1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 亀井大臣は株価に人格が有ると思っているようです
  4. 時事 » 
  5. 亀井大臣は株価に人格が有ると思っているようです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

亀井大臣は株価に人格が有ると思っているようです

亀井静香金融・郵政改革担当相 一言一句 11月10日会見【NSJ日本証券新聞ネット】
http://www.nsjournal.jp/column/detail.php?id=184575&dt=2009-11-11
11月11日 10:00

「要は今の日本の株価には大和魂が全然感じられない。ニューヨーク市場に右へ倣えしてしまった。そういう日本の経済に対して世界が注目するというね、日本の産業に外国資本が投資していこうという魅力のある日本経済にしていかねばダメだな。世界のどの国にもあるような産業じゃなく、日本の産業みたいなものをね、日本自身が作り出していくという形にしないと。やはり1つはテクノロジーですよ」(中略))

「来年1月の補正(予算)、次の予算編成で、あまり財源論にとらわれないでやっていかないと、下手すると小泉(純一郎元首相)さんの二の舞にしてしまう。そういう意味で、負の遺産を切るというその刀が未来への芽まで切ってしまうと大変な話なので、その辺りのかじ取りが政権として今、正念場にきていると思っている。このことは菅さんや藤井(裕久財務相)さんにも言っている」(後略)

「外国が投資してくれる魅力ある日本にしていく」、「日本独自の産業を作り出していく」、全くこれはその通りだと思いますが、一方で鳩山政権がやっていることはこんなことです。

asahi.com(朝日新聞社):次世代スパコン「予算削減」 事業仕分け3日目 - 2009政権交代
http://www.asahi.com/seikenkotai2009/TKY200911130175.html
2009年11月13日13時23分

来年度予算要求の無駄を洗い出す行政刷新会議の「事業仕分け」は13日、3日目の作業に入った。文部科学省所管の「次世代スーパーコンピューター」の技術開発(概算要求額約270億円)は、財政難などを理由に予算総額の削減を求めた。地方交付税については、仕組みが複雑で非効率な予算執行があるとして「制度の抜本的な見直しを行う」と結論づけた。

独立行政法人・理化学研究所が開発を進める次世代スパコンは、世界最高レベルの演算性能を目標に12年度の完成を目指し、神戸市のポートアイランドで建屋の建設が始まっている。これまで、今年度分を含めて計545億円の国費を投入。完成すれば、大気や海流など地球レベルの気候変動の予測や、地震による災害シミュレーションなどの研究のほか、ナノテクノロジー分野での産業利用などが見込まれる。

だが、仕分け人は「国民の目線で言うと世界一にこだわる必要があるのか」などと指摘。研究所側は「サイエンスには費用対効果がなじまないものがある」と反論したが、来年度予算の計上を見送るなどの予算削減が必要とした。

東京新聞:『科学』傷だらけ iPS細胞生んだ事業や科学未来館 :社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009111402000066.html
2009年11月14日 朝刊

「国が掲げる科学技術立国が揺らぎかねない」。十三日の行政刷新会議の事業仕分けで、科学技術関連の事業が続々とカットの判定を受けた。「不要不急の事業」を削ることが仕分けの目的とはいえ、将来、日本の科学技術研究を担う若手にも余波が及ぶ。「頭脳流出に拍車がかかる」。関係者に危機感が広がった。 

 「科学技術への理解増進を否定するのでしょうか」。日本科学未来館(東京・青海)の館長を務める元宇宙飛行士の毛利衛さんが口調を強めた。

 同館も仕分け対象になり、毛利さん自ら仕分け人と対峙(たいじ)した。だが、判定は「予算削減」。毛利さんは、組織改革の必要性などを主張できたことに「プラスに考えていきたい」などと語った。

 ほかに審査を受けたのは、次世代スーパーコンピューター(スパコン)、和歌山毒カレー事件で使用されたヒ素の科学鑑定に威力を発揮した大型放射光施設「スプリング8」(兵庫県)、科学掘削船「ちきゅう」など。

 仕分け人は「経費削減の余地がある」など次々と厳しく指摘。「無傷」な事業はなく、いずれも廃止や予算への計上見送りや削減が求められた。

 「こちらから事業の意義などを話させてもらえるのかと思ったが遮られてしまった」と話すのは、独立行政法人・科学技術振興機構の北沢宏一理事長。

 先端研究に助成する競争的資金事業は同機構や文部科学省などが行っているが、仕分け人は「重複しており、総予算が膨らんでいる」と判断。一元化も含めて縮小することを求めた。

