹄疫問題は、やはり報道管制が敷かれていたようです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-339.html
口蹄疫問題の報道管制について。Vol.02
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-344.html
口蹄疫問題:ついに種牛にまで被害。非難させた6頭以外殺処分へ。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-346.html
口蹄疫問題の報道管制について。Vol.03
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-347.html
口蹄疫問題の報道管制について。Vol.04
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-356.html
口蹄疫問題:民主党の馬淵国交副大臣が宮崎県への責任転嫁をする文書を公開
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-360.html
口蹄疫問題:宮崎県の種牛5頭、殺処分回避の公算
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-374.html
口蹄疫問題:感染は南下して、都城市に。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-379.html
口蹄疫問題:殺処分対象の家畜、約27万6千頭の殺処分が完了
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-408.html
口蹄疫問題:宮崎市で新たな感染疑い例。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-411.html
口蹄疫問題:民間種牛の延命について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-419.html
口蹄疫問題:制限区域を前面解除、終息へ。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-432.html
民主党・河上満栄(みつえ)議員の口蹄疫に関するtweetについて
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-637.html

民主党政権の災害への対応について。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-425.html

柳田法務大臣、「国会でのリピート答弁は意図的である」と発言
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-550.html
民主党・岡田幹事長の野党批判とマスコミの論調について。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-569.html
民主党政権では、「虚偽答弁の責任は負わない」そうです。
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-579.html
菅総理の「仮免」発言について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-583.html
民主党・岡田幹事長が民主党のマニフェストが詐欺である事を暴露
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-596.html
仙谷官房長官の「専業主婦は病気」発言について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-600.html
江田五月法務大臣の「マニフェストは心眼で作った」発言について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-620.html
菅総理の野党に対案を求める発言について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-625.html
民主党・岡田幹事長の日本国債格付け及び、日本の債務に関する発言について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-633.html
民主党議員の自党ののマニフェストに対する発言について
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/blog-entry-635.html

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/tb.php/702-2bf47bc7 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。