 北沢理事長は、一時間という審査時間の短さを挙げ、「この事業資金による研究で生まれた人工多能性幹細胞(iPS細胞)などの成果をアピールできなかった」と残念がった。

 また、世界トップレベルの国際研究拠点をつくる事業も、拠点を増やすために予算増を求めていたが、「成果を見極めたい」と予算減になった。

 拠点の一つ、東京大学の数物連携宇宙研究機構は、米国から日本に呼び戻した世界的な物理学者がトップを務める。文科省の担当者は「著名な賞の受賞者が出るなど、ようやく軌道に乗ってきたところ。予算が減れば、トップの研究者が、米国に帰ってしまうかもしれない」と心配した。

◆『優秀な若手流出する』 奨励金『削減』
 「納得がいかない。当事者なのに意見も言えないのか…」。若手研究者育成のための「特別研究員事業」。十三日の行政刷新会議の事業仕分けで「削減」の評決を受け、傍聴に訪れた東京都内の国立大大学院二年の男性は悔しそうに話した。

 トップクラスの若手研究者に対する奨励金事業で、博士課程の学生や博士課程を修了したポストドクターに月二十万~四十五万円が支給される。

 男性は今年、合格率数%の難関を通過。十月に内定通知を受け、家族や友人と喜んだばかりだ。事業仕分けの対象となったのを知り、「いても立ってもいられなくて傍聴に来た」という。

 地球環境をテーマに、休日を含め毎日十二時間以上、研究漬けの毎日。「今は奨学金を借りているけど、来年三月で切れる」と話し、月二十万円の給付に期待していた。

 男性は「ポストドクターが多すぎる問題ばかりが議論されていたが、その問題と研究者支援は別次元の話。制度が削減されたら、学者になれるのは金持ちだけ。国を恨んで海外に行く優秀な人材が続出するだろう」と事業仕分けの議論を批判した。

投資というのは、将来に対するものです。これら世界トップレベルの技術、あるいは頭脳に対する投資を国が止めてしまって、外国が何故日本に投資してくれると考えられるのか教えて欲しいものです。

世界一であることの意味も分からないような馬鹿が、「事業仕分け」と称して法的根拠も無しに「無駄の削減」をやっていますが、そんなやつが科学技術への投資の是非を語らないで頂きたい。

亀井大臣は「株価に大和魂が無い」などと訳の分からないことを言っていますが、株価も日本の将来に対する期待の結果でしかありません。株価が下がっているということは、日本の将来に期待が持てないからです。
言うまでも無いことですが、ニューヨーク市場と株価が連動しているのは経済がグローバル化している中で、日本に与える影響が大きいからです。
大和魂云々は経済に何の関わりもありません。

衆院選前と、11月13日時点の株価の比較

日経平均、終値60円高 失業率最悪更新、嫌気売りを吸収
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090828NT000Y80628082009.html

28日の東京株式市場で日経平均株価は反発。大引けは前日比60円17銭(0.57%)高の1万534円14銭だった。

日経平均株価【998407】:銘柄情報 - Yahoo!ファイナンス
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=998407.o

現在値(11/13) 20分ディレイ株価 9,770.31

「財源論にこだわるな」という発言もしているようですが、国債を発行するにせよ、無駄を削減するにせよ、財源と経済政策に伴う"現実的な"数値目標は必ず設定すべきです。
際限なきバラマキは、借金を増やすだけです。

訳の分からんことを言っている暇があったら、あなた方が野党時代に選んだ日銀の白川総裁と協調して株価対策の一つでもやってください。

「財務相、仕分け「全面的に予算に反映」」 News i - TBSの動画ニュースサイト
http://news.tbs.co.jp/20091114/newseye/tbs_newseye4283249.html
14日10:58

 藤井財務大臣は、TBSの番組「時事放談」の収録で、行政刷新会議が進める無駄削減の事業仕分けについて、結果を全面的に予算に反映させる考えを示しました。

 「主計局の諸君には(行政刷新会議に)全面的に協力すること。そして決められたことについては、全面的に予算編成面に表すこと。これをよく言いつけてあります」(藤井裕久 財務相)

 藤井氏は、このように述べ、事業仕分けの結果を来年度予算で全面的に実現する考えを示しました。

 また、一部の大臣から反発の声が出ていることについては、「市民の決める流れの前には抗することが出来ないのではないか」と述べました。

法的根拠の無い「事業仕分け」ですが、財務省は仕分けの結果を予算に反映していく考えのようですね。「事業仕分け」は財務省の予算編成を円滑にするための道具にしか過ぎなかったようですね。

資源も無く、国土も狭い日本が科学技術無しにどうやって外貨を獲得し、生活に必要な石油や食料などを得ていくつもりなのか、鳩山政権は示すべきです。

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://kiborinanika.blog45.fc2.com/tb.php/95-1df66d43 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。